手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
たくさん描いたから描けた絵

久野恵一さん亡き今、物を見る「目」を養うために始まった学習会「昔の物 今の物」。第6回を数え、すっかり目が肥えてきました。というのはうそで、横山正夫さんが品物を並べられた段階では「好きだな」「そうでもないな」はあっても、どう見たらいいものか、いつの時代のどんなものであるかは、なかなか分かりません。

DSC_0110.jpg

DSC_0146.jpg

今回は比較的人数が少なく、横山先生のゼミを受けている感じでした。

DSC_0121.jpgDSC_0102.jpg

一つひとつについて、つくられた時代、用途、集めた理由、たまに購入時のエピソードもお話しくださいます。「玩味があります」「洒脱です」「闊達ですよね」。石皿や行灯皿の絵付けを表現する先生の言葉もまた、味わい深いものです。

DSC_0207.jpgDSC_0201.jpg

てらいがなく、のびやかでありながら、おさまりがよい。何百も、何千も描き続けた中に、このような逸品が生まれました。

| 大部優美 | みる | 22:45 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック