手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
いかご

倉敷での全国フォーラムで最初に訪ねた現場がいかごをつくる須波さんの工房でした。

到着すると様々な工芸品が目を引きます。

いかごはネットなどで目にしたことがありましたが、実際に手に取ってみたのは今回が初めてでした。

編組品というと竹やアケビなど手で編み込んでつくるイメージがありましたが、いかごは織物と同じような織り機で製作していました。

須波さんはまだ20代のつくり手で、おばあさまから教えてもらって今では一人で製作しているとのことでした。

織物のバッグのように全面同じように織って、それを加工して袋状にするのではなく、織る時点でどの部分になるのかが決まっていて、力のかかる底の部分はい草の本数を変えて織っているそうです。

縁などの仕上げは手作業で編み込んでいきます。

製品として置かれていたいかご。

元々は闇市使われていたカゴでヤミカゴと呼ばれていたそうです。

あけびなどのように代々使い続けられるようなものではないそうですが、

しっかりとしたつくりで日常使いに良さそうなカゴでした。

| 副島秀雄 | みる | 16:43 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール