手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
三斗五升甕の飛び鉋
「浩二さんが飛び鉋を見せてくださるって!」
採土場からもどった私たちに、うれしい声がかかりました。
しかも何と三斗五升甕、小鹿田ならではの大物です。

IMG_1404.jpg

「いっていい?」
といつものチャーミングな笑顔でたずね、
「停まらないからね、ひきはじめたら」
と真顔になるやいなや、
「トーン」、「トーン」と規則的に轆轤を蹴る。
「ウィ〜ン」と鉋をあてる音。
三斗五升甕の飛び鉋がはじまりました。
私たちは息をのんで甕に出現する紋様を見つめています。

IMG_1408.jpg

飛び鉋を引いている間、浩二さんの吸う息、吐く息はよく見えません。
視線は一定の距離を保ったまま動かず、ひきはじめたときの表情で、飛び鉋が終わりました。

IMG_1292.jpg

「どれくらいのことができたら、こんな大物に挑戦できるようになるんですか?」
と聞くと、
「いや、やりはじめたときから挑戦したほうがいい。僕はこういうことに挑戦するのは若ければ若いほどいいと思っているんです。生活が自分の肩にかかってこないうちに挑戦したほうがいい。昼間仕事をして夜に仕事が終わってから自分の時間のなかで挑戦するのではなく、昼間、人目があるときに挑戦する。失敗して人前で恥をかいたとしても、その緊張感のなかで挑戦することが大事だと思う」と。
小鹿田らしい率直な姿と存在感を見せていただきました。
窯元の皆さま、ありがとうございました。
| 後藤薫 | 報告 | 08:47 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール