手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
絶えた箕

先日九州の某所で、佐賀で作られていたという箕を見る機会がありました。

九州の箕の産地は、今では南薩地方しかないと思われます。

それも作り手はごくごくわずかです。

 

この箕は佐賀県小城市のある集落で作られていたもので、

持ち主の話によると、40年ほど前まではつくられていたのでは?とのこと。

非常に堂々とした形で、堅牢な作りでした。

 

箕の縁に使われている木は、なんと杉の木。

他の土地の箕は、もっと柔らかくしなる木を用いますが、

わざわざ密植して、細く長く育てるのだそうです。


 

縦に編まれているのはフジ、横は竹です(富山・氷見の箕と同じ)。

桜の皮が補強のため部分的に編み込まれています。

 

日本各地、箕は同じ形ですが、つくりや材料などでバリエーションがあり、

非常に興味深いものです。

 

 

| 久野民樹 | いろいろ | 08:34 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール