手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
仙台から静岡へスタディツアー
仙台から静岡へスタディツアー◆崟織の美しさ」

浜松のアトリエぬいやさんで大橋先生に「染織の美しさ」についてご講義いただきました。

IMG_2431.jpg
IMG_2429.jpg

ぬいやさんののれんや座布団、風呂敷などに囲まれた中に並べられた数々の染め物、織り物。
おそらく江戸時代に嫁入り道具用の布団に使われていたのでは?という手の込んだ模様の藍染め、
染めるのが難しいという二色染めの布、
どうやったらこんな模様に染まるの?と考えさせられる有松絞りや、
板染めに使われていたという板も見せていただきました。

IMG_2838 2.jpg
IMG_2839 2.jpg

植物の繊維を布状に編み込んで使っていた時代から麻、木綿の織物ができるまでは長い長い歴史があり、
更に模様、染め方を工夫していく先人の知恵に驚くばかりです。
材料を育てる人、布を織る人、模様を考える人、型を彫る人、
防染糊をつける人、染める人と様々な手を通してようやく一枚の布が出来上がると思うと
壮大なロマンを感じます。
そして、いつの時代でも美しいものを求めるのだなと愛おしく思いました。

大橋先生、多岐にわたるお話をありがとうございました。

柴田まなみ
| 管理人 | 報告 | 06:39 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール