手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
芹沢の収集

静岡の芹沢げ霹術館では「芹沢げ陲亮集 ー手仕事の世界地図ー」が開催中です。

20171201芹美.jpg

染色の仕事以外に、芹沢の「もう一つの創造」とも呼ばれる収集は、
レベルが高いだけでなく、世界各地に目が配られていて、
芹沢が「手仕事の世界地図」を描こうとしていたのではないかと言われるほどです。

4,500点におよぶ収集品が収蔵されていて、それは作品とともに企画展の柱の一つになっています。
また、「芹沢げ陲亮集」としてA5版のコンパクトな図録が出版されています。
現在までに、
1「やきもの ー西アジアとヨーロッパー」、2「朝鮮民画」、3「アンデスの染織」、4「沖縄の染織」、5「家具」
の5冊が刊行され、いずれ全収蔵品を網羅する予定、、、と聞きました。
美術館へお越しの際にはぜひお買い求めください。「手仕事の世界地図」を手に入れる第一歩になります。

いま、手元の西アジアとヨーロッパのやきものを見ていますが・・・

IMG_2084.jpg

イギリス18Cのスリップウェアが目にとまりました。

IMG_2080.jpg
IMG_2081.jpg
IMG_2082.jpg

現在の日本で手にすることができるスリップウェアとは、ずいぶん違う雰囲気です。
釉薬がびっしりと密に引かれた皿が魅力的です。
それ以上に、櫛で引っかいたような線の鉢が好きです。
荒々らしいというか、いい加減というか、ここまでくると気持ちが良い!!

今展ではどんな手仕事に出会えるのか・・・21日にフォーラムのスタディツアーとして伺います。
楽しみです。
 

| 大橋正芳 | いろいろ | 14:17 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール