手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
福島・仙台2つのお店

東北を巡っています。
福島と仙台の二つのお店に立ち寄りました。

【福島・SWITCH】
もともと服のセレクトショップですが、昨年から手仕事のものを扱っています。
久しぶりに訪れてみると、手仕事のスペースが拡充していました。

小鹿田焼ややちむんを中心に充実してます。

【仙台・レヴァコンス】

各地のやきものだけでなく、ガラスや染織も充実。
5/27からはやちむん展も開催です。



どちらもオーナーの独自のセンスが光る素敵なお店です。
ゴールデンウィーク、東北を巡る方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

| 久野民樹 | お知らせ | 09:56 | - | - |
夏仕度?

松山の「ロサ」に、
団扇(うちわ)が入荷したようです。
少し早めの夏仕度でしょうか・・・。



“根元にふっくらと丸みがあって女性的な柔らかさ”の団扇は、
ロサのオーナー門田真記子さんのオリジナルデザイン。
すてきですね。

ロサ

| 大橋正芳 | お知らせ | 23:01 | - | - |
「花とうつわ」はじまります。



尾山台・手しごと 春の企画「 花とうつわ」  2017年5月3日(水)〜5/14(日)

日常の生活の場で、そっとお花を生けてみる、一輪挿しや花瓶に、ピッチャーやコーヒーカップにも。
美しい手仕事のうつわを用意しています。

5/11(木) 12(金) の2日間、フラワーアレンジメントのワークショップを行います。
お好みの手仕事のうつわに、花を生けてみませんか?
お申し込みは「手しごと」へ。

 

手しごとブログ「5月のイベント「花とうつわ」のご案内です」

| 大橋正芳 | お知らせ | 22:41 | - | - |
旬の色に合う


少し前ですが・・・春のたよりをいただきました。
小代焼の黄色にふきのとうの鮮やかな色が映えます。
| 松本永子 | つかう | 23:45 | - | - |
10年前の学習会
2007年6月30日土曜日。
手仕事フォーラムは府中市内で学習会を開きました。
第一の目的は、府中市郷土の森博物館の「宮本常一の足跡〜旅する民俗学者の遺産」展でした。



その後、ICUの湯浅八郎記念館で「湯浅八郎の民芸 湯浅コレクションに親しむ」展。
10年前の学習会です。
| 大橋正芳 | いろいろ | 21:54 | - | - |
鎌倉“やちむん展”盛況です
先週末の土曜日から始まった鎌倉・やちむん展」は、
初日は開店前からの行列で、翌日曜日も大盛況。



窯元でもやい工藝のスタッフの目で仕入れたやちむんの優品たちは、
まだまだみなさんがお出でになるのを待っているそうです。
平日は比較的空いているとのこと。
5月15日までですので、どうぞお出かけください。火曜日は定休日です。

もやい工藝ホームページ
| 大橋正芳 | お知らせ | 23:13 | - | - |
春のうたと小谷栄次さんのガラス

日本には、ふるさとの四季を歌った美しい唱歌がたくさんあります。

春は、「さくらさくら」、「朧月夜」、「春が来た」そして「春の小川」など

倉敷ガラス・小谷栄次さんの小鉢に、摘んできた蓮華の花を浮かべてみると、「春の小川」の情景が思い出され、いつの間にか口ずさんでいました。

「春の小川は さらさら行くよ
岸のすみれや れんげの花に
すがたやさしく 色うつくしく
咲けよ咲けよと ささやきながら」

食べるものだけではなく、野の花も優しく受け止めてくれる、栄次さんの優しい人柄を現したようなガラスです。

| 瀬部和美 | つかう | 17:46 | - | - |
浩二型ピッチャー

鎌倉もやい工藝はヤチムン展で大賑わいです


レジを待つ間店外で見知った面々と
しばし雑談をしておりました

ふと戸袋の上を見上げると
小鹿田焼のピッチャーがあります
前からあるのは知っていましたが
今回初めておろしてもらい手にとって見させて頂きました

以前坂本浩二さんと話していたとき
浩二型のピッチャーがあるんだよ
と伺いました
もやいのスタッフの方に伺うと
まさにこれが浩二型ピッチャーでした
久野さんと浩二さんとの
重ねたやり取りの末生まれた形で
傷物ではありますが
良品としてここに置いてあるそうです

しっかりとした力強い口の作り
千段が巻かれた器体
その上から白と緑の釉薬が
波打ちながら流れ
このピッチャーを魅力的なものにしています

今の浩二さんとも違う
若さと勢いを感じました

| 高梨武晃 | みる | 18:29 | - | - |
手仕事フォーラムHP「フォーラムが選ぶ ・この逸品」更新しました

手仕事フォーラムホームページ「フォーラムが選ぶ・この逸品」 

今回は「番外編 茶托比べ」 

ぜひご覧ください。 

 

http://teshigoto.jp/excellent_article/201704.html

| 管理人 | お知らせ | 17:25 | - | - |
“わけあり品”
“手仕事・民藝の器” を扱うオンラインショップ「moyais」のブログ「たまにはいいこと言いたい」には、
カテゴリーの一つに「わけあり品」という興味をそそるものがあります。

「わけあって、安くしました」「わけありパン皿、お安くします」というお得情報に納得。
ところが、「小鹿田の小鉢・わけあり2(安くしません)」(2015.10.19 イマノ)という投稿が・・・

左が小鹿田小鉢の「わけあり品」。


右と比較して焼き上がりの色合いが違いますが、特に「キズモノ」というわけではありません。
しかし、オンライショップですので、写真と違う色の品が届いたらトラブルになることも。
そこで「わけあり品」にしたのですが「安くしません」。
そして「こういうものが好きな方、いかがでしょう」・・・というわけです。

わけあり品の最新投稿は「訳あり小鉢のその後」(2017.4.8 ヒラノ)です。
なんと、小鹿田小鉢の「わけあり品」を手にしたのが、投稿者のヒラノさんでした。



あとはブログを読んでいただくとして・・・
「訳あり小鉢のその後」
オンラインショップならではの気遣いと、手仕事の魅力を伝えたいという意気込みが伝わってきます。
 
| 大橋正芳 | お知らせ | 06:22 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール