手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
夏のインドごはん

立秋を過ぎても暑い日が続きますね。

日本のこの夏はインドより気温が高いそうです。

そのためか、身体が無性にスパイスを欲し、夏野菜でインド料理を作りました。

38808268_1697462287042804_3765730963246546944_o.jpg

 

メニューは冬瓜のカレー、オクラのスパイス焼き、長芋のサブジ(スパイス炒め)、きゅうりのラーエター(塩味のヨーグルトサラダ)、パニール(インドのカッテージチーズ)と晩柑のサラダ、チキンのスパイシーグリル 、ターメリックライス。

夏が旬のウリ科の野菜が身体をクールダウンすることは日本でも知られていますが、

インドでは、乳製品にも同様の性質があると考えられているそうです。

 

38817992_1697462320376134_2551425975023828992_o.jpg

 

38854588_1697462377042795_6633332308680114176_o.jpg

 

38884796_1697462420376124_7609516776639954944_o.jpg

温かいものは小鹿田焼の刷毛目皿に、サラダは太田潤さんのガラスのボウルに盛りつけて。

淡いスモーキーグリーンの小鹿田に、スパイスをまとい、少し色を染めたとりどりの野菜がよく合います。

太田さんのガラスボウルの中のサラダも涼しげです。

 

ラーエターというヨーグルトソースのようなサラダが入ったステンレスのうつわはカトリといって、

手仕事ではありませんが、インドの家庭や食堂で広く使われている食器です。

 

ちなみにインドでは、全てのお料理をお皿の中で混ぜて頂きます。それがマナーなのだそうです。

混ぜて美味しくなるような献立を考えるのがインドのお母さんたちの腕の見せどころ。

この日の献立も、まさかとお思いでしょうが、ごはんにカレーをかけ、さらにヨーグルトのサラダもたっぷりかけて混ぜていただきます。カレーに入れたトマトの酸味とヨーグルトの酸味が重層的にふくらみ、野菜の旨味、そしてスパイスの香りが口中に複雑に広がり、びっくりするほど美味しいんです。もしインド料理屋さんでお見かけの際には、ぜひお試し頂ければと思います。

スパイスとたっぷりの夏野菜で暑気払い、身体もシャキッと元気になった晩ごはんでした。

| 小神野彩子 | 食べる | 11:42 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール