手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
倉敷にて倉敷ガラスを見る

 今年のゴールデンウイークは、おおむね天気も良く、観光地は人出も多く、

商売をしている人達は一安心といったところでしょうか。

私の実家も自営業でしたので、連休ともなれば稼ぎどき。子供時代は出かける

こともありませんでしたので、未だにそんなことを思います。

 

 さて、私は一日早く休みを取り、始めて倉敷に行ってきました。天気も良く、

ナマコ壁のコントラストが鮮やか。水面を渡る風も爽やかで、そよぐ柳の新芽が新鮮。

一日飽きることなくエンジョイしました。

 倉敷民藝館、大原美術館、川舟流し(笠を被らされて、ゆらゆら揺られながら、とても楽しかった)。

ベタな観光コースをたどりましたが、随所で倉敷らしさを感ました

(私がそれを求めながら見物していたこともありますが)。

 

<倉敷ガラス>

 小谷栄次さんの個展が開催されていたり、小谷真三さんの物が誇らしげに店先に飾られていたり。

どうしてもそちらに目が行ってしまいます。

 小谷真三さんの物は、羨望の眼差しで鑑賞しました。

それでも倉敷に行けば、民藝館や町なかのそこかしこで、目にしたり手に取ることができます。

 久野恵一さんは「手仕事、手吹きなどと言われるが、小谷さんの仕事は“息吹”だと思う。

内面から生まれる息の吹き方が造形をつくり出し、民藝の良さを知る人の心をなごませ、欲しいと思わせるのだ」

と書いていますが、見れば見るほどいいですね。。

 

 駒場の日本民藝館ではめったに展示されることのない小谷真三さんのガラスも、

さすがに倉敷民芸館では質量ともに充実しており、まとめて見ることのできる良い機会となりました。

以下は、町なかで見かけたガラスです。行けばわかるので、店名は書きません。

 

 

 

 

 

 

小鹿田の堂々たる壷が置かれていたり。

 

細い路地には、なかなか良さげな店もあり、また機会を見つけて訪れたく思いました。

 

| 中村裕史 | みる | 06:10 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール