手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
築68年の農家の母屋のリフォーム

千葉に代々続く農家の長男に嫁ぎ、同じ市内のアパートに9年暮らしていましたが、

男児3人が産まれ(小2・5歳・2歳)、いつまでもそのままじゃ狭かろうと、

夫の実家の母屋(S25年、築68年)の母屋をリフォームし、私たち家族が

暮らすという案がおととし、持ち上がりました。

更地にして新築を立てるというのではなく、先祖が建てた建物を大事に

使ってほしいと義父に言われたので、リフォームです。

本当は久野さんがお元気な時に「家作りをしないか」とお声掛けいただいて

いましたが、残念ながらタイミングが合いませんでした。

 

その母屋というのは、とても寒く、冬は家の中でも息が白いくらい(奄美大島育ちの私には耐えられない)、

縁側を歩けば、板がへこみ、その板の隙間からは砂が上がってくるし、

建物内の建具は動かないのも多く、リフォームをすれば暮らせるのか、専門の人の目から見て、

どう判断される建物なのかと心配していました。

 

フォーラムのメンバーの鈴木さんと中川原さんと指出さんのお宅を

前に見せていただき、気持ちの落ち着く、穏やかで美しい空間に憧れていました。

同じくフォーラムのメンバーでもある設計士の源野さんは東京の西、

千葉の設計を引き受けていただけるか、恐る恐るメールをお送りしたのが、

おととしの11月、快く引き受けて下さり、何度も足を運んでいただけ、

何度も図案を書き直していただき、施工業者を探し、その施工業者が手がけた

家も見に行き、今年の1月に着工、約9ヶ月、ようやく今月上旬に完成しました。

 

【外観】

外観

外壁の杉板は源野さんに教わり、弁柄と墨汁、水溶性ボンドと水を混ぜたものを塗り、

その後に防水の塗料を塗りました。

 

【玄関】

玄関

 

【郵便受け】

郵便受け

 

【和室】

お仏壇のあるこの部屋だけは、夫の希望により、ほぼノータッチです。

この部屋の周りの建具もそのまま、前のものです。

和室2

 

テーブルの下は掘りごたつになっています。もちろん、畳を戻すこともできます。

和室1

 

【寝室】

この寝室やリビングなどの壁紙、また一部の建具にも計180枚ほど、

石川県の遠見さんの杉皮和紙を使わせていただきました。

私・夫・義妹・友人夫妻で仕事のお盆休みを使い、張る作業を頑張りました。

寝室

 

【子供部屋】

(正面の壁や建具は杉皮和紙を張ったもの)

子供部屋に6畳しか割けなかったので、

子供部屋

 

【子供部屋の小屋裏】

階段を上ったところにある、この小屋裏も使うことにしました。

遊んでもらったり、寝てもらおうかと思っています。

梁が横切っていますが、子供ならこういうの、好きそうです。

梁は、2歳の末っ子がかがまずに通れる高さです。

子供部屋小屋裏

 

【夫の書斎】

この建具を含め、5枚の建具を源野さんが骨董屋さんで探して来て下さり、

昔の建具でサイズが合わない部分は建具屋さんが足し、塗装屋さんが

うまく色を塗って下さったので、足した部分が分からないほど。

5枚の建具を5ヶ所のどこに使うか、考えるのも楽しかったです。

ガラスは透明やお花柄、ダイヤガラスなどいろいろです。

昔のガラスは、素敵ですね。

夫書斎

このリフォームで床の間をなくしました。

床の間や違い棚に使われていた木材はケヤキで、この書斎のテーブルやお手洗い、

玄関下駄箱上、洗濯機近くの洗剤などを置く棚に再利用しています。

 

【リビング】

リビング2

 

子供がだらだらとテレビを見るので、見ない時は目隠しをするという扉。

夫が何かの本で読んだよう。

リビング1

 

吹き抜け

リビング3

 

【お手洗い】

床の間の再利用のケヤキに手洗いの器をはめています。

使わせていただいたのは、福岡の小石原焼、太田哲三さんのもの。

お手洗い1

 

指描きの、のびやかな感じが気に入っています。

お手洗い2

 

【脱衣所】

中川原信一さんや森新緑さんのかごがちょうど入るように、

また、洗濯物を干す、洗濯ばさみがたくさんついているものが

別のものとからむのが好きでないので、仕切りを作ってもらうよう、

長さなどを源野さんに注文し、家具屋さんに作っていただきました。

脱衣所

 

【太田潤さんランプシェード】

色違いを4種というのは大変だそうですが、それもよく分かっておらず、

希望のまま、わがままでお願いしました。

どれも美しいです。

どの色のをどこに付けるのか迷うのも楽しかったです。

ランプシェード4

 

ランプシェード3

 

ランプシェード1

 

ランプシェード2

 

【玄関 下駄箱上】

この建具は、もともとこの建物の別の場所にあったもの。

外には新しい窓が付いているので、飾りの窓です。すりガラスと透明が交互。

手前は、床の間のケヤキ。

ここに庭のお花を飾るのが引っ越してからの楽しみになっています。

どの花瓶敷きを使うか、どの花瓶にするかを考えるのも楽しいです。

 

(ジンジャー系の花)

コスモス

この小鹿田のピッチャーに、この瀧山さんの倉敷緞通は小さかったですね。

一輪挿し用くらいだったか。

 

(コスモス)

ジンジャー

庭の金木犀が咲いてきたので、次は金木犀かな。

それとも、シュウメイギクか。

 

農家に限ってか、この家は、結構お客さんと玄関で話をします。

冬は農作業の合間のお茶もこちらで。

小豆の選別(よくないものを外す)などもここでやります。

その際は、下の松の木は動かさないといけないですね。

(濃い色の玄関に使った松の残りを、「よいしょ」と上らなくてもよいように

1段目に使いました。座るのにはよいですが、上るには高さが高いです)

ノッティング

玄関に大きい倉敷緞通がほしいなぁとか、四角のノッティングの椅子敷きが

2枚くらいはほしいなぁとか、素敵な座布団カバーがほしいなぁとか考えているところです。

 

【最後に】

和室の小屋裏にある、この家の歴史の品。

8角形の板に鳥の絵が描かれていて、

裏に「昭和弐拾五年四月弐拾五日 祝上棟 当主林〜 棟梁〜」と筆で書かれています。

「幣串(へいぐし)」や「幣束(へいそく)」と呼ばれる上棟式に使う

魔除けだそうです。

近所のお宅の棟上げの時にもっと簡易的なものですが、こういうの見たことがあります。

生まれ変わった家も守っていただきたいものです。

 

源野さんはじめ、施工業者さん、大工さん、左官屋さん、タイル屋さん、

電気屋さん、建具屋さんなどなど、多くの方にお世話になりました。

限られた予算の上に、こちら側のわがままや無理を聞いて下さり、

それぞれの方の技術はもちろん、かゆいところに手の届くようなご配慮、または

それ以上のご配慮で、すばらしい家になりました。

どうもありがとうございました。

建物も先祖も喜んでいることと思います。

質の良い断熱材と窓にしたので、冬も温かいことでしょう。

 

このような家作りにご興味があり、見たい方がいらっしゃいましたら、

どうぞお越し下さい。

 

| 林菜保 | つかう | 00:01 | - | - |
夏バテに手仕事のうつわで一皿料理

毎夏のことですが、夏は食が細くなります。

暑さもあって、すっかり夏バテです。

一皿でいろんな食材が食べられるようなごはんが嬉しいもの。

お気に入りのうつわに盛ると、少し食欲が増します。

 

ひき肉のインド風カレーをやちむんで。

 

ナムルでビビンバを小鹿田焼で。

 

鶏肉でシンガポールチキンライス、こちらも小鹿田で。

 

ごま油とねぎたっぷりの塩そばを小代焼で。

 

早く夏バテを治して、元気に倉敷フォーラムに参加せねば!

皆さまも夏のお疲れが出ませんように!

| 瀬部和美 | つかう | 21:09 | - | - |
奥原ガラスに夏の宝石を

子どものころ、外国のお話が大好きだった私は、『若草物語』や『赤毛のアン』、『やかまし村のこどもたち』などを読み、そこに出てくる食べものはどんなものだろう、どんなに美味しいのだろうと想像して胸を躍らせていたものです。

その食べ物の1つがブルーベリー。

一昔前は、ブルーベリーというとジャムしかお目にかかれなかったものですが、最近は生のものも手に入るようになり、数年前の夏には「ブルーベリー狩り」も体験し、子どもの頃に想像していたことを思い出し、感動しました。

美しい色、可愛らしい姿、爽やかな甘み、食べると幸せになります。

奥原ガラスのうつわに盛ると、キラキラして宝石のよう。

夏の楽しみの1つです。

| 瀬部和美 | つかう | 17:15 | - | - |
太田潤さんのチョイ飲みグラス

 

webshop「moyais」で購入した太田潤さんのグラスです。

届いた箱の中から取り出したら、サイズの確認不足で普通のガラスコップより一回り小さい。

ありゃ、やってまったー・・・

と思ったものの、実はこのサイズがなかなかよいのです。

 

ちょっとずつ、こまめな水分補給のためにも、

氷を一つポトンと入れて焼酎をちょっとだけいただくのにも、

赤ワインをちょっと飲むのにも。

キュッとコンパクトなサイズに柔らかなモールの陰影の美しさが際立ちます。

 

家族が寝静まってからの自由時間に。

moyais : http://www.moyais.com

| 指出有子 | つかう | 23:22 | - | - |
息子にお皿洗いを任せたら

絶賛夏休み中の小3の息子に、食後のお皿洗いをお願いしました。

 

これまであまりお皿洗いをお願いしたことがありません。
もしも大切な器を割られたり欠けさせられたりした時に、
怒らずにいられる自信がなかったからです。
けれど今日、夕食後に息子にお皿洗いを頼みました。
最初にポイントを教えて、後は引っ込んで見守っていると、とても丁寧に洗っています。
水を無駄に流すことなくこまめに水道を止めながらすすぎ、
水がよく切れるよう丁寧に洗いカゴに立てて。
完了するまでに、かなりの時間がかかりました。
しかし、大変丁寧な仕事ぶりで、これならば今後もお願いできます。
そのうち、父親のように、使ったお皿は自分でさっと片付けてもらおうと思います。
息子には、哺乳瓶と特殊な構造のベビー用マグ(最初はそういったものを買うのも楽しかった)
以外はプラスチックの器は使わせていません。
でも、彼が食事中にふざけて食器を落としたり投げたりしたことはありませんでした。
また、食事前のお運びや食後のお皿運びは小さい頃からやらせてますが、割ったことはありません。
遊びに来た友人たちにも、飲み物はガラスのコップで出します。
たまに何人か招いて一緒にご飯を食べる時には、サイズの大小、産地、いろいろな皿から選ばせ、
自分たちで盛り付けさせると楽しそうにやってます。
彼らのうちの1人でも、いいな、綺麗だな、と思ってくれれば嬉しいです。
| 指出有子 | つかう | 22:27 | - | - |
大日窯のうつわと水無月と夏のうた

先日、福岡空港に向かう飛行機の機内誌で、和菓子「水無月」についてのページがあり、「そう言えば今年はまだ食べてないなぁ」と思いながら読んでいると、「京都のもの」と紹介されています。

日本全国、6月には水無月を食べて厄払いをするものだと思っていた私はびっくり。

インターネットで検索してみると、節分の恵方巻などと同じく、全国に広がりつつあるものの、まだまだ関東では一般的ではなく、水無月が食べたくても食べられない「水無月難民」なる言葉もあるとか。

さて、あらためてご紹介すると、水無月とはういろうの上に小豆やえんどう豆を甘く煮たものを乗せて二層になったお菓子で、氷を模した三角に切られています。

旧暦の6月30日は夏の終わりにあたり、一年の残り半分も息災に過ごせるようにと願いながら食べます。

私の住んでいる大阪では、6月に入ると大抵の和菓子屋さんで見かけることができ、6月30日を過ぎるとぴたっと姿を消します。

そのうちに、と思っているうちに7月に入ってしまって食べ損ねた年のくやしいこと!

下の層がういろうなので、冷蔵庫に入れると固くなってしまい、美味しく食べるには日持ちのしない儚いお菓子です。

今日は、涼しげなこのお菓子に似合う、大日窯の磁器のうつわに盛ってみました。

すべらかな磁器の肌とういろう生地がよく合っています。

毎年、水無月を食べるといよいよ夏が始まるという気がします。

 

「うのはなのにおう垣根に

ほととぎすはやもき鳴きて

しのびねもらす

夏は来ぬ」

 

どうか、今年後半も皆さんが日々を健康に過ごせますように。

| 瀬部和美 | つかう | 21:22 | - | - |
花、一輪を

秋田・伊藤嘉輝さんのガラスです。
自然石のような丸みにすっと伸びた首。

花瓶にしようか、ウイスキーを入れようか・・・ガーベラを一本生けました。

IMG_4222.jpg

手応えのある重みの花瓶ですが、花は一輪だけ。
ぜいたくな一輪挿しです。

尾山台・手しごとで「手しごとのガラス展」開催中です。
2018.5.26(sat) ー 6.25(mon)
沖縄/奥原硝子・秋田/星耕硝子・福岡/太田潤・和歌山/本宮ガラス・東京青梅/RainbowLeaf
http://oyamadai-teshigoto.com/con/blog

| 大橋正芳 | つかう | 08:24 | - | - |
尾山台手しごとのガラス展にて太田潤さんの八寸縁返し鉢を見る

尾山台手しごとに行くと、フォーラムメンバーが知性と素直さを感じて推薦していた

太田潤さんの八寸縁返し鉢が二つありましたのでじっくりと見てきました。

 

フォーラムが選ぶ・この逸品

太田潤手吹きカラス工房八寸縁返し鉢

 

 

 

 

これからの季節、この鉢で冷やし中華とかぶっかけおろし蕎麦なんて食べたら

最高ですね。

| 中村裕史 | つかう | 14:12 | - | - |
浅マカイ

先日、やちむん展開催中のもやい工藝さんを訪れた時の戦利品です。

いままであまり見たことのない形だったので、美しいな、と思って見ていると、これは「浅マカイ」だと教えていただきました。

「浅マカイ」、なんて美しい言葉の響きでしょう。

沖縄の言葉で「お碗」のことを「マカイ」と呼ぶことは知っていましたが、浅いものは区別して「浅マカイ」というのですね。

まだお若い作り手の方とのことですが、柄違いのものと見比べてみても、形もとても正確でした。

 

上から、円形が正確です

横から、厚みがちょうどいいです

裏側、高台がしっかりしています

 

丸紋が上品で、煮物やサラダ、何にでも合わせられそうです。

使うのが楽しみなうつわがまた1つ増えました。

 

| 瀬部和美 | つかう | 21:47 | - | - |
苺のおやつ

苺の季節もそろそろ終わりが近づいてきました。

我が家の近くには、大きなJAがあり、形が不揃いだったり、少し熟れすぎている農作物がお買い得な値段で手に入ります。

苺は、そのまま食べるのも美味しいですが、手作りジャムにすると楽しみが広がります。

長期間保存するわけではないので、少なめの砂糖で、形が残るぐらいに煮詰めると、苺の味がよく感じられて美味しいです。

今日は、そのジャムを無糖のヨーグルトに乗せてみました。

うつわは、秋田・星耕硝子の伊藤嘉輝さんのもの。

深い青が、白と紅によく合います。

大きさもちょうどよく、デザートや酢の物など、活躍しています。

簡単なおやつですが、美味しいものと、美しいうつわで、とても満ち足りた気分の午後です。

| 瀬部和美 | つかう | 10:36 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール