手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
薩摩の白もん

浅鉢7寸
IMG_7070.jpg

 

浅鉢5寸
IMG_7069.jpg

汁椀
IMG_7068.jpg

白もんを手に取って・・・そして使っています。

浅鉢5寸にミニきゅうりの梅干し和え
IMG_7179.jpg

浅鉢5寸に水ナスのぬか漬け、7寸に水菜とザーサイの和え物
IMG_7306.jpg

汁椀に揚げナスの味噌汁
IMG_7312.jpg

暑いせいかさっぱりものばかり、夏だからナスだらけ・・・

お茶のたしなみはないのですが、汁椀を手にしていたら、お茶を立ててもいいかな、と。
IMG_7025.jpg
背景は婚礼用の布団地。筒描きのお茶道具尽の模様から風呂釜の部分。
お茶を立てた気分で・・・

| 大橋正芳 | つかう | 13:59 | - | - |
尾山台へ!!

105895707_1720145088138940_2020006678228616361_o.jpg

尾山台の「手しごと」に、ふだん使いの“薩摩の白もん”が並んでいます。

106726013_1719175798235869_505731168033608514_o.jpg

かごしまの沈壽官窯と手仕事フォーラムのプロジェクトから生まれた新作の手仕事“薩摩の白もん”。
実際に手に取って見る貴重な機会です。ぜひお出かけください。そして白もんの手触り、手応えを感じてください。

75564613_1718225304997585_459056089170904818_o.jpg

尾山台の「手しごと」は、4.5.6日、11.12日にお店を開けています。
12日を最終に、閉店いたします。

| 管理人 | お知らせ | 13:28 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”6.22-28

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

太田潤さんのモールグラス(小)にノンアルコールワイン。手に持ちやすいので選ぶ頻度が高いコップです。
104120805_287921269255007_3875868581856493190_n.jpg

・小鹿田焼 ・窓側の風景
104836140_985777895173709_1539297928385218641_n.jpg

手仕事の強い器は多肉によく似合う。
104684842_951515571946544_1303385013700898420_n.jpg

薩摩の白もんの一輪差し。
誤って手折ってしまった庭の紫陽花を、格好良く受け入れてくれました。
シンプルで、下手でも何でも受け入れてくれるので、とても気に入っています。
104439767_719462578867265_633329574399096967_n.jpg

やちむん横田屋 ハッシュドビーフの日。沖縄の土の色は表情が様々で楽しめます。
106085874_267978084527699_2141600079501634850_n.jpg

編組品の縁
腕利きの職人による、これぞ確かな仕事
104663150_148943896769842_7035192801703959555_n.jpg

星耕ガラスさんの器に自家製ヨーグルトにキュウイとはちみつで腸活して免疫力UP
106382020_885441401975760_5856922924414257587_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 11:08 | - | - |
手仕事フォーラムHP「いただきます」を更新しました

手仕事フォーラムホームページ「いただきます」を更新しました。

今回は「あご(飛び魚)の煮付」です。

ぜひご覧下さい。

http://teshigoto.jp/serial_report/itadaki/080.html

| 管理人 | お知らせ | 11:38 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”6.15-21

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

カメラやポーチを入れて、全国どこへでも。在宅勤務中も、いつもそばにある竹かごです
104207032_571484013559320_8493349245780696070_n.jpg

帯揚げ入れに使っている岩手のかご。手持ちの色が一目瞭然だし通気性も良くてとても便利
104372085_1896875270449990_6875244951682698873_n.jpg

大日窯さんの猪口に多肉植物を入れて楽しんでいます。住み心地良さそうです
104415002_986501735129832_1657657660543627633_n.jpg

旬のフルーツが手に入ったら、沖縄のガラス(ペリカンピッチャー)と秋田のガラス(ワイングラス)でサングリア
83698092_304543537606640_3482320034267444091_n.jpg

午前中少し仕事を休んで、昨日スーパーで買った沖縄本島北部のボゴールパインとヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトで幸せ感満載!!ここに山藤のはちみつとカカオハニーを入れて幸せパフェにしていただきます。
仙台での手仕事全国フォーラムの時にレヴァコンスの綾さんから譲っていただいた昔の小谷さんの器。潤さんの器と共に。
作り手、繋ぎ手、使い手。3つの手にありがとう
104353614_598351157456420_7176567322459238131_n.jpg

民藝運動に大きく貢献された上田恒次さんの「練上手湯吞」で地元のお茶を飲みながら、手仕事に関する本を再読する。ちなみに、テーブルクロスは、尾山台の「手しごと」で購入した山内武志さんのもの。
久野恵一さんが影響を受けた民俗学者の宮本常一さんらの民俗調査、とりわけ、竹細工および焼き物に関する手仕事調査は、民藝と民俗学の接点を探るうえで豊かな示唆を与えてくれる。また、久野さんの思想的源流および手仕事調査のアプローチ方法も読み取ることができる貴重な本である。
104133650_282348736217999_1467378625279089770_n.jpg

太田潤さんのモールグラス(小)にノンアルコールワイン。手に持ちやすいので選ぶ頻度が高いコップです
104353614_598351157456420_7176567322459238131_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 16:17 | - | - |
静岡「侘助」でガラス・白もんの展示

静岡のギャラリー「侘助」で、6/26から夏の展示会がはじまります。

今回は、広島の西川孝次さんと福岡の太田潤さんのガラスに加えて、

「ふだん使いの”薩摩の白もん”」が並びます。

 

ふだん使いの”薩摩の白もん”静岡デビューです。

お近くの方はぜひお運びください。
手吹きガラス(西川孝次・太田潤)
ふだん使いの”薩摩の白もん”
会期:2020年6月26日(金)〜30日(火)
10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:侘助
〒426-0037 静岡県藤枝市青木1-10-14
TEL/FAX 054-641-0609
・JR藤枝駅より徒歩6分
・東名 焼津IC/新東名 藤枝ICより15分

 

| 管理人 | お知らせ | 11:49 | - | - |
『SILTA』41号、まもなく!!
IMG_7205.jpg

『SILTA』41号の色校が印刷所から届きました。
大変遅くなりましたが、7月初旬には会員の皆様のお手元に届くことと思います。
どうぞお楽しみに!!
| 管理人 | お知らせ | 15:25 | - | - |
手仕事フォーラムメンバーの読書日記、原田マハさん著「リーチ先生」

新型コロナウィルスによる各地の緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ感染に気を付けつつの生活が必要なようです。

STAY HOMEの間は、いつもより読書量が増えた方も多かったのではないでしょうか。

外での趣味や活動に制限も続くため、引き続き本を読む楽しみに助けられそうですね。

 

以前、こちらのblogで紹介させていただいた原田マハさんの「リーチ先生」2016.11.26坂本茂木さんモデル、原田マハさん著「リーチ先生」 が、昨年文庫本になりました。

文庫本なので持ち歩きやすく、電車の中やお昼休みに再読しました。

 

少しご紹介しますと・・・主人公はリーチ先生の弟子となった亀之介ですが、小説のプロローグとエピローグは亀之介の息子である高市が主役となります。

プロローグは小鹿田皿山が舞台です。

いまも変わらないであろう唐臼の音、山並み、澄んだ空気の中でお話が始まります。

小鹿田を訪れたことがある私は、一気に小説の中の世界に入り込んでしまいます。

亀之介のお話は明治四十二年に始まり、リーチ先生と過ごした15年の出来事が綴られます。

亀之介・高市親子は架空の人物ですし、この小説もフィクションです。

しかし、バーナード・リーチと彼の周辺の人物は、実在の人物が多く、民藝運動の創成期を彩った人々の生き生きとした姿が感じられます。

日本の民藝運動がどのようなに始まったものであったかも学べます。

原田マハさんの小説を読んだことのある方はわかると思いますが、登場人物の語る言葉や、美しいものの描写などが、何とも言えない感動があり、電車の中だというのに涙が止まらなくなったりもします。

民藝に興味のある方は、ぜひこの小説でもバーナード・リーチの生きた時代を感じてみてください。

小鹿田焼を愛する方にも読んでいただきたい小説です。

| 瀬部和美 | 報告 | 18:54 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”6.8-14

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/


お酒をお取り寄せして、全国フォーラムの際に求めた唐津の徳利で家飲み。
お酒も日本の手仕事。
101982205_125781942471380_3501693103487315952_n.jpg

今夜は贅沢にお寿司!久々に出掛けたデパ地下で。小石原焼に盛りました。
102553197_2945592862162160_7024246509676493781_n.jpg

朝ごはんのお菜は民藝の小ぶりの器に。
102944485_138180477877336_3361634198531242134_n.jpg

湯町窯のピッチャー
我が家の最古参、湯町のピッチャーです。40年くらい前、山陰に住んでいた時に購入したもの。
10回もの引越しを経て、今も我が家で季節の花を引き立てて良い仕事をしてくれています。
103358183_254556669137147_5675225736324031763_n.jpg

旅仕事の途中で立ち寄った盛岡の光原社で見つけたクッション。高さの調節にもお役立ち。
102655041_705125523634032_7874650663494411729_n.jpg

知人の畑から届いたはかりの空豆、ただグリルしただけのしたてを今からいただきます。
小鹿田・黒木昌伸さんのほどよい深さの鉢。
83613754_100299891724009_2674308539301684452_n.jpg

八尾の桂樹舎の型絵染の箱。ブローチや帯留めをごちゃごちゃ入れてタンスの上に。
80808557_878519322659284_8720554732038795420_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 18:29 | - | - |
南部曲り家にあこがれて 5

手仕事フォーラムの家づくりの主旨と異なるところがあります。

それは、予算的にかなり無理をした部分です。もやい工藝で見てからというもの、土間は絶対に島根の来待石を使用しようと決めていました。出雲民藝館も来待石ですが、もやい工藝くらい粗野なチェーンソー跡が理想でした。

▲もやい工藝の土間

▲出雲民藝館の土間

しかし、手仕事で切り出すこの方法はすでに行われておらず、現在は機械で切断するため平滑なものになってしまうとのこと。それでも石材屋さんにお願いして探していただき、昔の方法で切り出してくれる石屋さんを見つけてくださいました。喜んだのもつかの間、追加でかなりの費用がかかるとのこと。一度はほかの材を検討しましたが、諦めきれず追加費用を捻出し実現させました。

この材が現在は高価なものになってしまっているのが残念です。一部機械化しつつ粗野な切断面を残すことはできないのだろうか…と素人ながら思ってしまいます。

 

 

その他、曲り家のかやぶき屋根の形状を再現するため、屋根は直線ではなく微妙にむくりがつけられています。また、かやぶきの厚みを表現するために、垂木の上に束を立て母屋をかけ、さらに垂木をかける2重屋根構造になっています。曲り家を再現するためにかなり手間をかけており、こうしたことが建築費用を引き上げました。曲り家の再現を優先したため「現代に普及できる手仕事の家づくり」を目指している手仕事フォーラムの家づくりと異なっていると思っています。

 

家づくりでは久野代表、源野さんはじめ、たくさんのフォーラムメンバーの皆さまにお世話になり、本当にありがとうございました。

外観はプライバシーの関係上掲載を控えさせていただきました。見学会の機会が御座いましたらその時にでも…。

長くなりましたが、以上で報告を終わります。

| 管理人 | つくる | 09:45 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック