手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
小代焼ふもと窯 訪問 その1

小代焼ふもと窯にお邪魔しました。

熊本県北西部に位置し有明海にほど近い小岱山(しょうだいさん)のふもとにあるため「小代」であり、「府本」という地名から「ふもと窯」なのだなあ、と思いながらカーナビをセットし、熊本市中心部から約1時間のドライブ。

荒尾市府本付近は広々とした風景が広がる、こんな感じののどかな土地です。

 

曲がりくねった道から細い道に入り少し行くと、どーんと構える立派な佇まいのふもと窯に到着しました。

こちらがギャラリー兼販売所です。(1階が販売所で2階が古作の蒐集品を含む展示場なのですが、販売所の多くの品々と工房の見学で充実してしまい、うっかり展示場を見学せずに帰って来てしまいました。まぁ時間もなかったのですが、なんたる迂闊)

 

そしてこちらが↓工房です。ご覧の通りこちらも大変立派な建物で、内部の造りも確かな質実剛健そのもの。

それもそのはずです。西日本の民藝活動の拠点にと熊本に国際民藝館を作ろうとしていた外村吉之介氏と出会った当主の井上泰秋さんが、深く民藝運動に共鳴し、ご自身の窯を移転して建てたのですから。

最初に入ったギャラリーで奥様と思しき方にどちらからと尋ねられ、手仕事フォーラムのメンバーで東京から来た、と言うと工房に案内してくださいました。(ちなみに工房は見学可能、オープンです)
中にお邪魔すると、井上尚之さんが上釉をかけている最中でした。
ちょうど窯詰めの最中ということで、お忙しそうです。(続く)
| 指出有子 | みる | 09:07 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール