手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
今週の“#つなげよう日本の手仕事”8.31-9.6

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

倉敷緞通のテーブルランナーと涼しげな太田潤さんの丸い花器。
118521642_324154369021268_2889426940274341139_n.jpg

仕事に行き詰まったり、悩み事が多くストレスを感じたりした際、私は時々、坂本茂木さんの美しい大皿(尺八寸)の前に佇み、向き合うことがあります。
すると、なぜだか私の心が解き放たれ、気持ちが前向きになることが多いのです。不思議な力を持つ器ですね。
118462306_139403091176384_3702838785798366179_n.jpg

小鹿田焼の大きな鉢です。
家族での食事の時はたっぷりのサラダを盛りつけ一人での麺類の時は贅沢に鉢の模様を楽しみながら気分良く使わせてもらいます。
この日は、そうめんに大葉とインゲンをたっぷり添えました。
朝夫さんらしい、おおらかさが出ている大好きな鉢です。
118699409_252363969169379_7430015938562850006_n.jpg

照屋佳信さんの窯で見つけた白イッチンのお皿はお気に入りのひとつです。
118651876_345250049984552_8785273432086797800_n.jpg

シリアルにコーヒーで!
118694348_308719183727777_3626333787698414974_n.jpg

暑さが続きます。冷たい麦茶を・・・熊野本宮ガラスのグラスです。
久野恵一さんとの熊野の旅で見つけた工房で、非売の試作品を譲っていただいたもの。
118764036_337284703989595_1984633464954057496_n.jpg

湯呑みぐらいの小さな植木鉢に、サボテンの株分けをしました。猛暑でもサボテンは元気です。
数年前に初めて行った小鹿田の民陶祭で買ってきたもの。
左は柳瀬朝夫さん、右は坂本浩二さんの窯のものだったと思います(違ってたらごめんなさい)。
118811770_354040275637911_8277400414152207048_n.jpg


 

| 管理人 | いろいろ | 12:20 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”8.24-30

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

照屋佳信さんの花瓶(角瓶)です。
金城次郎さんの壺屋時代の作品が好きで、集めてもいたのですが、もやい工藝の棚の上にこれを見つけた時は思わず絶句。次郎さんの作品かと思い、体が震えました。
この時が照屋さんを知る初めてでした。以来、照屋さんは特別な存在となりました。
118086003_3237200423025465_7720232252826099658_n.jpg118409563_3627736430611314_9179170775695132128_o.jpg

職場の業務を終えて帰宅した後、必ず倉敷ガラスにヨーグルトを入れて食べるのが私の日課になりました。
たっぷりとはちみつとバナナを入れて食べるヨーグルトは、最高です。
118144680_178589523777890_1645390001436070480_n.jpg

職場の机の上のマグカップ。
あたふたしたときも、失意のときも、抜群の安定感と堅ろうさで、私をささえてくれています。
永見克久さんのマグカップ。
118229213_2802499899995679_1064018864587398928_n.jpg

壁に映る影にも見惚れてしまう倉敷硝子。
卓布は山内武志さんの藍の型染です。
118341579_1218652671837849_559071229244752667_n.jpg

先日、もやいにて買い求めたモール鉢にマザーリーフを生けて。
テーブルを彩る夏の涼。
118281733_344137963393259_2081118698543229809_n.jpg

わが家では、今年の7月中旬に「紫蘇ジュースづくり」の作業に取り掛かりました。岩手の上平さんに作っていただいた「横駄かご」に紫蘇を入れて準備をはじめました。
手作りの紫蘇ジュースは手間がかかりますが、非常に美味しく、毎年、夏が来るのが楽しみです。
出来上がった紫蘇ジュースを星耕硝子に入れて飲みました。紫蘇ジュースに焼酎を入れても美味しくいただけます。
118472263_363817884784225_7612833538292732636_n.jpg118244485_3643272605724363_4518114389461286575_o.jpg

普通のオカズが華やぐ手仕事
118455282_1232801977064629_3913995784181339144_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 10:17 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”8.17-23

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

暑さの中、味も見た目もさっぱりと。
手しごと特注のあえて模様なし砥部焼中田窯のお皿にズッキーニと玉ネギのサラダ。
117806120_312595273125815_4403388056247304642_n.jpg

小石原、「太田熊雄ファミリー」の豆皿です。ぬか漬け。
よく焼けて、欠けた所もいい味出してます。どっちかな。
117544152_187953939407648_5851566414506833650_n.jpg

至福の朝食タイム。
117682135_2676640695985327_6328930323980514351_n.jpg

森新緑さんの瓶テボ。ビール瓶が6本入るカゴです。
20年近く前の民藝館展でポツンと残っていたので買った記憶があります。遅まきながら手仕事について勉強をはじめたころでした。
真ん中に仕切りがあり、取っ手も長いので日常には使いにくい(だから売れ残っていたのか・・・)のですが、青々とした竹が経年変化でいい色になり、今はそれを楽しんでいます。
117773031_357418778617571_5946059660266014525_n.jpg

私にとって手仕事の品は生活を支えてくれる、かけがえのない存在です。
私の職場に集う仲間たちにも手仕事の品を紹介したく、仕事場では手仕事の良品を多く使っていただいています。とりわけ、小鹿田焼の器たちが職場の朝食および夕食に活躍しています。
手仕事の品に敬意を表し、日々、感謝を込めて使わせていただいています。
118182104_126195422184619_6074014919195138023_n.jpg

泡入りガラスの平皿、淵の折り返しがナイス!です。
冷たくしたお皿は、夏の一品これに過ぎたるは無し!!
118184027_2682242712018109_7936652106561834579_n.jpg

パン皿にコロッケサンドとフライドポテトを。暑い夏は朝からガッツリ!です。
ソースは太田哲三窯さんの小皿を使っています。豆皿サイズですね。ソースにお醤油にとっても重宝します。
パン皿も大きくもなく小さくもない。使いやすい大きさです。
どちらも我が家必須アイテムです。
118176002_812243099513710_7188638443788137009_n.jpg

わが家では暑い日の昼食に冷やしうどんを作って食べています。
私は黒木昌伸さんのお気に入りのお皿(右側)で食べています。美しい器で食べると食欲が湧きますね。具をたっぷり入れても完食です。
食べ終わった後に、器をじっくり鑑賞するのも楽しみの一つです。
117984023_997985710623793_6241674670013058874_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 10:18 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”8.10-16

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

 

尾山台・手しごとの閉店セレモニーのために、同じ尾山台のビストロにオードブルをお願いしました。
シェフ自らうつわに盛ってくれました。
洋のワンプレートも見事に受け入れ、テーブルを引き立てるやちむんの懐の深さ。

117253964_771111926957032_4852766493598366247_n.jpg

 

島根・石見焼宮内窯の角皿は様々な料理に使うことができて便利です(尾山台で買いました)。
ホウボウの香草焼き(焼き過ぎ)が少しはみ出てしまいました。

117375350_4625162637494635_1256090537308729529_n.jpg

 

小鹿田焼のマグカップとやちむんの皿を使ってシフォンケーキとコーヒーでちょっと一息。

117321103_1204219976579847_6065717545373526134_n.jpg

 

今日も暑くなりそうだ!
見てると笑みを誘われて、心がやわらかになるこのフォーム。
身近な手仕事の品は、こうでなくっちゃ。
森新緑さんのメテボ。

117232085_332094814588853_8976844901652256325_n.jpg

 

梅の土用干しが終わりました
奈良の瑜伽さんで、もとめた宮内窯の壺に入りました。

117296683_299400807817001_6224317028953091908_n.jpg

 

次々に花が咲き続ける小さなムクゲ、気分を変えて沖縄のやちむんに挿しました。
花挿に使ってますが徳利でしょうか、高さ13僂半ぶりですが1合以上入ります(鎌倉で買いました)。

117315878_932132437288768_8231483460394091603_n.jpg

 

小鹿田焼のすり鉢で黒胡麻をすり、調味料を加え、水菜などを和えて食卓へ。
道具としても、うつわとしても万能なすり鉢です。

117725154_426929478263213_4473670916359414090_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 16:09 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”8.3-9

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

お弁当に使うこまごましたものを、沖縄のやきもの やちむんの蓋物に入れて。
蓋を開けたらプリン!と驚かせたこともある一品です。
116742787_2608914699330719_2666229885432194428_n.jpg

クルミの鉈入れがベースの花入に、小さななムクゲを一輪。
116435892_1383065315232306_877484053549367898_n.jpg

兵庫県 丹波立杭焼”しのぎ”の技法が施された皿は、ワンプレートランチで。
おこわの上のしそ巻きは、宮城定番のごはんのおともです。
116702418_669679726950297_8730148091431183032_n.jpg

普通に枝豆です、薩摩の白もん5寸浅鉢に。
116859522_295688411520005_2808670460040287472_n.jpg

汗をかきながら七輪でひねポン(親鶏のポン酢漬)作り。
小鹿田の器は屋外で使うとなお美しく、バーベキューなどにもぴったりです。
117223793_116819646790213_7991418757836290020_n.jpg

木綿のノッティング。
暑いこの時期でも涼しげです。
116946464_1094731204318965_3963796731453019543_n.jpg

大好きな甲州印傳の小銭入れです。
そこに、御守り代わりに鯨細工の根付です。雄大に泳ぐくじらの姿も大好きです。どちらにも伝統文化を感じます。
いまは回数券を入れて使っています。
117174929_321471409212100_241377591825013599_n.jpg117230870_3579954335389524_2592793428317307326_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 16:08 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”7.27-8.2

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

工芸店“民芸のある暮らし”「手しごと」は、東京・世田谷の尾山台を閉めたうえで新たな出発をはじめます。
きょうは尾山台のお店に関わった方々が集まって閉店式?を行いました。
ささやかな、というお知らせでしたが、久野民樹さんの計らいで、美味しい料理とシャンパンが用意されていて、なんとも前向きな明るい店仕舞いでした。三鷹で再会!!!
109815661_205875350852929_5412490365172644517_n.jpg

竹かごにお気に入りの湯吞やコーヒーカップを入れるだけでおしゃれに見えるのが、不思議です。
暮らしの中で竹細工を使うことの奥深さを感じます。
115616614_949283918817903_4673579099417832217_n.jpg

グリーンのラインが入ったガラスコップ。
熟れたスイカとヨーグルト、庭に実ったブラックベリー。
クリアなガラスが緑、赤、黒の色を引き立ててくれます。
ガラスの中に入った気泡が涼しい風を運んでくれるよう。
116153415_949498272144792_1242711714958241974_n.jpg

脱プラスチック生活をめざして導入した脱衣かご。山盛りにならないうちに洗濯をするのが日々の目標。
116436849_161774562103523_2259702991661719977_n.jpg

ハレとケの椀。
ゆるく使い分けています。
暦だけで無く、少し良い事があった日。
個人的に、少しだけ特別な椀です。
116686902_665397807389437_4989139244242235223_n.jpg

新潟・三条で求めたざる。地元の方が編んでいるとお聞きしました。二重菊底脚付き。
今日は茹で野菜に使いました。ある時は、茶碗籠にもなります。
竹ざるを手に取ると、竹ざるが目に入ると優しい気持ちになります。
116617444_171293024502747_6348679790434540238_n.jpg115930518_3554461974605427_7731739930584472992_n.jpg116875936_3554462041272087_2010782001538114387_n.jpg

小鹿田、黒木昌伸さんの鉢に白トウモロコシ。
116731283_720557048725543_4016233791089515471_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 15:19 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”7.20-26

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

豚肉といえば沖縄の皿の出番。力強い沖縄のお皿からも豚角煮からも元気をいただきます
109297448_288195889183235_4763349074343346885_n.jpg

砥部焼中田窯さんの5寸リム皿に大好きなキャロットケーキを。
109183385_961305954309297_3229214928835553526_n.jpg

小さい玄関にも緞通を。猫が生前よくこの上で寝ておりました
110024081_112359927081320_3610323662381364906_n.jpg

今、我が家の玄関はやちむん特集です。
疲れて帰ってもこれを見るとホッとします。
次はガラス特集の予定です。
114419468_116712893239565_7701966934816569974_n.jpg

湯町窯 エッグベーカー
豚の角煮が美味しく出来上がりましたよ。
IH化した我が家では、アウトドア薪ストーブに乗せる以外には小鉢としての出番が多いエッグベーカーです。
111264700_1224424127898767_6202408224387876667_n.jpg

数年前手に入れた刷毛目四寸皿。
今回やちむん展で六寸が新たに加わりました。
我が家で使われた数年、作り手側の数年。
異同を、変化を楽しめます。
113028917_752485355498390_7495343935747718765_n.jpg

沖縄のやきもの やちむんのピッチャーと、大分 小鹿田焼の花瓶をキッチンに。
日に何度も立つ場所でいい眺めです。
116265303_151346783199836_7599517015774143491_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 07:59 | - | - |
定位置
IMG_7236.jpg

二子玉川の蔦屋家電の書棚には、必ず『日本の手仕事をつなぐ旅』シリーズと『民藝の教科書』シリーズが並んで居ます。
ときどき買い物にゆく調布パルコの書店にも、ほぼ決まってグラフィック社のこのシリーズが置いてあります。

IMG_7339.jpg

久野恵一さんが残したこれらの著作は、手仕事の素晴らしさを具体的に伝えための大切なシリーズとなっています。
全国各地の書店で、日本の文化を考えるコーナーに定位置を占めていることに、改めて亡き著者に敬意を評し、版元に感謝したいと思います。

もちろんわが家の小さな書棚にも並んで居ます・・・ちょいと窮屈そうですが。

IMG_7389.jpg

そうそう、23日はオリンピックの開会式だった、のですね。
| 大橋正芳 | いろいろ | 18:11 | - | - |
今週の“#つなげよう日本の手仕事”7.13-19

“#つなげよう日本の手仕事”は、手仕事フォーラムの会員が、
日々の暮らしで使っている手仕事のすてきな姿を1品あげ、
それを皆さんでつないでゆく活動です。

instagram:https://www.instagram.com/teshigoto_forum/
Facebook:https://www.facebook.com/teshigotoforum/

温海のあけび蔓細工
この籠に入ると艶やかな凌霄花がしっとりして見えるから不思議。時に果物籠、時に花入れ。
「手仕事フォーラムかごとざる展」が倉敷の「ギャラリー幹」さんで開催された時求めました。
作り手の本間さんは今も作っていらっしゃるのだろうか?
107388336_557344291611291_6523487426874959927_n.jpg

毎日この籠に今日の晩酌で使いたい手仕事の器を入れて、自分の部屋から食堂へ運びます。
今晩は照屋さんのカラカラと盃で泡盛をいただきます。
108440047_709656629887704_8608492820492013165_n.jpg108178953_3502673363117622_6737391163922085297_o.jpg

お腹減ってないからと家族が残したトースト。ココナツオイルと少しの洗双糖でソテーしておやつに。
洗い桶にあったエッグベーカーに入れてみたら素敵に変身。今度は忘れずにシナモンを振ってホイップクリームを添えたい。
107569417_3099569963412131_1126152406079908595_n.jpg

綺麗な「しのぎ」が縁取る皿に真っ赤なトマトサラダ
食卓にお花が咲きました
109210743_182926846525242_7211725163682005235_n.jpg

展示会場に入った途端に目に留まり、その後ゆくっりと他の民藝品も見ながら売り場を3回ほど回って、まだ壺のエネルギーに引っ張られていたので買い求めました。
我が家の花器は、お正月の祝い花や薔薇の花束も、殆どこの壺ひとつに引き受けてもらっています。
107826865_752640828806319_6983807854602595321_n.jpg110305809_3511374932247465_6229081920458483884_o.jpg

尾山台手しごと最終日、思い出に星耕ガラスのモール深小皿を購入。早速夕飯にサラダを盛ってみました
110374473_2699149003658733_6844036334336479006_n.jpg

もやい工藝で購入した戸隠の野菜かご入れです。竹細工の使い方はいろんな工夫でさらに暮らしを美しくできます。
わが家ではステキなデザインの風呂敷や手ぬぐい、倉敷緞通などを入れて楽しんでいます。眺めているだけで、心が落ち着きます。底から胴にかけての網代編み、巻ふちが圧巻です。
109337327_3121570811269350_4385206925012213621_n.jpg

| 管理人 | いろいろ | 19:23 | - | - |
『SILTA』41号

IMG_7360.jpg

手仕事フォーラム会報誌『SILTA』41号ができました。
会員の皆様のお手元にはすでに届いているかと存じます。

41号はたいへん遅くなりましたが、
小鹿田の名工・柳瀬朝夫さんの追悼記事を掲載しました。朝夫さんの仕事と人柄を偲び、冥福を祈りたいと思います。
また、コロナ禍による厳しい現状を踏まえて、これからの手仕事フォーラムの活動について久野民樹さんが語りかけています。
久野さんはここを転機としてとらえ、SNSによる発信、ネットショップ「手しごと」の拡充など、美しい手仕事の世界を今以上に広げてゆくための行動を開始しました。
ホームページの充実もこれからの活動の大切な柱の一つと考え、そのための支援を募ることとしました。
会員の皆様と集まる機会は当面少なくなりますが、代わる方法で今まで以上の活動を続け、活動の場を広げてゆきたいと思います。

『SILTA』のご愛読とともに、フォーラムへの今までに勝るご支援をお願いいたします。

 

| 管理人 | いろいろ | 23:40 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック