手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
伊賀スタディツアー報告「紺喜染織さん」 藍染め体験

はじめて紺屋を見学しました。
紺屋を“こうや”と読むことすら知らないほどに何の予習もせずスタディツアーに参加しました。
一足先に着いた私を入口で出迎える植西さん夫妻の、藍を着こなした出で立ちや、玄関の花々に、美への高い意識が感じられて胸が躍ります。

写真1.JPG

フォーラム一行を待つ間、出迎えて下さった植西さんの奥さんに家の前の鉢植えのタデアイを見せていただく。
植西さんの説明によると、タデ科の植物で「蓼(たで)食う虫も好きずき」のタデで、お刺身についてくる黒いアレもタデ科植物の子葉なのだとか。
タデは一年草で、種は一年を超すと発芽率が極端に落ちる。そして連作はできず、4、5年は空けないと植えられないとのこと。
そういえば、戦時中食料増産の目的で藍の生産が禁止されても阿波藍をひっそりと栽培し種子を守った人の話をテレビで見たことがあります。

写真2.JPG

興味深いお話の後は藍染め体験。娘と私のTシャツの染めを体験しました。
まずは藍の色素が減少した薄い甕から濃い甕へと順にTシャツを広げるように浸します。
15秒ほどしたら引き上げて、しっかりと絞る。ぎゅっ、ぎゅっ、と。
ここで「何をゆっくりやっているのか」と注意が入ります。

藍は漬けている間に染まっているのではなく、藍の色素成分が空気に触れて酸化することによってはじめて藍色になる。
だから、もたもたと絞っていると、表面の酸化が進み、ムラになってしまうのだそうだ。
Tシャツやシャツなど厚い生地を染める場合は、この動作を8回も繰り返します。

写真3.JPG

写真ではわかりづらいですが、やはりムラになっていました。
無地は広い面のムラが目立つため案外難しいのだとか。
娘のTシャツはビー玉を輪ゴムで絞った丸い絞りの模様を入れました。綿100%と書いていたのに、ステッチに化繊が使われていたらしく、染まっていません。

写真4.JPG

色々と失敗はありましたが、植西さん自ら藍を建てた貴重な甕で染められたことは楽しい経験となったと同時に、今後の藍染への視点が一歩深くなりました。

さて、藍染といえば日本や東アジアに共通する照葉樹林文化の一つだという認識はありましたが、その起源については知りませんでした。
そこで、二日目の昼食の席で大橋先生にお話を伺うと、日本における藍染の起源は奈良時代ごろで、その頃に技術が大陸から日本に持ち込まれたと考えられているのだとか。
深く知りたいと思い、書籍『藍 風土が生んだ色』を読みました。書籍にはタデアイはもちろん、ヤマアイや琉球藍(キツネノマゴ科)、藍が日本に伝えられる以前の藍色染料として鴨頭草(つきくさ・月草・露草)のことにも触れてあり、大橋先生からお聞きしたものの理解にまでは至らなかった部分を学ぶことができました。
藍の起源から染色の起源にまで発展した先生のお話により、藍だけでなく染色の文化に興味が沸きました。
改めて、職人さんや工芸の世界のプロフェッショナルと直接お話ができる手仕事フォーラムでの機会の貴重さを実感しました。ありがとうございました。

山田宗平

| 管理人 | 報告 | 10:09 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール