手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
四季曼荼羅図二曲屏風

芹沢げ霹術館の「屏風」展は6月30日までです。

 

ポスターの題材は、芹沢げ陲梁緝什遏峪裕曼荼羅図二曲屏風」。

入館して、一番最初の展示室に展示されており、改めて圧倒されました。
芹沢76歳の時の作品で、代表作というべきものです。

アメリカ・ジョンFケネディ記念館への寄贈品として製作され、

構想から5年を要したとされています。

 

先日の学習会での白鳥さんの解説から少し紹介します。

・・・ケネディ記念館への寄贈品ということもあり、

日本を向いているが、海外にも向いているようにも感じられる。

幾何学模様や具象的な物、文字が配置されていて、非常に複雑な構成。

色数は決して少なくないが、配色の設計をどのようににやっているのか…

これだけの数の色を使ってしまうと、普通なら破綻してしまうところを

結果からみると渋い印象にしている。

 

今回の学習会に参加したYさんが気づいたのは、

収集品の展示室にあった「金剛界種字曼荼羅」と構成が似ている点。

白鳥さんによると、二つの大きさを合わせて比較してみると、

構成が一致するのだそうです。

今回の展示ではあえて両方を展示したとのこと。

 

ぜひ、実物をご覧になってみてください。

 

| 久野民樹 | 報告 | 10:54 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック