手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
「さわのはな」と「あきたこまち」

手仕事フォーラムでは、農業も手仕事のひとつと考え、安心安全な農作物を作る農家さんを応援しており、山形県新庄市の佐藤恵一さんのお米を毎年販売させて頂いています。

無農薬無化学肥料で栽培された「さわのはな」と減農薬で栽培された「あきたこまち」です。

 

手仕事フォーラムの集いで何度か「さわのはな」を食べさせて頂き、その美味しさを知っていたので、家族にも食べさせたいと秋に新米を注文したところ、4歳の甥っ子がよく食べるよく食べる・・・安全なものは美味しい、そして美味しいものは子どもにもわかることを実感しました。

 

今回は、「さわのはな」と「あきたこまち」を5キロずつ注文してみました。

早速、食べくらべてみます。

「さわのはな」は味が濃く、噛むほどに旨味が感じられる美味しさで、「あきたこまち」は華やかな甘さという感じの美味しさで「こまち」という名前がよく似合います。

 

「さわのはな」は、昭和36年に山形県尾花沢で生まれますが、肥料が多いと伸びて倒れやすく、少ないと収穫量が少なくなり、胚芽が大きく精米への歩留まりが悪いため、販売には適さず、一部の農家の方だけが自家用に作り続けたお米です。

以下は、佐藤さんの言葉です。

「戦後の東北・山形が生んだ文化遺産ともいうべきこの在来種をトラストにかけます。きたるべき遺伝子組み換えイネを撃つために。作る人、食べる人が共に手をたずさえ、燎原を焼き尽くすような運動を始めましょう。」

私たちは、食べることで作る人を支えていきたいと思います。

 

美味しいものは美味しい、その美味しさを手仕事のうつわで味わってみませんか?
どちらも冷めても美味しいので、これからの季節、おにぎりにしてお花見に持っていくのにぴったりです。

ご注文は手仕事フォーラム事務局で承っております。

 

 

| 瀬部和美 | 食べる | 18:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック