手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
手しごと「夏の染と織」
暑いですね。いかがお過ごしでしょうか。

尾山台の手しごとは「夏の染と織」を開催中。
暑い夏を共に過ごす・・・麻ののれんやガラスの器などが店内に並んでいます。

倉敷本染手織り研究所のノッティングの椅子敷は、おなじみのウールではなく、夏向けに木綿の糸で織られています。
白糸と藍染の糸で爽やかな模様の椅子敷・・・ベランダのベンチにいかがでしょうか。

IMG_1946.jpg

新潟・長岡の佐藤多香子工房の裂織りが素敵なバッグに仕立てられました。
しっかりした裂織は実用的で、ざっくりした織物の風合い思いの外さらりとした肌触りが暑さを忘れさませます。
夏のお出かけにどうぞ。

IMG_1947.jpg

浜松・山内染色工房ののれんや風呂敷などがたくさん並んでいます。
お店奥の正面には、紺地に「束ね熨斗(のし)模様」の風呂敷が、堂々と飾られていて目を引きます。

IMG_1950.jpg

熨斗は伝統的な吉祥模様の一つで、しっかりと束ねられた束ね熨斗模様は、婚礼時の風呂敷や夜具にたくさん残されています。
熨斗は元々は熨斗鮑(のしあわび)で、アワビをひも状に切って干して延(の)したもの。古代からの保存食であり、お祝いの贈り物でした。
秋の婚礼を控えた方が、式場に飾りたいなー、と考えているそうです。おめでたいお話ですね。

IMG_1952.jpg

夕刻の、風が少し流れ始めた時間にでも、尾山台へどうぞお出かけください。
冷たい麦茶が待っています。
 
| 大橋正芳 | いろいろ | 21:07 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック