手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
築68年の農家の母屋のリフォーム

千葉に代々続く農家の長男に嫁ぎ、同じ市内のアパートに9年暮らしていましたが、

男児3人が産まれ(小2・5歳・2歳)、いつまでもそのままじゃ狭かろうと、

夫の実家の母屋(S25年、築68年)の母屋をリフォームし、私たち家族が

暮らすという案がおととし、持ち上がりました。

更地にして新築を立てるというのではなく、先祖が建てた建物を大事に

使ってほしいと義父に言われたので、リフォームです。

本当は久野さんがお元気な時に「家作りをしないか」とお声掛けいただいて

いましたが、残念ながらタイミングが合いませんでした。

 

その母屋というのは、とても寒く、冬は家の中でも息が白いくらい(奄美大島育ちの私には耐えられない)、

縁側を歩けば、板がへこみ、その板の隙間からは砂が上がってくるし、

建物内の建具は動かないのも多く、リフォームをすれば暮らせるのか、専門の人の目から見て、

どう判断される建物なのかと心配していました。

 

フォーラムのメンバーの鈴木さんと中川原さんと指出さんのお宅を

前に見せていただき、気持ちの落ち着く、穏やかで美しい空間に憧れていました。

同じくフォーラムのメンバーでもある設計士の源野さんは東京の西、

千葉の設計を引き受けていただけるか、恐る恐るメールをお送りしたのが、

おととしの11月、快く引き受けて下さり、何度も足を運んでいただけ、

何度も図案を書き直していただき、施工業者を探し、その施工業者が手がけた

家も見に行き、今年の1月に着工、約9ヶ月、ようやく今月上旬に完成しました。

 

【外観】

外観

外壁の杉板は源野さんに教わり、弁柄と墨汁、水溶性ボンドと水を混ぜたものを塗り、

その後に防水の塗料を塗りました。

 

【玄関】

玄関

 

【郵便受け】

郵便受け

 

【和室】

お仏壇のあるこの部屋だけは、夫の希望により、ほぼノータッチです。

この部屋の周りの建具もそのまま、前のものです。

和室2

 

テーブルの下は掘りごたつになっています。もちろん、畳を戻すこともできます。

和室1

 

【寝室】

この寝室やリビングなどの壁紙、また一部の建具にも計180枚ほど、

石川県の遠見さんの杉皮和紙を使わせていただきました。

私・夫・義妹・友人夫妻で仕事のお盆休みを使い、張る作業を頑張りました。

寝室

 

【子供部屋】

(正面の壁や建具は杉皮和紙を張ったもの)

子供部屋に6畳しか割けなかったので、

子供部屋

 

【子供部屋の小屋裏】

階段を上ったところにある、この小屋裏も使うことにしました。

遊んでもらったり、寝てもらおうかと思っています。

梁が横切っていますが、子供ならこういうの、好きそうです。

梁は、2歳の末っ子がかがまずに通れる高さです。

子供部屋小屋裏

 

【夫の書斎】

この建具を含め、5枚の建具を源野さんが骨董屋さんで探して来て下さり、

昔の建具でサイズが合わない部分は建具屋さんが足し、塗装屋さんが

うまく色を塗って下さったので、足した部分が分からないほど。

5枚の建具を5ヶ所のどこに使うか、考えるのも楽しかったです。

ガラスは透明やお花柄、ダイヤガラスなどいろいろです。

昔のガラスは、素敵ですね。

夫書斎

このリフォームで床の間をなくしました。

床の間や違い棚に使われていた木材はケヤキで、この書斎のテーブルやお手洗い、

玄関下駄箱上、洗濯機近くの洗剤などを置く棚に再利用しています。

 

【リビング】

リビング2

 

子供がだらだらとテレビを見るので、見ない時は目隠しをするという扉。

夫が何かの本で読んだよう。

リビング1

 

吹き抜け

リビング3

 

【お手洗い】

床の間の再利用のケヤキに手洗いの器をはめています。

使わせていただいたのは、福岡の小石原焼、太田哲三さんのもの。

お手洗い1

 

指描きの、のびやかな感じが気に入っています。

お手洗い2

 

【脱衣所】

中川原信一さんや森新緑さんのかごがちょうど入るように、

また、洗濯物を干す、洗濯ばさみがたくさんついているものが

別のものとからむのが好きでないので、仕切りを作ってもらうよう、

長さなどを源野さんに注文し、家具屋さんに作っていただきました。

脱衣所

 

【太田潤さんランプシェード】

色違いを4種というのは大変だそうですが、それもよく分かっておらず、

希望のまま、わがままでお願いしました。

どれも美しいです。

どの色のをどこに付けるのか迷うのも楽しかったです。

ランプシェード4

 

ランプシェード3

 

ランプシェード1

 

ランプシェード2

 

【玄関 下駄箱上】

この建具は、もともとこの建物の別の場所にあったもの。

外には新しい窓が付いているので、飾りの窓です。すりガラスと透明が交互。

手前は、床の間のケヤキ。

ここに庭のお花を飾るのが引っ越してからの楽しみになっています。

どの花瓶敷きを使うか、どの花瓶にするかを考えるのも楽しいです。

 

(ジンジャー系の花)

コスモス

この小鹿田のピッチャーに、この瀧山さんの倉敷緞通は小さかったですね。

一輪挿し用くらいだったか。

 

(コスモス)

ジンジャー

庭の金木犀が咲いてきたので、次は金木犀かな。

それとも、シュウメイギクか。

 

農家に限ってか、この家は、結構お客さんと玄関で話をします。

冬は農作業の合間のお茶もこちらで。

小豆の選別(よくないものを外す)などもここでやります。

その際は、下の松の木は動かさないといけないですね。

(濃い色の玄関に使った松の残りを、「よいしょ」と上らなくてもよいように

1段目に使いました。座るのにはよいですが、上るには高さが高いです)

ノッティング

玄関に大きい倉敷緞通がほしいなぁとか、四角のノッティングの椅子敷きが

2枚くらいはほしいなぁとか、素敵な座布団カバーがほしいなぁとか考えているところです。

 

【最後に】

和室の小屋裏にある、この家の歴史の品。

8角形の板に鳥の絵が描かれていて、

裏に「昭和弐拾五年四月弐拾五日 祝上棟 当主林〜 棟梁〜」と筆で書かれています。

「幣串(へいぐし)」や「幣束(へいそく)」と呼ばれる上棟式に使う

魔除けだそうです。

近所のお宅の棟上げの時にもっと簡易的なものですが、こういうの見たことがあります。

生まれ変わった家も守っていただきたいものです。

 

源野さんはじめ、施工業者さん、大工さん、左官屋さん、タイル屋さん、

電気屋さん、建具屋さんなどなど、多くの方にお世話になりました。

限られた予算の上に、こちら側のわがままや無理を聞いて下さり、

それぞれの方の技術はもちろん、かゆいところに手の届くようなご配慮、または

それ以上のご配慮で、すばらしい家になりました。

どうもありがとうございました。

建物も先祖も喜んでいることと思います。

質の良い断熱材と窓にしたので、冬も温かいことでしょう。

 

このような家作りにご興味があり、見たい方がいらっしゃいましたら、

どうぞお越し下さい。

 

| 林菜保 | つかう | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール