手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
久野恵一が学んだ柳瀬朝夫の仕事
10日に他界された柳瀬朝夫さんの尺2寸すり鉢です。
rt-kk39-9.jpg
手仕事フォーラムHPの連載「kuno×kunoの手仕事良品」vol.39「小鹿田焼・柳瀬朝夫さんの仕事(前編)」に掲載されたものです。

連載の語り手久野恵一さんは、「それはまさしく柳瀬朝夫さんの擦り鉢。私はショックを受けた」と。

1978年に倉敷の大原美術館・工芸館で「芹沢げ陲僚集〜もうひとつの創造」展が開催されました。その会場で久野さんは、朝夫さんのすり鉢を見つけたのです。
そして「芹沢げ霄身の作品展示会ではなく、彼の収集した古今東西のさまざまな美しい物が展示された、素晴らしい内容だった。それらの優れた蔵品の中にどこかで見たような擦り鉢があった。それはまさしく柳瀬朝夫さんの擦り鉢。私はショックを受けた」のです。
(画像のすり鉢は芹沢の収集品ではありません)

ショックの理由は、「芹沢げ陲集めた物はすべて素晴らしいが、その中に今も作られている物が含まれていたからだ」。
そして久野さんは「昔の物ばかりが良いわけではなくて、実用だろうが何だろうが関係なしに、今も美しい物が存在することを知り、実用品かどうかという眼でなく、美の視点をもって、きちんと物を見分けていくことが大事と学んだのだった」。

久野さんは芹沢の眼に学んだのですが、その眼の先に朝夫さんの仕事があった・・・朝夫さんの訃報を聞いて、改めて連載「kuno×kunoの手仕事良品」を読み返しています。

『日本の手仕事をつなぐ旅』うつわ,任發読みいただけます。
IMG_4691.jpg
IMG_4690.jpg
 
| 大橋正芳 | いろいろ | 12:55 | - | - |
手仕事フォーラムHP「昔の物 今の物」アップしました

手仕事フォーラムホームページ連載手仕事レポート

「昔の物 今の物」vol.109 黒田辰秋をアップしました。

ぜひご覧ください。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol109.html

| 管理人 | お知らせ | 17:45 | - | - |
蝋梅の花

外を歩けば、ほんの少し春の訪れを感じる景色があります。
梅の花に蕾が…
 
DSC_2120.jpg

梅の花ではありませんが、先日蝋梅の花をいただきました。
蝋梅は梅とは全く別の花ですが、まるで花の形が梅に似ています。

蝋細工のような透明感をもつ蝋梅

DSC_2134.jpg
 
その魅力は強い香り。
部屋中が優雅で贅沢な香りで満ち足ります。

DSC_2124.jpg

藤岡 葵

| 管理人 | いろいろ | 13:03 | - | - |
柳瀬朝夫さんのご逝去を悼む

柳瀬朝夫さんご逝去の知らせを受けました。

残念です。小鹿田を代表する陶工の一人として、歴史に残る大きな仕事をされました。その作品は時代を超えて小鹿田の代表作として今後も存在していくものと思われます。私より五歳年長で、まだまだ亡くなる歳ではありません。坂本茂木さんの洗練された造形に対し、豪快で大らかな造形を持った朝夫さんの作品。まさに小鹿田の双璧をなすもので、小鹿田の歴史に残る二人です。

 久野恵一さんが亡くなられ、また柳瀬朝夫さんが亡くなられ、寂しい限りです。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 思い出の写真と作品をご紹介します。

 

| 横山正夫 | いろいろ | 14:19 | - | - |
訃報

小鹿田焼の陶工・柳瀬朝夫さんが去る1月10日亡くなりました。

76歳でした。

謹んでご冥福をお祈りします。

 

 

| 久野民樹 | お知らせ | 17:04 | - | - |
赤い太陽

暮れに立ち寄ったイタリヤ料理店にて。
パスタランチを注文しました。

食後に飲み物を注文していたので待っていると
提供されたのが、この梅山窯のティーカップです。

赤い太陽紋の絵付け

DSC_2034.jpg
 
パスタが撮影できていないところがなんとも残念ですが。
紅茶をいただきながら、正月に日の出を臨む姿を思い浮かべる年の瀬でした。

DSC_2037.jpg

藤岡 葵

| 管理人 | いろいろ | 07:33 | - | - |
型染の包装紙

7199EE5F-31ED-4627-B4C6-8689F49920B2.jpg
昨年の11月のことになりますが、
小田中耕一さんに作っていただいた
型染でお店の包装紙ができました。


ずっとお店オリジナルの包装紙に
憧れていて、包装紙のデザインには
小田中さんの型染を使わせてもらいたい
と思っていました。
思い切ってもやい工藝の堀澤さんに
ご相談させていただき、小田中さんに
依頼することができたのです。

小田中さんの作ってくれた型染には
ドライフラワーのユーカリと紫陽花、
実のついた枝がデザインされています。
どれもお店でよく飾る草花をモチーフに
してくださいました。

IMG_7627.jpg

包装紙に選んだ紙は、後から知ったの
ですが、東日本大震災で被害を受けた
石巻の製紙工場が復興支援商品として
開発した紙だそうです。

空気の含有量が多く、包むとふっくら
優しい雰囲気になります。インクの染み
方も小田中さんの型染めの風合いをなる
べく害わないものをと思い選びました。

IMG_7985.jpg

小刀で切った線の膨らみや和紙のにじみ。
ずっと眺めているとじわじわと型染の良さ
が伝わってきます。実物の草花を知っている
だけにお店そのものを模様にしてくださ
った喜びも溢れます。


この素敵な型染にふさわしいお店に
なるよう、これからも頑張っていきたい
と思います。

IMG_7626.jpg
緑の方はDMにしました。今年お会いする
方々に名刺がわりにお渡ししていきたいと
思います。今年もお店共々よろしくお願い
いたします。

| 門田真記子 | いろいろ | 07:34 | - | - |
代官蔦屋の展示はきょうまで!!
IMG_4338.jpg
 

DAIKANYAMA T-SITE(代官山蔦屋書店)のGARDEN GALLERYで開催されている「にっぽんの暮らし展」に尾山台・手しごとが参加しています。
本日(1/6)までです。

IMG_4343.jpg
IMG_4341.jpg
IMG_4347.jpg

IMG_4339.jpg

小鹿田焼(黒木富三雄さん)を一つ、ゲットして来ました。
本日19時まで、仕事始めの方も多いかと・・・お仕事の帰りにどうぞ。

| 大橋正芳 | いろいろ | 10:25 | - | - |
代官山T-SITE「にっぽんの暮らし展」に参加しています

尾山台・手しごとは、代官山T-SITE(代官山蔦屋書店の敷地内)で開催中の

「にっぽんの暮らし展」に参加しています。

各地の食品、工芸品などが一堂に集まった賑やかな企画です。

今回初めて参加させていただきました。

 

小鹿田焼や沖縄・やちむんをはじめとした各地の陶磁器、ガラス、

倉敷緞通、木工品などを中心に展示しています。

年末に店立ちしましたが、土地柄・季節柄か大変な賑わいです。

その中でもお客さんは外国人が半分近く。

小田中さんのカレンダーを"pretty!"と言って手に取る方や、

森山窯の湯呑みを"beautiful!"と言って見てくれる方など。

色々な反応が見られて面白いです。

少しでも会話が出来たらよかったのですが。。。

 

他の出品も面白く、楽しい企画です。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

12/27金〜1/6月 11:00〜19:00
代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて
※12/31は18:00まで
※1/1は12:00〜18:00

https://store.tsite.jp/daikanyama/event/t-site/11596-1321491209.html

| 久野民樹 | お知らせ | 03:19 | - | - |
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

年末は色々な事が立て込み、バタバタしてしまいました。

元旦の朝ようやく年賀状を書き終えて、なんとか2019年が締まったという所です。

 

12月は九州へ出向きました。

ゆっくりと皆さんに年末のご挨拶を、と行きたい所なのですが、

なかなかそうもいかず駆け足で。

 

小代焼ふもと窯の窯出しを覗くと、井上泰秋さんが迎えてくれました。

ツヅラで土瓶のつるを作っていました。

今やつる作りを自らこなす作り手も少なくなり、貴重な仕事風景です。

 

佐世保ではお客様から預かったカゴの修理を。

縁が割れてしまった買い物カゴ。

青々とした新しい竹で巻いていただきました。

 

そして、小鹿田共同窯の窯出しへ。

整然と器が並ぶ黒木昌伸窯の干し場。

わかりにくいですが、遠く後ろには建築中の坂本浩二さんの新工房が見えます。

完成まであともう少しとのこと。

個人窯の坂本義孝窯は年内最後の窯焚き中。

 

小石原の太田哲三さん圭さんの窯にも立ち寄り。

 

2019年も沢山の方々にお世話になりました。御礼申し上げます。

2020年が皆様にとって幸多き一年であるようお祈りします。

今年もよろしくお願いいたします。

| 久野民樹 | いろいろ | 02:56 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック