手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
近江木綿・紺喜染織へ

滋賀県湖南市の紺屋、紺喜染織さんを訪ねました。

 

風情のある佇まいの母屋をバックに、

当主の植西恒夫さん、明治時代に染めたという藍染の法被を

着て写ってもらいました。

82歳という年齢を感じさせません。

 

中に入ると、藍甕がずらりと並びます。

藍を育て、染料にして、染めるまでの全ての仕事を夫婦2人でこなします。

体力的にもきつい仕事でしょうが、機械化することはありません。

「一部を機械化すると楽をしてしまう、そうすると全部機械になって戻れなくなる」

機械を入れると設備投資や維持費がかさみ、仕事を維持することが逆に難しくなります。

ご夫婦2人で「出来る範囲でやってきた」という植西さん。

こうして貴重な手仕事が繋がれて来ました。

| 久野民樹 | 調べる | 16:24 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール