手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
芹沢の底力
IMG_6370.jpg

静岡市立芹沢げ霹術館では「芹沢げ陲離ぅ薀好肇譟璽轡腑鵝彭犬開催中です。
7.15-11.25
http://www.seribi.jp/

IMG_6375.jpg

美術館前の案内板の上に並んだ四角や丸の文様は、柳宗悦『手仕事の日本』の小間絵です。
小間絵(こまえ)は駒絵とも書き、文中に挿入された小さな挿絵、カットのことです。
全国の手仕事が20数センチ四方の中に凝縮されて描かれた原画は、さらに縮小されて本に印刷されました。

学芸員の白鳥誠一郎さんが日本民藝協会の雑誌『民藝』787号に寄稿した「芹沢げ陲半間絵」の中で、
芹沢が若い頃に憧れた富本憲吉や石井柏亭などが描いた小品は、香合、水滴、猪口などの絵に通じるものがあるとして、
「局限された空間に溢れる大きな世界、堅固な造形。たたえられた自由さ豊かさに打たれるのです。私は自分の気持ちを盛り上げてゆける仕事としてこの小間絵を好みます。」
という芹沢の言葉を紹介しています。

今展は「染色家」芹沢の一面を「イラストレション」として紹介する初めての企画ですが、
本の装幀や新聞の挿絵、また『絵本どんきほうて』もさることながら、小間絵やマッチの箱などの小品には、
同時に展示されている着物や屏風の模様と共通するものがたくさんあり、
むしろ、その小さな世界に「あふれる大きな世界」にこそ芹沢の底力を感じます。ここにこそこの企画の狙いがあり、展覧会の見所だと思います。
ふと、焼きものの世界で、力のあるつくり手のつくる小さな器には「大きさ」がある・・・ということを思い起こしました。

9.2で終了する日本民藝館の「書物工芸」展と共通する点が多々あり、特に興味深く拝見しました。
民藝館では雑誌『工藝』が全120冊展示されていましたが、この雑誌は芹沢の装幀や小間絵抜きにはあり得ないほど。
芹美では、未発表の小間絵を民藝館から借りて展示されています。柏餅や羊羹など、お菓子の小間絵もあるんですよ。
どうぞお出かけください。特に「書物工芸」をご覧になった方はぜひとも。
また、小品の多い展示です、一つ一つ見ていると2時間以上は必要・・・そのつもりでどうぞ。
 
| 大橋正芳 | みる | 23:26 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール