手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
夏越しの祓

六月三十日は、「夏越しの祓」の日でした。

「夏越しの祓」とは、一年のちょうど半分が過ぎた六月の晦日の日に、半年間の心身の穢れや厄災を落として、心身を清めてお盆を迎えるというもの。

年末の十二月の大晦日は、年越しの祓となります。

日本各地で、茅の輪くぐりをしたり、人形を川に流したりして、厄落としをしますが、関西では、こちらのお菓子「水無月」を食べます。

ういろうの上に、邪気を払うと言われる小豆が乗っています。

三角の形は、氷をかたどっていて、見た目も涼しく作られています。

5月の半ばぐらいから、和菓子屋さんで作られていて、なんとなく食べそびれると、おせちや節分のお豆を食べてないような落ち着かない気持ちになります。

(中には旧暦まで販売しているお店もありますが、大抵、7月に入るとピタッと見かけなくなるのです。)

今年は、秋田・星耕硝子さんのうつわに入れてみました。

ガラスは不思議と和菓子にも合いますね。

ういろうのほのかな甘みと少なめの小豆、柔らかい食感。

私は和菓子の中では、この水無月が一二を争うぐらい好きです。

京都が発祥で、関東のお店ではあまり見かけないそうなので、この時期に関西に来られる機会がありましたら、ぜひ食べてみていただきたいお菓子です。

どうか残り半年も息災に過ごせますように。

| 瀬部和美 | つかう | 19:24 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック