手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
キズ物の魅力

先日の小鹿田焼の窯出しに行った時に見つけた、

坂本浩二さんのピッチャーです。

その形と焼き上がりに目を奪われ、

思わず手にとって眺めていると「ふくれちょる」と浩二さん。

よく見ると底が膨れてました。残念。。。

底がガタガタして安定せずまっすぐ立ちません。

当然、商品にはならない「キズ物」になります。

 

確かにこの時の窯は火が強かったようです。

火の当たる面と当たらない面とで、地肌の色合いが変わっているのがわかるでしょうか。

火が当たった面(右)は、地肌の色が赤茶色に変わっていますが

強い火が当たらないとここまでにはなりません。

これによって肌の色合いに表情が出て、白土で打たれた刷毛目模様にも風情が感じられます。

 

焼きが強いと土が火に耐えられずに切れ(=ヒビが入る)たり膨れたりしてしまいますが、

このような「キズ物」の中に、面白い焼き上がりのものがあるのも事実。

どんなものが出てくるか毎回わからない、制御が効かない登り窯ならではの面白いところです。

 

ちなみに、こちらは浩二さんに譲ってもらい、

手しごとで使うことにしました。

| 久野民樹 | いろいろ | 12:50 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック