手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
芹沢げ陲亮甓狃渋臘鏤丗坐展

昔、厳冬期の青森酸ヶ湯温泉に行き八甲田山へ登り(もちろんロープウェイで)
マイナス30度を経験し下山してから棟方志功記念館へ行ったことがありました。
若かったんですね。
棟方という人のことも良く知らずに二菩薩釈迦十大弟子を始めて見ましたが、
感動というか異様な衝撃を受けました。

現在、仙台の東北福祉大学芹沢げ霍芸館では<芹沢げ陲亮甓狃渋臘鏤丗坐展>
が開催中です。
宮城県美術館でのアイヌの展示を見た後にたずねました。
image001.jpg 
全国フォーラムが仙台で開催された時には車に分乗して東北福祉大まで行きましたが、
その後、仙台駅前に開館。行ってみたいと思いつつもタイミングがありませんでした。
以前に比べれば展示スペースは狭めですが、
作品一点一点とじっくりと向き合うなら十分だと思いました。

<釈迦十大弟子尊像>87歳の時の作ということは亡くなる前年ということになります。
最晩年に至るまで衰えることのない創作意欲を持ち続けていたことにただただ驚きます。

この作品にはいくつかのバージョンがありますが、インドへ渡ったものは、
紙は八尾の桂樹舎へ特注し、つなぎ目なく作られた縦180センチの強製紙で
強い“しぼ”(襞)があります。
墨は大変きめが細かい墨汁です。展示解説によれば、艶のある黒色を出すために
あえて腕力の劣る女性の弟子たちに墨を磨らせたそうです。
さて、黒漆を使って染めることを当初企画したそうですが、
インドの気候風土に合わないため、漆染は日本に残り墨染がインドに渡ったそです。
なお、日本に残った漆染めの釈迦十大弟子尊像10図フルセットは
その後、砂川七郎氏のコレクションとなり、現在は千葉県柏市に寄贈されています。
P3141779.JPG

P3141780.JPG
*上2枚の写真:旧「砂川美術工芸館」にて/2003年撮影(大橋正芳提供)

今回の展示では、インドに渡った墨型染絵と全く同じ作品1枚とその型紙。
頒布目的に制作られた縮小版の様々なバリエーションが同時に展示されています。
頒布用のバリエーションは以下のものです。
なお、使われてる紙は八尾のものではなく表面はなめらかな仕上がりです。
・墨一色
・濃い灰色「薄墨/ねずみ」
・黄土、薄墨、赤で彩色が施されたもの
型紙は同一でも随分と印象は違い、比べて見ればやはり黒一色が最も力強く、
その中でもとりわけ等身大の1枚に強く惹きつけられます。
物にはふさわしい大きさというものがあるのでしょう。

宮城県美術館の図録ではありますが、白鳥誠一郎氏は以下のように書いています。
「芹沢の型紙はそれ自身で鑑賞に耐えるもので、これが型染の骨格となるが
芹沢の型染において、型と並んで重要なのが配色である。同じ型紙を使いながら、
配色によって全く異なる作品に見えるほどの印象の差を生みだしたものも多い。
このことを踏まえると、芹沢の型染は色で作られているといえよう。」(242ページより)
型染の可能性を極限まで追求し続け新たな可能性を拓き続けた芹沢の真骨頂であり、
誰にも追いつけない境地だということです。

それにしても型紙用下絵は美しいというよりも何やら凄まじさを感じました。
彫り出された生々しさが残っており、せめぎあうような緊張感に満ち満ちていて、
ある意味グロテスクで凝視し続けることが困難でした。
それは洗練された完成品からは想像もつかないもので、
完成品と型紙を同時に見ることが出来ることは今回の展示の
大きな見どころでしょう。
その他、四季曼荼羅二曲屏風や心偈など盛りだくさんでした。

さて、Googleで検索していたところ以下のような以下のような論文がヒットしました。
とても詳細な内容です。

「芹沢げ雕遏崋甓狃渋臘鏤丗坐」―型絵染への挑戦―」門脇 佳代子、
東北福祉大学芹沢げ霹術工芸館年報、Vol.6(2014)
Permalink : http://id.nii.ac.jp/1330/00000465/

(H・N)

| 管理人 | みる | 11:00 | - | - |
「美しきアイヌの手仕事」展
2月中旬、
宮城県美術館で開催中の<美しきアイヌの手仕事−柳宗悦と芹沢げ陲離灰譽ションから−>展
に行ってきました。
image001.jpg
質量ともに素晴らしい展示内容でした。会期もあとわずかですがこれはお勧めです。
見終わった後、いつもは買うか否か逡巡する図録ですが(重いし…)、
今回は躊躇なく購入。
図録に掲載された高精細画像、細部のズームアップなどを見て、
なんでここをもっと良く見てこなかったのかと悔やまれるような、
そんな内容でした。

会場に入ると開催趣旨が日本語、英語、アイヌの言葉で表記されています。
日本列島には独自の言語と文化を育み暮らした多くの民族がいたことが理解できます。

展示は美術館ならでは広々とした展示スペースを二つ使い展開されています。
その広さが普段見慣れている日本民藝館の展示とはまた違った迫力を生み出しています。
これでもか!!と展示されている切伏刺繍衣裳(切伏木綿衣)は一つ一つが大きいため、
広々とした会場でなければ難しいでしょう。

一つ目の部屋は主に日本民芸館所蔵品を展示。
次が静岡市立芹沢げ霹術館の所蔵品を展示しています。
私はそのような構成であることを知りませんでしたので、
一つ目の部屋にかなりの時間を費やしてしまい(充実していたこともあり)、
芹沢の蒐集品を十分に見る時間がなく、かなり残念な思いで帰路につきました。
芹沢の展示は学芸員の白鳥誠一郎氏によるものでしょうか。
天井が高く広々としたスペースをフル活用して切伏木綿衣を三段に並べて、
覆いかぶさってくるような迫力の空間演出で、
民藝の展示としてはかなり画期的なんじゃないでしょうか。

さて、今回の展示では1941年(昭和16)に日本民藝館で開催された<アイヌ工藝文化展>
の一部が再現されていて、そこだけ撮影OK。
<アイヌ工藝文化展>はアイヌコレクションで圧倒的な数と質を誇った
杉山寿栄男の蒐集品を、柳から任された芹沢が厳選して展示を担当したものです。
芹沢にとって杉山は東京高等工業学校工業図案科の先輩にあたり、
柳は芹沢を介して杉山と知り合ったとのこと。
その後、杉山コレクションは1945年の空襲で焼失し、今となっては『アイヌ藝術』(全3冊、1941)や
雑誌『工藝』106号、107号などからその品々を知ることが出来るのみです。
image002.jpg
再現された<アイヌ工藝文化展>
image003.jpg
木綿紺地切伏刺繍衣裳
image004.jpg

image005.jpg 
オヒョウ地切伏刺繍衣裳
image006.jpg 
さて、図録も大きく二部構成となっており、
前半は主に日本民藝館の杉山氏が担当、後半は芹沢げ霹術館の白鳥氏が担当。
その他、豪華執筆陣のコラム多数。
白鳥氏は「いったん、『人間国宝の染色家』あるいは『民藝派の工藝家』というフィルターを外して、
芹沢という人を改めて見つめなおす必要があるように感じる。」としたうえで、
「画家」、「デザイナー」、「染色家」、「蒐集家」という4つの側面について
それぞれ興味深い解説をしています。
しかして結論としては、「芹沢という人は知れば知るほど、結局何と表現したらいいか
わからなくなるばかりだが、あえて例えるなら「富士」に最もよく例えられると思っている。」
と結んでいます。
この引用だけでは意味不明だと思いますが、興味深いでしょう?
内容が気になる方は是非図録を読んでください。

さて、かなり疲れて帰りがけに美術館のカフェを覗いたところお客さんが大勢入っており、
美術館のカフェなんてどうせたしたことないだろうと思っていましたが、
みなさんが食べているものが何だかとても美味しそうで、
ついつい私も入ってしまった。
ここのランチメニューは(も)かなりお勧めです。
宮城県美術館を訪れた際には絶対に外せないと思います。
店の人と話したところ仙台市内に数店舗あるそうで、人気店のようです。
image007.jpg 
少し食べて、かなりの美味しさに食べかけながら撮った一枚

(H・N)
| 管理人 | みる | 11:11 | - | - |
寳来飾紙

愛媛民藝館の二階に展示してあった切り紙。

「寳来飾紙」といい、あらゆる祈願を込めて和紙を切り抜きした紙で、

古来、高野山で注連飾りの代わりに飾られたものが旅人によって各地に

伝播されたものだそうです。

 

愛媛県忽那諸島の中島には、おみどり神事と呼ばれる祈願神事があり、

この切り紙が祀られるそうです。

出雲地方から伝わったとされ、愛知ではざぜち祭りというお祭りで祀られるそう。

 

氏子さんらが小刀で切り抜いて作ったそうで、なんとなく素朴な味わいです。

下の朱色の和紙が効いているなと思ったら愛媛県丹原にある周桑和紙でした。

このように色和紙を下に敷いて、額にいれて飾るととても素敵だなと思いました。

一年の変わり目に切り紙を新調し、

一年間飾った切り紙はどんど焼きで供養します。

とても興味深い展示でした。

詳しくは愛媛民藝館でご覧ください。

 

| 管理人 | みる | 18:48 | - | - |
ミャンマークラフト

 谷中、根津、千駄木をよく散歩します。近時谷根千と言われ、下町の情緒を残す町として観光客も多く見られる町です。近くに住む私でも、散歩のたびに新しい発見があり楽しい町です。 

 こんな谷根千のなかで、ミャンマークラフトのお店を見つけました。小さなお店で見逃してしまいそうですが、お店に入って品物を見ると、お土産物を売る店ではなくミャンマーの伝統的な染織品,工芸品などを扱うお店でした。 

 

 店主に話を聞くと、ご主人がジェトロ(独立行政法人日本貿易振興機構)の初代現地駐在事務所長としてミャンマーに赴任し、現地の伝統工芸の復興を指導し、そこで出来た品物を輸入して販売しているとのことでした。 

 ミャンマーには135の民族が暮らし、それぞれ自分達を象徴する独自の染織品を作ります。その中には手紡ぎ、手染めの糸を後帯機(日本のいざり機と似ています)で織った布もあります。また刺繍も部族の伝統的な模様から現代的模様まで作っています。 

ナガ族の刺繍布です。 

 

手紡ぎ、草木染め、手織りのシャツも作っており、私も一枚注文し、出来上がったのが下の写真の長袖シャツです。生の藍葉の三回染めです。 

 

日本の手仕事のなお一層の発展を期待して、他国の手仕事をご紹介しました。 

お店情報 

http://www.maams.jp/ 

東京都文京区根津2−36−4 
      MAAMs ミャンマークラフト  

| 横山正夫 | みる | 13:40 | - | - |
粋な行燈皿(学習会「昔の物 今の物」第6回瀬戸)

江戸後期に瀬戸でも磁器の製造が本格化すると(新製焼)、もともとの

本業焼も生き残りをかけて、成形や絵付や釉薬の技術革新に取り組み、

それまでの真っ白な陶土の美しさを活かした無地に灰釉を主体とした焼き物とは、

また異なった世界観を高度に発達させました。

今回、横山先生に見せていただいた一群の本業焼は、江戸の庶民文化が

最高潮に達した文化・文政年間(18041830)の頃か、

その勢いを継いだ時代の物でしょう。

 

その中でも行燈皿という物は、これまた独特なもので、

実に粋で味わい深い物です。

 

現代に生きる私たちは夜でも昼間と変わらぬ明るい環境で生活していますが、

停電などで突然暗闇に包まれると、その濃厚な闇に不安と同時になんとなく

懐かしさを感じたりもします。

 

かつて、そんな生活があたりまえだった時代においては、

盞に灯した燈火によって仄かに浮き立つ行燈皿の絵は、

見る人を幽玄な世界に誘ったのかもしれません。

夕景帰帆、葦、夕顔、菊文、風景…

 

焼き物の図録を開けばたいてい掲載されている定番のモチーフばかり。

それはつまり、それだけ同じ構図の図柄があまたに描かれて流通したことの証左です。

どれだけ繰り返し同じ図柄に筆を走らせれば、

これだけの驚嘆すべき境地に達することができるのか想像もつきません。

(図録)瀬戸市歴史民俗資料館 企画展『瀬戸の絵皿展』平成4年7月19日発行

 

現代においてこの絵付けを復活させることは全く不可能なことですが、

行燈皿の独特の形状は今の生活にも十分取り入れることが可能でしょう、

といった話なども当日はありました。

 

<余談>

たっぷりと油を吸った状態の行燈皿。

上記の図録より。

| 中村裕史 | みる | 20:24 | - | - |
たくさん描いたから描けた絵

久野恵一さん亡き今、物を見る「目」を養うために始まった学習会「昔の物 今の物」。第6回を数え、すっかり目が肥えてきました。というのはうそで、横山正夫さんが品物を並べられた段階では「好きだな」「そうでもないな」はあっても、どう見たらいいものか、いつの時代のどんなものであるかは、なかなか分かりません。

DSC_0110.jpg

DSC_0146.jpg

今回は比較的人数が少なく、横山先生のゼミを受けている感じでした。

DSC_0121.jpgDSC_0102.jpg

一つひとつについて、つくられた時代、用途、集めた理由、たまに購入時のエピソードもお話しくださいます。「玩味があります」「洒脱です」「闊達ですよね」。石皿や行灯皿の絵付けを表現する先生の言葉もまた、味わい深いものです。

DSC_0207.jpgDSC_0201.jpg

てらいがなく、のびやかでありながら、おさまりがよい。何百も、何千も描き続けた中に、このような逸品が生まれました。

| 大部優美 | みる | 22:45 | - | - |
そろっている時には全部試す

小鹿田のカップ&ソーサーが5脚揃っていた時の写真。

数物作りでここまでの精度で仕上げる技術はさすがです。

 

それでも本体に付けるハンドルの位置が数ミリ違うだけでも

人それぞれに使い心地は大きく変わるものでしょう。

なかなか揃った状態で遭遇することも珍しいので一つ一つ手にします。

自分の指の長さ太さにあったハンドルの大きさ、

そして、人差し指を通して持ち上げようとするときに

小指が皿に当たるか否かは手の甲の広さにもよるでしょう。

安価な大量生品はそれはそれで良いですが、

自分の体にフィットしたストレスの無い物に出会ったときの、

おお!!これだ!!は、

やっぱり生身の人間が作った物ならではの出会いです。

| 中村裕史 | みる | 18:23 | - | - |
もののかたち

先日、鎌倉のもやい工藝で、かごを手に入れました。

宮崎の杞柳細工です。

 

 

もやい工藝のスタッフの方に伺うと、このかたちは焼きものを参考にしたそうです。

久野恵一さんが見本として見せたのが、焼きものだとか。

我が家にちょうど、見本とした焼きものと同じかたちと思われるものがありました。

高台がないべた底の深皿です。

 

 

似てませんか?

もののかたちをよく見ることは大切なことだと、改めて感じました。

 

| 坂本光司 | みる | 10:50 | - | - |
憧れの白い肌

手仕事フォーラムのウェブサイトで連載中の横山正夫さんに、じかに解説していただく学習会「昔の物 今の物」。5回目は、薩摩焼でした。昔の物と今の物を車のトランクいっぱいに詰め込んで、鎌倉までお越しくださいます。

mukashiima4.jpgmukashiima9.jpg

好みを超えて、資料として価値のある品も集められていますが、持ってきてくださる多くは好きな物。うれしそうにお話ししてくださいます。「昔の物 今の物」vol.105の「甘酒半胴」http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol105.html

mukashiima13.jpgmukashiima15.jpgmukashiima12.jpg

「宋胡録(そうころく)写し」。タイの旧都スワンカロークで焼かれた陶器にならった物で、よい形をしています。

 

あとの2枚は、薩摩焼平佐窯の白磁。とうになくなってしまいましたが、磁器の窯が薩摩にもあったのです。

「昔の物 今の物」vol.73「平佐の磁器」http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol73.html

 

中央の徳利は、東洋陶磁美術館のコレクションとも遜色ないものと思われます。高貴ななまめかしさをたたえ、見る者をひきつけます。右は、珍しく横山さんが「気をつけて扱ってね」とおっしゃった小さな土瓶。絵に目がいきますが、形もかわいらしいものです。「きれいな肌をしています」「伊万里より肌が好きですね」。焼きものの評価と分かっていても、ちょっとドキドキします。

| 大部優美 | みる | 09:43 | - | - |
住み継ぐ家〜住まいと住む人〜

先に大部さんよりこちらのブログで報告がありましたが(2019.2.18 「寄り合い@林農園」)、
昭和20年代に建てられ、施主夫婦が4代目となる家のリフォーム後を見学させていただいて感じたことなど、
もう少し書かせていただきます。

 

中央右のショートカットの女性が施主の奥様の林奈保さん。
写真中央がリフォームを請け負った源野建築設計工房の源野さん。
いずれも手仕事フォーラムメンバーです。

皆のくつろいだ姿が物語るように、年月を経た木の香りが甘く漂うお宅は
とても居心地が良く、安心して寛いでしまう家でした。
そこへ施主のお母様が、お汁粉に漬物、キウイフルーツ、甘酒など次々と運んできてくださいます。

次々におやつを運んできてくださるお母様(左)。ご家族で、そしてご夫婦で長年この家に住まれたのちに、
今回の施主である若い息子さんご家族に家を譲られました。
それを受けて、お嫁さんである菜保さんが「手仕事フォーラム的」リフォームに踏み切られたというわけです。

施主のご両親は「林農園」を営まれ、長年有機農業に取り組み、また研修生も大勢受け入れてきました。
この日供されたお汁粉の小豆も粟もちの粟も、キウイフルーツも、お漬物も、
畑から採れた作物から作られた自家製でした。
どれも確かな素材を優しく味付けした逸品で、身体に沁みるなあと思いながら美味しくいただきました。

また、この家を象徴する光景だなと、林さんの許可を得て撮影、掲載させていただくのが下のリビングの写真です。
窓の外には梅などの木々や畑が見え、そこには洗濯物がお日様を浴び、
その下には割干し大根など野菜が笊に山盛り干されています。
天井をぶち抜いた吹き抜けの、開放感が溢れる陽だまりの部屋でのんびり過ごす時間を想像し、
それはそれは羨ましかったです。

まだまだ書きたいことはあるのですが、長くなりましたのでこの辺で。
家のリフォームの詳細については次々号SILTA39号をお楽しみに。

最後になりましたが、
林家の皆様、快くお住まいを公開してくださいましたこと、心より感謝申し上げます!

| 指出有子 | みる | 08:30 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック