手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
大日窯のうつわと水無月と夏のうた

先日、福岡空港に向かう飛行機の機内誌で、和菓子「水無月」についてのページがあり、「そう言えば今年はまだ食べてないなぁ」と思いながら読んでいると、「京都のもの」と紹介されています。

日本全国、6月には水無月を食べて厄払いをするものだと思っていた私はびっくり。

インターネットで検索してみると、節分の恵方巻などと同じく、全国に広がりつつあるものの、まだまだ関東では一般的ではなく、水無月が食べたくても食べられない「水無月難民」なる言葉もあるとか。

さて、あらためてご紹介すると、水無月とはういろうの上に小豆やえんどう豆を甘く煮たものを乗せて二層になったお菓子で、氷を模した三角に切られています。

旧暦の6月30日は夏の終わりにあたり、一年の残り半分も息災に過ごせるようにと願いながら食べます。

私の住んでいる大阪では、6月に入ると大抵の和菓子屋さんで見かけることができ、6月30日を過ぎるとぴたっと姿を消します。

そのうちに、と思っているうちに7月に入ってしまって食べ損ねた年のくやしいこと!

下の層がういろうなので、冷蔵庫に入れると固くなってしまい、美味しく食べるには日持ちのしない儚いお菓子です。

今日は、涼しげなこのお菓子に似合う、大日窯の磁器のうつわに盛ってみました。

すべらかな磁器の肌とういろう生地がよく合っています。

毎年、水無月を食べるといよいよ夏が始まるという気がします。

 

「うのはなのにおう垣根に

ほととぎすはやもき鳴きて

しのびねもらす

夏は来ぬ」

 

どうか、今年後半も皆さんが日々を健康に過ごせますように。

| 瀬部和美 | つかう | 21:22 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール