手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
民藝のある町

9月にあった倉敷での公開フォーラムで、本染手織研究所の石上梨影子さんが、美観地区の町並みを守った外村吉之介の功績を紹介してくださいました。「古いものを壊して新しくすることがはやりだった」戦後まもなく、賛同者も少ない中で町並みを残そうと尽くしたのは、牧師としてヨーロッパを巡った経験が大きい、というお話でした。

bikanchiku1.jpgbikanchiku2.jpgbikandhiku3.jpg

そんなことを知って町を歩くと、景色がまた違って見えます。当時の植栽も大事な景観の一部です。

kurashiki12.jpgkurashiki11.jpgbikanchiku3.jpg

そして、町のそこここにある民藝の逸品。つくり手の存在もさることながら、プロデュースした人の力を改めて感じます。

 

プロデューサーといえば、外村と同じ年の生まれで、鳥取で民芸運動を実践したのが吉田璋也でした。訳あって、ここ数カ月、この人の研究をしています。近々、成果をご紹介できると思います(最後は宣伝になりました)。

吉田璋也.jpg

| 大部優美 | いろいろ | 23:14 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール