手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
普段使いの龍門司焼

久野恵一さんが書き残した様々な文章を読むにつけ、
久野さんの龍門司との係わりの深さや思いが伝わってきます。
グラフィック社『日本の手仕事をつなぐ旅』では溢れる思いが。
ブログでは更に実践的な取り組みが。

SILTA37で大橋先生が、久野恵一さんの目を目標にと書いています。
それはスタディーツアーに参加する私の目的の一つにもなってきました。
もちろん、ご当地の久野さん行きつけの美味しいお店も楽しみです

さて、目を養うとはいってもそう簡単に出来るはずもなく、
そこは、皆さんが言っているように実際の物を普段使いとして使うようにしています。
というか、難しいことはともかく、そもそもそれが楽しくて興味をもったのです。
手に馴染むとともに物の良さが分かるのではなかろうかと期待。

さて、龍門司焼で普段使いしているのは、
主に久野恵一さんが仕入れて鎌倉もやい工藝に並べていた物です。

何事もそうでしょうが、身銭を切って買うとなればおのずと真剣に選びますし、
大切に使います。

以下は、少し大きめの飯碗とカラカラです。
さすがにカラカラはしょっちゅうは使いません。
蕎麦がき碗もありますが、不注意で破損してしまったので今は休憩中で、
そのうち修復できればと思い大事にとってあります。

碗は轆轤がとても上手く、比較的薄手で内側の轆轤目からもその勢いが伝わります。
縁の仕上げも丁寧で絶妙な反りがなされており、口当りも滑らかです。
縁の少し内側まで黒釉が掛かったことで全体が引き締まった印象になっていると思います。

カラカラは見た通りです。
首と胴と口のバランスがとても良く焼きも強く風情があります。
長島美術館のカラカラのところに置かれていても違和感がないかもしれません。
口笛を吹いているようだと評される口の作りも秀逸です。

今回のスタディーツアーは遠方からの参加のため、

求めた物は小品ばかりとなりました。
自分なりに頑張って選びましたが、

紹介するにはまだ自信がありません。
 

| 中村裕史 | つかう | 22:47 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール