手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
2020年「日本の手仕事カレンダー」発売!

手仕事フォーラムオリジナル「日本の手仕事カレンダー」、

早くも2020年版が発売となりました。

 

今回ももちろん小田中耕一さんの型染によるものです。

四季や手仕事をモチーフとした、温かみのあるカレンダーに仕上がっています。

卓上型(¥600+税)とポスター型(¥300+税)の二種類。

それぞれ一部ずつ封筒に入れられており、プレゼントとしても最適です。

手仕事フォーラム関係の各店舗にて、順次発売を開始しております。

(仙台・Les Vacances、世田谷・手しごと、鎌倉・もやい工藝、松山・ROSA、福岡・秋月他)

 

会員の皆様には、12月ごろにSILTAの発送にあわせてお届けします。

どうぞお楽しみに。

| 久野民樹 | お知らせ | 21:09 | - | - |
手しごと「島根のやきもの展」
70156706_1440072136146238_2424447989926854656_n.jpg

東京・世田谷・尾山台の「手しごと」で、“島根のやきもの展”がはじまりました!!!
http://oyamadai-teshigoto.com/

70137438_1440072059479579_692945148748759040_n.jpg

本日11時から・・・暑くもなく、散歩にぴったりの空模様。
初日で無くなるものもあるとか、ぜひお出かけください。
10月7日まで。
| 管理人 | お知らせ | 11:28 | - | - |
松江artos Book Storeで「倉敷の民藝」が始まります

松江の書店・artos Book Storeで4日から始まる「倉敷の民藝」展の

搬入・展示をしてきました。

オーナー・西村さんご夫妻にお手伝いいただき、無事に完了です。

イグサの良い香りが店内に広がりました。

 

倉敷緞通、須浪亨商店のいかご、倉敷本染手織研究所のノッティングやコースターなど。

倉敷の手仕事を観ていただける機会です。

倉敷だけでなく、沖縄・九州など各地の陶磁器も並べています。

ぜひご来店ください。

5日午後は私も店頭に立たせていただきます。

| 久野民樹 | お知らせ | 09:08 | - | - |
会報誌『SILTA』39号をお届けしました
手仕事フォーラムの会報誌『SILTA』39号が8月10日付で発行されました。
会員の皆様にはお手元に届いていることと存じます。

IMG_1990.JPG

今号の特集は「暮らしと手仕事を考える」・・・
美しい手仕事と暮らす豊かな生活を目指して、住まいのリフォームを実践した会員の報告を二つ。
表紙の写真は、リフォームの一つ、千葉・佐倉の林邸。
もう一つの報告は東京・世田谷の指出邸。
​(本誌はページによってカラーまたはモノクロですが、編集長の独断で、掲載写真の一部を元データでお見せします)​

指出邸のリビング(P6)
IMG_2528.jpg

二つの住まいのリフォームも含めて、優れた手仕事を集めた工芸店の店舗の設計にも携わった会員で設計士・源野勝義さんに原稿をいただきました。
本文に掲載した写真は松山「ROSA」の素敵なお店ですが、福岡の「秋月」についても触れていますので、掲載を断念した写真を。

「秋月」の店内。床にご注目(本文P7をご参照)
image5.jpg

巻頭では、久野民樹さんが「私の実家であり、父・久野恵一から引き継いだ『もやい工藝』の店舗兼住居」について書いくださっています。
もやい工藝の店舗についてはご存知の方も多いかと思いますので、久野さんにわざわざ撮っていただいた二階住居部の写真をカラーで。

もやい工藝の二階、つまり久野家の住居(P2)
IMG_5938.jpg

手仕事のうつわともいえる美しい住まいや店舗・・・憧れます(編集長の独り言)。

今号の目次・・・
  特集 暮らしと手仕事を考える
     巻頭 美しく暮らす
      |柤蚕夙年の家をリフォーム
     ◆〔鰻櫃良覆映える家
      手仕事を取り入れる店と住まい
  活動報告 瀬戸スタディーツアー
  連載 ・「昔の物 今の物」 北と南の染織
     ・新連載 北鎌日記
     ・フォーラムが選ぶ逸品 つづらカガイ

瀬戸スタディーツアーから、巨大な一里塚本業窯の登り窯の写真
DSC_0185.JPG

連載「昔の物 今の物」は「北と南の染織」。染織品の繊細な美しさを、今回は特別に元の画像でお楽しみいただきましょう。

アイヌのアットゥシ
001t.jpg004t.jpg
沖縄の芭蕉布
007t.jpg
006t.jpg


さて、今号から新連載「北窯日記」がはじまりました。

IMG_1992.JPG

大学卒業後に読谷・北窯の松田共司工房に弟子入りした源野萌美さんが、北窯での日々を綴ってくださることになりました。
写真はモノクロでトリミングしていますので、元の写真を(久野民樹さん提供)。

ガンバレ萌美さん、「北窯日記」を楽しみにしています!!
IMG_6771 (1).jpg

会報誌『SILTA』を、これからもよろしくお願いいたします。
会員以外の方はお近くのお店で、または下記をご覧ください。
http://teshigoto.jp/forums_activity/silta/index.html
| 大橋正芳 | お知らせ | 08:39 | - | - |
渋谷で倉敷の手仕事展

渋谷(奥渋谷)の書店 Shibuya Publishing and Booksellers(SPBS)にて、

倉敷の手仕事をテーマにした展示がはじまりました。

ここ数年、毎年手仕事展を開催させていただいており、

今回は倉敷の手仕事をメインにご紹介することになりました。

 

フォーラムにとってはおなじみの倉敷緞通、倉敷ガラス(小谷栄次さん)、

倉敷本染手織研究所の品に加え、須浪亨商店のい草のカゴもご紹介しています。

他に小鹿田焼や小石原焼、砥部焼などの焼き物も。

SPBSは、書籍だけでなく雑貨や文具なども扱う書店です。

出版をするオフィスも同じ空間に構えており、個性的な書店として注目されています。

色々な出会いがある場所です。ぜひお運びください。

https://www.shibuyabooks.co.jp/event/5299/

 

| 久野民樹 | お知らせ | 19:59 | - | - |
“暮らしを彩る” 芹沢げ陲寮験茱妊競ぅ
静岡・芹沢げ霹術館の新企画が、今日からはじまりました。

今年度の企画第二弾、芹沢のデザイン活動に焦点を当てた企画は、
「健やかな美しさが、暮らしにひびく ー暮らしを彩るー 芹沢げ陲寮験茱妊競ぅ鵝
芹沢の「日用品から建築の室内外装まで、幅広いデザインのジャンルで大きな足跡」から500点以上が展示されます。

静岡市立芹沢げ霹術館
2019年7月14日(日)〜11月24日(日)
静岡県静岡市駿河区登呂五丁目10-5
​054-282-5522

201907seribi.jpg

201907seribi-2.jpg

「本や雑誌などの装幀をはじめ、カレンダー、カード類、はがき、うちわ、扇子、マッチのラベル、ランチョンマット」など、
家具や倉敷の緞通、花筵も・・・

明るく華やかで楽しい芹沢の世界が堪能できます。
梅雨明け間近(?)・・・お出かけください。
| 大橋正芳 | お知らせ | 11:42 | - | - |
レ・ヴァコンス「夏の食卓展」

仙台のLes Vacansesで「夏の食卓展」がはじまっています。

 

夏の食卓に合う涼しげな器が揃います。

素朴でてらいのない手吹き硝子、

日本の伝統の染め付けを是非楽しみにお出かけください。

「夏の食卓展」 2019

7月6日(土)〜17日(水)

 

 Les-VACANSES  レ・ヴァコンス

 〒980-0822 宮城県仙台市青葉区立町9-14

 正栄ビル 西公園101

Tel/Fax  |  022 702 3813

| 佐藤佐智子 | お知らせ | 08:33 | - | - |
広島で「日本の手仕事展・涼夏の会」がはじまります

広島の福屋八丁堀本店で、「日本の手仕事展・涼夏の会」がはじまります。

今日は広島のフォーラム会員である、小林さん、兼永さん、大前さん、

倉敷緞通の瀧山さんにお手伝いいただき、搬入・展示をしてきました。

年2回の恒例行事となっているこのイベント。

もう皆さん慣れたもので、手際よく作業が進んでいきます。

 

 

そして展示が終了。

今回は「涼夏」をテーマにした会です。

藍色の染めや、砥部焼・有田焼の染付の器、ガラスの器など、

涼しい夏を演出する手仕事を揃えました。

カゴやざるも色々と持ってきました。

 

是非ご来場ください。

【日本の手仕事展・涼夏の会】
2019/7/11〜7/17 10:00〜19:30
※金・土曜は20時まで、最終日は17時終了
福屋八丁堀本店 7F ギャラリー101  広島県広島市中区胡町6-26

会期中、以下の日程で久野が在廊します。
7/11,12,13,16,17

| 久野民樹 | お知らせ | 04:44 | - | - |
ロサの「竹かご展」

愛媛県松山市 ロサでは、先週末から

竹かご展が始まりました。

竹細工だけを集めた店内は清々しい

竹の香りに包まれています。

 

松山市で竹細工をしている西原さんが

作った青物。

湯かごや買い物かご、網代ざるなど。

 

養蚕農家で使っていた桑の葉か繭を入れる

寸胴の大きなかご。小さいのはチリかごにちょうど良い大きさになりました。

 

竹を採れるぎりぎりの時期(一月下旬頃)に

切って保管しておいて、会期一ヶ月前から

制作し、竹の青さをそのままに届けてくださいました。

 

どれもしっかりがっちりと編まれていて、

網代ざるは水切れが良いと好評です。

ざるの縁は籐で巻いてあります。

籐のほうが柔らかくて縁を巻きやすい

のですが、最近では籐が高価になって

いるので、今後は全て竹にするだろうと。

縁に使う竹は本体を編む竹とは別に

若い竹を使いますが、籐で巻くよりも

とても技量のいる仕事です。

 

| 管理人 | お知らせ | 04:06 | - | - |
手仕事フォーラムHP「昔の物 今の物」アップしました

手仕事フォーラムホームページ連載手仕事レポート

「昔の物 今の物」vol.108 恵比須と大黒をアップしました。

ぜひご覧ください。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol108.html

| 管理人 | お知らせ | 11:12 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック