手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
9割バッターに俺はなる

先日の倉敷フォーラムで、倉敷段通の瀧山雄一さんを訪ねたことはすでに久野民樹さんが書いてくださいました。瀧山さんの一本気な仕事ぶりは語られつくしているような気もしますが、2週間経ってなお冷めぬ感動を記録しておこうと思います。

dantsu1.jpgdantsu5.JPGdantsu2.jpg

イグサに紙テープを巻き付ける工程(左)、表地の「リング糸」をつくる工程(中、右)を説明してくださる瀧山さん。めざす仕事をするために、一つひとつの機械を自ら設計し、部品を調達し、改善を重ねてきました。ここまでは過去にもうかがったことでした。今回驚いたのは、糸づくり。機械にセットする前の糸を、自分の手を使って巻いています。しかも、2度、巻き直します。

 

機械に任せて巻いても、わざわざ巻き直さなくても、それなりのものができるんだろうと思います。が、それは納得いく仕上がりではない。この手間に、瀧山さんの仕事の真髄を見た気がしました。

dantsu4.jpgdantsu6.jpg

仕事を始めた当初は、機械を改良しては織り、品物がたまったらまた改良する、という繰り返しでした。よこ糸を機に届ける仕掛けもまた独創的で興味深いのですが、はじめは3回に1回くらいしかうまく届かなかったそうです。それでは効率的に仕事ができません。思案の末、ようやく失敗のない仕組みができあがりました。「9割バッターに」という言葉は、こんなエピソードを語る中で出たものです。妥協せず、打席に立ったら必ず結果を出す。そういう気構えを私も持っていたいと思いました。

| 大部優美 | 報告 | 08:41 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール