手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
朝日新聞 愛媛版 連載 「手仕事さんぽ第5回目」

9月の記事は「砥部焼・梅山窯」です。

img055.jpg
 
砥部には柳宗悦、バーナ−ド・リ−チ、鈴木繁男、濱田庄司が訪れ、作陶に関する指導を行いました。
砥部焼といえば“呉須で描かれた唐草”が代表的ですが、この呉須も濱田庄司の提案によって、古い時代の砥部焼の染付が復活しました。
梅山窯には古陶資料館が併設されており、砥部焼の歴史を見ることができます。

藤岡 葵

| 管理人 | お知らせ | 09:33 | - | - |
2019日本の手仕事カレンダー入荷しました

小田中耕一氏による日本の手仕事を題材とした型染を印刷した「日本の手仕事カレンダー」が今年も出来上がりました。

簡素で美しく温かみのある意匠は、小田中氏の人柄と、芹沢げ靆膕爾燃悗鵑覇世心恭弌代々続く染物屋の伝承した技によるものです。

小田中耕一さんによるホッとできる温かい型染のカレンダーを、ご自宅のインテリアやオフィスにいかがでしょうか。

詳細は下記のページをご確認くださいませ。

 

http://teshigoto.jp/forums_activity/event/2019calendar.html

| 管理人 | お知らせ | 09:25 | - | - |
九州のうつわ展 @リブロ福岡天神店


すでに会期も後半となってしまいましたが、リブロ福岡天神店にて「九州のうつわ展」開催中です。

小鹿田焼や小石原焼をはじめ九州各地の民窯の製品が所狭しと並んでいます。
お近くの方は是非お立ち寄りください!


九州のうつわ展

会期 9/4(火)〜10/1(月)

会場 リブロ福岡天神店  福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋本店本館7F

電話番号 092-717-5180 

営業時間 10:00〜20:00

| 副島秀雄 | お知らせ | 07:45 | - | - |
愛媛民藝館にて「倉敷の手仕事展」

IMG_3537.jpg

9月22日(土)-30日(日)
9時-16時半 月曜日定休
愛媛県西条市明屋敷238-8
0897-53-2110

IMG_0584.jpg

倉敷での全国フォーラムで見学させていただいた本染手織研究所、倉敷硝子の小谷栄次さん、
倉敷緞通の瀧山さん、いかご作りの須浪さんらの展示会が愛媛民藝館で開催されます。

IMG_3448.jpg
IMG_3467.jpg
IMG_3475.jpg

ひとつの町の中に豊かに暮らせる手仕事が集まっている、
そんな倉敷が素晴らしいなと思います。

ちょうど良いタイミングなので、ぜひ足をお運びください。

| 門田真記子 | お知らせ | 11:37 | - | - |
全国フォーラム2018 in 倉敷

倉敷にて開催の「全国フォーラム 2018 in 倉敷」が無事に終了しました。

昨日は公開フォーラムとして、倉敷市立美術館にて
「倉敷の手仕事のいま」をテーマにしたトークセッションが行われました。
倉敷ガラスの小谷真三さんと小谷栄次さん、
倉敷本染手織研究所の石上梨影子さん、
倉敷緞通の瀧山雄一さんに登壇していただきました。
倉敷ガラス 小谷真三さん、小谷栄次さん
倉敷本染手織研究所 石上梨影子さん
左:倉敷緞通 瀧山雄一さん
倉敷に本染手織研究所を立ち上げ、街並みの保存に尽力し、
民藝運動最後の実践者と呼ばれた外村吉之介に始まる倉敷の民藝の流れ。
壇上の現代の実践者たちが仕事をする様子を実際に見せていただき、
大いに学ばせていただくと同時に、何かやらなくてはという気持ちになります。
毎年開催する全国フォーラムで、参加者の気持ちがひとつになります。
この流れが止まらないよう、私たちも担い手として、
この素晴らしい世界をより多くの方に知ってもらうために
できることを実践していきたいと思います。
| 指出有子 | お知らせ | 12:37 | - | - |
手仕事フォーラムHP「昔の物 今の物」アップしました

手仕事フォーラムホームページ連載手仕事レポート

「昔の物 今の物」vol.106 失われし物 をアップしました。

ぜひご覧ください。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol106.html

| 管理人 | お知らせ | 17:20 | - | - |
朝日新聞 愛媛版 連載 「手仕事さんぽ第4回目」
8月の記事は「内子座文楽と自在鋼房」です。
 
img045.jpg

内子座文学ホームページ
https://www.town.uchiko.ehime.jp/site/uchikoza/

内子スタディツアー時の写真がありました。
現在はお芝居、劇、コンサート、講座など多種多様な催しに使われている内子座。
その昔は取り壊し・駐車場への転用計画もあったようですが、
保存運動の末、今日に至るようです。
SANY1149.JPG

さて、この“燭台”は、手仕事フォーラム2018年の壁掛けカレンダー12月にも登場していますね。 
8_000000001234.jpg
moyais 手仕事・民藝のうつわ より

鍛冶屋 自在鋼房 の手仕事の品といえば、まずは燭台からと思い、私も数年前より手元に置いています。
黒鉄の重厚な出で立ちはかっこいいです。頑丈でどっしりとした存在感がありますが、
ゆったりとした曲線は、美しく優雅な香りが漂います。

朝日新聞 愛媛版 
連載期間:平成30年4月〜平成31年3月の毎月第3木曜日

藤岡葵
| 管理人 | お知らせ | 09:22 | - | - |
夏のうつわと型染め/手しごと

728305e31eb608b29e902778dc7bdd71.jpg

 

尾山台・手しごとで開催中の「夏のうつわと型染め」展(7/21-8/20)が、会期を延長します。

8/26まで!!

週末に、ぜひお越しください。

 

http://oyamadai-teshigoto.com/con/blog

| 管理人 | お知らせ | 10:34 | - | - |
葛布の表紙

日本民藝館で「書物工芸」展を見てきました。

 

IMG_1686.jpg

IMG_1874.jpg

 

所蔵の古典籍(主に江戸時代までの書物)の中から柳宗悦蒐集の挿絵本や仏教関係の書物の表紙や挿絵の数々。

私版本造本においては、和紙の選定、余白、文字の大きさ、糊付けまでも、
徹底して「工芸」にこだわった装丁、そしてその細やかさ、美しさに圧倒されます。

それらの中には、倉敷本染手織り研究所元館長の外村吉之介氏が織られた葛布が表紙になっている「工藝の美」(経糸は絹)や「私の念願」も展示されていました。

 

IMG_1685.jpg


倉敷での全国フォーラムまであと3週間ほどです。
予習の一つとして是非こちらでも外村吉之介氏の遺した仕事を見られてはいかがでしょう。

 

日本民藝館
書物工芸−柳宗悦の蒐集と創造  
2018年7月3日(火)〜9月2日(日)

| 山崎綾 | お知らせ | 17:15 | - | - |
手仕事フォーラムHP「いただきます」を更新しました

手仕事フォーラムホームページ「いただきます」を更新しました。

今回は「紋カレイの煮付け」です。

ぜひご覧下さい。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/itadaki/072.html

| 管理人 | お知らせ | 11:00 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール