手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
外村ひろさんのお宅で

先日、ノッティングを製作されている外村ひろさんのお宅ににお邪魔しました。

 

11/30から尾山台・手しごとではじまる、「倉敷の手仕事展」で紹介する

ノッティングの受け取りと取材のためです。

手しごとのブログに掲載されていますのでぜひご覧ください。

http://oyamadai-teshigoto.com/archives/9132

 

たまたま私の自宅と近所ということもあり、

作っていただいた物を受け取りに度々お邪魔するのですが、

ひろさんが大切に使われている物を見せていただくのも楽しみの一つです。

義父にあたる外村吉之介さんから贈られたものという、

良く使い込まれたアイヌの盆で、お茶を出してくださいました。

| 管理人 | いろいろ | 06:52 | - | - |
沈壽官窯の器を使って撮影

来年リリースに向けて沈壽官窯とのプロジェクトが進んでいます。

今回は、「SILTA」次号に掲載するため、実際に器を使った写真を撮影。

試作段階のものをつかって、撮影しました。

「手しごと」のある尾山台のビストロ、「レ・シュヴルイユ」さんに

ご協力いただきました。

 

料理をのせる前の器たち。

料理をのせて。

期待通り。白薩摩の柔らかな白い肌合いが料理をよく引き立てます。

今回は洋食器を使いましたが、使い勝手が良いのがよくわかります。

江戸時代、白薩摩は殿様が用いる器として、

庶民の生活とは切り離された存在でした。

その風格と白薩摩の持つ良さ、美しさを引き継いだ、

現代の私たちの生活に馴染むうつわになりました。

 

季節や器をもとに、メニューを考案してくださった料理も、

もちろん素晴らしかった。

(あとで美味しくいただきました)

 

ビストロ レ・シュヴルイユ

〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-1-9 宮坂ビル101

Tel: (03) 6432-1816

ランチ(金・土・日・祝) 11:30-14:00

ディナー 18:00-23:00 

定休日 毎週火曜日・月曜日不定休

https://leschevreuils.jimdo.com/

| 久野民樹 | いろいろ | 02:30 | - | - |
グラフィック社の仕事

久野恵一監修『民藝の教科書』シリーズ/グラフィック社
久野恵一と民藝の45年『日本の手仕事をつなぐ旅』シリーズ/グラフィック社
手仕事フォーラム編・小田中耕一型染『日本の手仕事 型染 ポストカードブック』/グラフィック社

グラフィック社刊行のシリーズは、久野恵一さんが残してくれた手仕事フォーラムにとっての大きな遺産です。
おそらく、それ以上に、手仕事(や民芸)が注目される近年の社会の中にあって、これらのシリーズは手仕事を語る上での最も実践的な基礎資料として注目され、最大限に利用されている書籍ではないでしょうか。
なぜなら、書店を歩いていると、書棚のどこかで必ず目にすることができるのですから。

二子玉川 蔦屋家電/7月
IMG_1847.jpg

MARUZEN & ジュンク堂書店 渋谷店/8月
染織関係の書棚で・・・型染ですから
IMG_1929.jpg

松屋銀座 デザインギャラリー1953/9月
デザイン関係の書籍に囲まれて・・・デザインが手仕事ににじり寄ってきている?
IMG_2351.jpg

久野さん、小田中さん、そしてグラフィック社に感謝しつつ、もっと勉強しなくては。

| 管理人 | いろいろ | 15:18 | - | - |
宮内窯のポット

IMG_2876.jpg

石州・宮内窯のティーポットです。
小さい白は、もっぱら急須として使っていました。
大きな黒は、仙台の山崎さんが「レ・ヴァコンス」10周年の記念に宮内さんにつくっていただいたもので、
そのことをインスタグラムで知り、早速注文しました。
ティーポットとして、紅茶やコーヒーに使っています。
白も黒も、ふっくらとした丸みが好きです。m.o

| 管理人 | いろいろ | 17:53 | - | - |
台風一過

台風に備えてベランダの“みなさん”を取り込むときに折れてしまったホトトギス。
けなげに咲いています。

IMG_2803.jpg

ガラスは熊野本宮硝子の楊枝入れ・・・久野恵一さんと本宮ガラスを訪ねたときに手に入れたもの。
この工房は久野さんも初めてで、以来、手仕事フォーラムでもここの仕事を扱うようになりました。

DSCN8727.JPG

2012年8月・・・雨の中の旅でした。

| 大橋正芳 | いろいろ | 01:13 | - | - |
眼福、そして口福
IMG_2771.jpg

いただいたブドウを沖縄の唐草模様に・・・爽やかな緑を柔らかな緑が包みます。
| 大橋正芳 | いろいろ | 15:56 | - | - |
秋の夜
朝晩すっかり涼しくなりました。
夜風が心地よく、読書を楽しむにはちょうど良い季節。
そんな読書のお供に、先日訪れた鳥取の「たくみ工芸」で、あるものを買い求めました。

?.jpg
弓浜絣のブックカバーです。
購入時は全国フォーラムの受付や見学が押し迫っており詳しく聞けませんでしたが、竹と鳥の紋様でしょうか。
どこか懐かしく愛らしい雰囲気に、ついつい手にとって表紙を開いてしまいます。

ジムノペディを流しつつ、夫婦で読書。
鳥取フォーラムの余韻を感じつつ、ゆったりと時間が流れる秋の夜です。
?.jpg

フォーラム会員
山田宗平
| 管理人 | いろいろ | 18:47 | - | - |
中川原さんのアケビ蔓の仕事
IMG_2588.jpg

秋田・横手のアケビ蔓細工名工、中河原信一さんを久しぶりに拝見・・・
NHKイッピン「山から生まれた暮らしの道具 〜秋田・工芸品〜」の再放送で。
お元気そうな中川原さん、いつの撮影なのでしょう。

アケビ蔓細工は元々は農具など日常の用具として使われていました。
IMG_2560.jpg
カゴに持ち手をつけておしゃれなカゴにしたのが、信一のお父さん、十郎さんでした。
IMG_2563.jpg
IMG_2565.jpg

名工と謳われた父の跡を継いだ信一さんの仕事もまた、名工の名にふさわしいものです。
IMG_2586.jpg

IMG_2567.jpg
まさに逸品。
 
| 管理人 | いろいろ | 11:17 | - | - |
手しごと「島根のやきもの展」
尾山台の手しごとに、
森山窯 / 湯町窯 / 出西窯 / 宮内窯 / 嶋田窯 / 永見窯
島根各地の窯元の焼きもの集まっています。
いずれも日常に使いやすいうつわです。店内には、それぞれの個性が静かにたたずんでします。
手にとってみてください。連れて帰りたくなる一品があるはずです。
10/7まで。

IMG_2495.jpg

今日は尾山台のカフェで定例の手仕事フォーラム運営会議がありました。
会議の直前、参加メンバーのほとんどが手しごとに来ていて、それぞれが一品を物色していました。
おつかれさまでした。
| 管理人 | いろいろ | 22:19 | - | - |
“クローズアップ”鳥取民藝美術館
今月初めに行われた「全国フォーラム 2019 鳥取」・・・ブログの報告もアップされなくなりました。

不調のPCと格闘しながら見つけた写真から、鳥取民藝美術館での“クローズアップ”を少しアップします。

階段
IMG_2100.jpg


IMG_2097のコヒ?ー.jpg

掛け分けの抹茶碗
IMG_2078.jpg

束熨斗模様の筒描き
IMG_2095.jpg

いずれも使い込まれた美しさ、なのでしょう。
(全体を見ないで、つい部分に目がいってしまう・・・素材やその表情が気になって/大橋)
| 管理人 | いろいろ | 21:55 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック