手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
“仏様と神様と”芹沢美術館

IMG_3903.JPG

静岡の芹沢げ霹術館が発行を続ける冊子、その第6冊目が出ました。
芹沢げ陲亮集6『仏画・仏像・神像』です。

やや堅苦しい内容に思えますが、
現在開催中の「芹沢げ陲了裕─彭犬謀玄┐気譴討い訖遊舛燭舛里茲Δ法
ほのぼのと素朴な仏像や神像がほとんどです。
表紙の像は、なんと「阿弥陀如来立像」。
高さ31僂量畋い嚢掌融代のもの・・・隠れキリシタン、かな?

図録の前半を占めるのは仏画、梵字、そして曼荼羅。
芹沢作品に大好きな「四季曼荼羅屏風」があり、収集品の、重文級と思える「種字曼荼羅」をは周知ですが、
芹沢は他にも多数の曼荼羅を集めていたことを知りました。
収集は作品のためではないと言っていたという芹沢ですが、
先人の仕事を徹底的に研究した上で自身の表現世界を創造していました。
そしてそのための研究資料は、必ず一級でした。


芹美が収蔵する4,500点もの世界の工芸品を網羅しようと発行が続けられているこの冊子は、
A5版ののコンパクトさと320円という実に優しい図録です。
1冊1冊、楽しみに集めたいですね。

そうだ、きょう5月13日は芹沢の誕生日です。


 

| 大橋正芳 | みる | 08:58 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール