手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
倉敷の風に揺れる白い布

9/7.8.9に開かれた「全国フォーラム in 倉敷」の舞台倉敷の町。
その美しい町並みが、駅に近い鶴形山から一望できます。

IMG_6445.jpg
IMG_6447.jpg

上の写真の黄色味の瓦屋根が大原別邸有隣荘で、その奥が大原美術館です。
倉敷民藝館や今回大変お世話になった倉敷本染手織研究所が、写真中央あたりに重なる甍の中にあると思われます。

鶴形山の頂に阿智神社があります。
駅正面の元町通りをそれてえびす通りを歩き、行列のできるトンカツ屋の前を過ぎて、
アーケードが終わって視野が少し開けた先に、神社へ続く道があります。
いきなり急な石段です。
途中に磐座があり、天の岩戸を開く提案をした?という神様が祀られていて、神々しい雰囲気が漂います。

IMG_6421.jpg

石段を登り先へ進むと本殿です。

IMG_6436.jpg

1700年の歴史があるという古い神社で、海上交通の守護神、宗像三女神を祀るそうです。
その右手に能舞台があり、舞台の左右に下げられた布が目にとまりました。

IMG_6426.jpg
IMG_6431.jpg

神社の方に伺うと、布は戸板のない舞台の埃除けで、いつのものかわわからないそうですが、古くから使われているとか。
おそらく麻の織物でしょう。神聖な場所にふさわしい白布が風に揺れて、厳かです。

IMG_6430.jpg
 

舞台を覆う白い布は初めて見る景色ですが、布は埃除けの実用とともに荘厳を演出する役割も持っています。
布の、不思議な力です。
この神社をつくったといわれる阿智使主(あちのおみ)の一族は、漢人系渡来人の東漢氏(やまとのあやうじ)の祖だそうです。
漢氏系の一族は、織物の技術に長けたとか・・・
能舞台の白布と直接的なつながりはないと思いますが、妙に納得、です。

参拝を終えて、駅からの道とは違う本殿正面の急な石段182段を降りると、そこは観光客が行き交う町並み・・・

IMG_6452.jpg

美観地区はかつては海でした。なるほど、海に浮かぶ鶴形山は海路の目印だったのです。
そのてっぺんに、海路の守護神が祀られていたのです。

歴史の重なる倉敷・・・「全国フォーラム in 倉敷」はたくさんの成果を残して終了しました。
お手伝いいただいた倉敷の皆様に感謝いたします。

| 大橋正芳 | いろいろ | 00:57 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール