手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
縄文と民芸

東京国立博物館で開催中の特別展「縄文 1万年の美の鼓動」・・・副題は、「ニッポンの、美の原点。」

20180714のコヒ?ー.jpg

火焔土器はじめさまざまな時代や地域の土器、土偶が会場を埋め尽くしています。当然です。
岡本太郎が縄文を絶賛したのは知られていて、太陽の塔のモチーフと思われる土偶もあり、小さいのですがなぜかハッとします。
1つ1つゆっくり見たら2、3日はかかるでしょう。興味のあるものだけを大急ぎで見ても2時間たっぷり。

さて、出口近くに「作家たちに愛された岩偶と土偶」という一画があり、
あ、知ってる、この土偶・・・柳宗悦旧蔵の小さな、土偶ではなく岩の偶像、岩偶。
並んで芹沢げ雉貘△療擽と濱田庄司旧蔵の土偶が展示されています。

20180714.jpg

左上が柳の岩偶、下が芹沢の遮光器土偶で右が濱田の遮光器土偶。
会場は撮影禁止ですので、下手くそなスケッチで失礼・・・あ、パンフレットに柳の岩偶がありました。

20180714 1のコヒ?ー.jpg

芹沢は、長男の芹沢長介が考古学者でしたので縄文の土偶などを手にすることができました。
その1つを柳に見せたのでしょう、柳は、この岩偶と日本民藝館の収蔵品全てを交換しても良い、と言った、そう語られています。
が、じっさいにはお召し上げになったのでしょう・・・今は日本民藝館蔵となっています。

岩偶も土偶も私たちが知っている民芸とは違う世界のものですが、民芸の同人たちは、民芸に通底する造形美を縄文に見たのでしょう。
中でも柳は、岩偶に粘土でつくる土偶にはない力強さを見て取り、それまでに集めた民芸の品々を超えた美の根源、とでもいうものを感じたのではないでしょうか。

そうか、展覧会の副題「ニッポンの、美の原点。」は、じつはこれを示していたのかも・・・違うかな?
そして私たちが手仕事の美しさを見つけるための美の標準器は、じつじはこの岩偶・・・違うかな?
それにしても、高さ16cmの岩偶1点=収蔵品1万数千点・・・という等式は、なかなか理解できません。

ところで、今回の展示品の中で特に印象に残ったものの1つが“土瓶”です。
茨城県椎塚貝塚出土、縄文時代後期の「注口土器」。

20180714 1.jpg

黒々とした土の色が赤みを帯びた他の多くの土器や土偶と違い目を引きます。
そしてその形は、高さ20cm強、球形に近い張りのある胴体で、蓋こそないものの持ち手も一体につくられた、注ぎ口もしっかりとしています。
まさに土瓶。
私は初めて見ました。スケッチでは伝わらない・・・実物をみたら何かを感じますよ、たぶん。
縄文、おそるべし。

| 大橋正芳 | いろいろ | 23:24 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール