手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
ROSA「小鹿田焼展」・レヴァコンス「やちむん展」

今週末・5/25からは展示会ラッシュです。

 

松山・ロサでは「小鹿田焼展」。

5月25日(土)-6月1日(土) 11:00-18:00 会期中無休

https://rosamatsuyama.tumblr.com/

※5/26(日) 18時から手仕事フォーラム代表・久野民樹によるお話の会があります(要予約)

 

 

仙台・Les Vacancesでは「やちむん展」。

5月25日(土)-6月2日(日) 12:00-19:00

https://www.les-vacances.info

 

お近くの方はぜひ!

| 管理人 | お知らせ | 06:00 | - | - |
手しごと「手しごとのガラス展」

尾山台・手しごとで5/25(土)より

毎年恒例の「手しごとのガラス展」がはじまります。

 

 

沖縄のガラスや、日本各地の作り手のガラスを一堂に見ることができます。

 

会期:2019年5月25日(土)〜6/24(月) ※火曜休み

   営業時間(月曜 11:00〜18:00  水曜〜日曜 11:00〜19:00)

場所:手しごと

 

ぜひ足をお運びください。

| 管理人 | お知らせ | 06:00 | - | - |
小鹿田の仕事風景

柳瀬晴夫窯をのぞくと、晴夫さんの奥様が釉がけをしていたので

写真を撮らせてもらいました。

「こんなの撮るんですか?」と言われたように、

小鹿田にとっては至極日常の風景。

 

家族で仕事をする小鹿田では、女性はロクロこそ回しませんが、

土作りから釉薬作り、釉掛けまで、実にたくさんの仕事をこなします。

これに加えて家事や子育てまでするのだから、本当に頭が下がります。

 

| 久野民樹 | いろいろ | 14:24 | - | - |
Books and Modern「白井亮写真展」

東京・乃木坂の書店・ギャラリー「Books and Modern」で、

秋田のあけび蔓細工職人・中川原信一さんの

あけびカゴをテーマとした写真展が催されます。

 

DMの写真は中川原家の看板娘、のんちゃんですね。

 

過日出版された、中川原さんの仕事を取り上げた書籍

「中川原信一のあけびカゴ」に収められた、

写真家・白井亮さんの写真が展示されます。

これに合わせて、尾山台・手しごとから、

器やカゴなども会場で展示販売いただくことになりました。

 

私も先日本を読みましたが、秋田の美しい自然や中川原さんの人柄が感じ取れる

素敵な写真が印象に残っています。ぜひ合わせてご覧ください。

 

日程:2019年5月21日(火) 〜6月8日(土) 11:00〜19:00 日曜・月曜休み

会場:Books and Modern 

〒107-0052 東京都港区赤坂9-5-26 パレ乃木坂201

Tel.03-6804-1046 

https://booksandmodern.com/gallery/1167/

 

| 久野民樹 | お知らせ | 06:02 | - | - |
夏日の小鹿田

早くも夏を思わせる気候の今日この頃。

先日、共同窯の窯出しのために小鹿田を訪ねましたが、

日田市内は30度近くを記録する天気で、全国ニュースで聞いた方もいると思います。

しかし、小鹿田まで上がってくると気温は市内より3〜4度低く、

比較的過ごしやすいのでした。

今年から「黒木昌伸窯」となった昌伸さんの仕事場。

覗いても誰もいなかったので不在かと思えば、

打合せをしていたらしく、自宅から出てきました。

 

出てくるなり、外で乾かしている皿を慌ただしく回し始める昌伸さん。

全体を均一に乾かすように、一定時間ごとに器の方向を変えるのですが、

「乾燥しているからすぐ乾いちゃう」そうで、打合せの間も気になっていたようです。

 

気候が安定していると、窯焚きも割と安定しており、

今回窯出しをした共同窯の窯元さんたちは概ね上々でした。

| 久野民樹 | いろいろ | 06:30 | - | - |
大阪日本民芸館 春季特別展「自然布−草木で織りなす−」

大きな話題となった10連休も、過ぎてしまえば何だかあっという間に過ぎた気がしますが、皆さんいかがでしたでしょうか。

私は連休の前半、大阪民芸館で開催中の春季特別展「自然布−草木で織りなす−」を見に行ってきました。

「自然布とは、植物の繊維を用いて織りなされる布のことである。」とチラシに記載されているとおり、第1展示室では、植物の繊維から生まれた着物・反物・帯・のれんなど様々な「自然布」を見ることができます。

素材は、麻や芭蕉布など見たことがあるものから、苧麻やぜんまいなど初めて見る珍しいものもたくさんあり、それぞれの違いが面白く、美しく、見ていて飽きません。

実際に使われていたものがほとんどで、使い込まれた風合いがまた用の美を感じさせます。

 

第2展示室では、「日本の染色」として木綿の絵絣や筒書き、型染のものを見ることができます。

こちらでは、布の美しさに加えて文様の面白さに見どころがあります。

 

第3展示室は常設の古伊万里そばちょこの展示です。

 

第4展示室では、「近現代の作家達による染織品」として芹沢げ陲簗悦孝、柚木沙弥郎などの近現代の作家のものを見ることができます。

近現代のものなので馴染みがある気分ではありますが、のれんなど大きな作品が中心なので、こちらもなかなか見ることができないものが揃っていて見応えがあります。

また第4展示室奥のスペースで、科布とぜんまい紬の制作工程の映像を見ることができ、「こうやって生まれるのか」と布が生まれる工程に感心すると同時に、40年以上前の日本を見ることができ、人々の生活や服装も興味深く、あっという間に時間が過ぎます。

 

今回の展示で、樹皮を剥いだり、綿毛を集めたり、それを煮たり叩いたりして繊維を取り出すという先人の知恵を改めて感じ、また布というものに対する先人の強い憧れを感じました。

 

「自然布−草木で織りなす−」は、2019715()までの開催です。

布が好きな方にはぜひ見ていただきたい展示です。

 

千里・万博公園内

大阪日本民芸館

〒565-0826

大阪府吹田市千里万博公園10-5

 

http://www.mingeikan-osaka.or.jp/

| 瀬部和美 | お知らせ | 20:14 | - | - |
丹波立杭にて

SILTA37号にインタビュー記事を書かせていただいたお礼を伝えつつ

丹波立杭焼の春まつりに合わせて清水俊彦さんの窯を訪ねました。

息子さんは翌日の窯焼き公開に間に合わせようと必死に窯詰め作業をしていました。

翌日も良い天気でしたので大勢の方が見学に訪れたのでしょう。

 

写真はSILTA37の表紙を見て坂本浩二さんの大物づくりを絶賛している清水さん。

ちなみに、清水さんの鎬の大皿は二尺を超えた堂々たるものです。

ひくときは一気にひくのだそうです。

| 中村裕史 | 報告 | 15:51 | - | - |
ガラスの器で

大部さんの報告にもありますが、尾山台・手しごとで開催中の

「星耕硝子の仕事20年」展のオープニングとして、

伊藤さんを囲む会を開催しました。

 

伊藤嘉輝さんの奥様である亜紀さんが色々と手配してくださり、

秋田のお酒、ジュース、食材(山菜からウサギの肉まで!)を送っていただき、

それらを尾山台にあるジビエ料理のビストロ「レ・シュヴルイユ」さんに

素敵な料理に仕立てていただきました。
 

それらを伊藤さんの器に盛り付け。(指出さん、山藤さん、お疲れ様でした)

itousan10.jpg

ガラスの器というと、一番使う機会が多いのはやはりコップではないでしょうか。

ガラスの皿や鉢などもありますが、私個人はどちらかといえば陶磁器の出番が多く。

今回は、皿から鉢全てがガラスの器でしたが、

彩り豊かな食材を美しく引き立てていて、新たな発見がありました。

ガラスの器ももっと使ってみようと思えたひとときでした。

貴重な機会をいただいた、伊藤さんご夫妻、レ・シュヴルイユさんに御礼申し上げます。

 

ビストロ レ・シュヴルイユ

〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-1-9 宮坂ビル101

Tel: (03) 6432-1816

ランチ(金・土・日・祝) 11:30-14:00

ディナー 18:00-23:00 

定休日 火曜日 第1・3月曜日

https://leschevreuils.jimdo.com

| 久野民樹 | 報告 | 15:49 | - | - |
ガラス 硝子 がらす
連休も後半、いかがお過ごしですか。

58409664_2405034949716050_7594715622176103294_n.jpg

尾山台の手しごとでは、20周年を迎えた秋田・星耕硝子の特別展示が開催中。
グラス、皿、ビン、ランプシェード・・・色とりどりのガラスが初夏を思わせる陽光を受けています。
お出かけください、

57488167_415805515881693_2703098292020710572_n.jpg
56890543_845810925762460_7559010038732480654_n.jpg
57487948_677772219319553_8971721825833237661_n.jpg59274034_185277575798640_3476006326617078319_n.jpg56899785_664857783950772_4437839027105071631_n.jpg
57328235_1498390230291537_8711217893715869162_n.jpg56686084_322244618460291_5278098253240381760_n.jpg
(写真は手しごとのインスタグラムより)

63861ce089067a55e8bf3cb04a788888-500x309.png
| 管理人 | お知らせ | 16:15 | - | - |
秋田の硝子×山の幸

 連休をいかがお過ごしでしょうか? 尾山台手しごとでは「星耕硝子の20年」展が始まりました。

itousan3.jpg

初日の27日には、伊藤嘉輝さんを囲む会を開催。日程は10連休が決まる前から組まれていたもので、みんな遠くへ出かけてしまうのではと心配しましたが、フォーラムメンバー以外の方も大勢集まってくださいました。

itousan10.jpg

ワラビ、行者ニンニク、フキノトウ、コシアブラ、姫竹、ウサギ……伊藤さんが持ってきてくださった秋田の山の恵みを、大小のガラスの器でいただきました。なんという贅沢!

 

itousan8.jpg

「星耕硝子の20年」は5月13日まで。ぜひ、お運びください。

| 大部優美 | 食べる | 00:06 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール