手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
中川原さんのカゴ作り

秋田のアケビ蔓細工職人、中川原信一さんのお宅で製作過程のお話など。

 

自ら山に入り、採ってきたアケビの蔓。


アケビといえば、木などに絡むように生えているイメージがありますが、

そのようなものではなく、地面をまっすぐ這って生えている蔓を探して、

山の中を歩き回ります。

季節は秋口から雪が降るまでの1ヶ月程度。

たくさん採れるときもあれば、ほとんど採れない時もある。

 

採ってきた蔓は一本一本、一つ一つ節(出っ張り)を切り除きます。

触れた時、手に引っかからないように。

「だから中川原さんのカゴは触った時に優しく感じるんですね」と言うと、

「それはつくってる人が優しいからだ」と(笑)

 

そして、日光に晒して乾燥させたあと、さらに2ヶ月以上陰干しして、

しっかり乾燥させます。

十分乾燥させてから編まないと、つくった後に緩んだり型崩れしてしまうそう。

 

編むまでの隠れた作業が一番手間がかかります。

 

どんなことも一つ一つ丁寧に、実直に取り組まれる

中川原さん夫妻の姿勢が仕事に表れていることを

強く感じる時間でした。

 

| 久野民樹 | つくる | 11:31 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック