手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
箕について

田代美由紀さんの箕についての報告がありました。
箕は、アジアで広く使われてきた農具で、また、日本では全国の箕の形に共通点があると、
久野恵一さんは繰り返し話しました。
農具としての役割はほとんどなくなった箕を、そいれでも大切にした久野さんは、
その普遍性にこそ、ゆるぎない造形的な美しさがある、と確信していました。


IMG_9524.JPG
(武蔵野美術大学 民俗資料室)

このブログでは、箕のつくり手や制作の様子は報告されてきましたが、
箕が使われている“現場”の報告はほとんどありませんでした。
理由は、農作業の現場を見る機会が少ないこともありますが、
現場で働いているのは農機具で、農具の出番は決して多くはないからでしょう。
とはいえ、今もつくられている箕は、どこかで誰かが使っているはずです。

箕の美しい形の背後には、その使い勝手の良さがあるでしょう。
また、汎用性の高い農具だとも聞きました。
使われ方から手仕事の美しさを学ぶことも、大切かもしれません。
片足を農業に突っ込んだらしい田代さんの、これからの報告に期待しましょう。

| 大橋正芳 | いろいろ | 12:49 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール