手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
吉田璋也の美意識にふれる初日

兵庫出身の私が民芸や手仕事に興味を持ち始めたとき、真っ先に伺ったのが鳥取民藝美術館でした。美術館で観て学び、たくみ割烹で活きた手仕事の器を体感し、たくみ工芸で生活に取り入れるという、これ以上ないプロデュースに感激し、半世紀以上も前に実践(実験)された先見性に衝撃を受け、手仕事の奥深さに一層のめり込むきっかけになりました。
今年の全国フォーラム(2019年9月7・8日)は鳥取。ということで以前より楽しみにしていましたが、期待通りに、鳥取民藝美術館を創設した鳥取民藝の中心人物、吉田璋也について詳しく知る素晴らしい機会となりました。


医師であった吉田璋也の医院は民藝美術館の道路を挟んで向かいにあります。今回、普段は公開していない吉田医院を見学させていただきました。


自身で設計を手掛けた医院は、玄関階段の迫力や吹き抜け2層の2階建て、実質4階建てというプランの面白さに目を奪われますが、細かい点にも吉田璋也の美意識が散りばめられ、見どころの多い建築でした。
階段や作り付け棚の柔らかい曲面や、梁や柱の面取りには共通する仕様が見られ、木材の重厚さの中に軽さや優しさを添えているように感じました。医院ということもあり、患者さんに親しみを持ってもらいたいという意識があったのでしょうか。


建築だけでなく家具や什器も吉田璋也自らデザインしたそうです。用の美を感じるさりげない意匠を添えた什器の中で、特に目を引いたのがゴミ箱でした。何の変哲も装飾もないようですが、穴の直径、口の丸みの優しさ、中心を外した穴の位置など大変に均衡がとれて洗練されていて、吉田璋也が現代にいれば、素晴らしいプロダクトデザイナーにもなっていたであろうと感じさせます。


入口の看板は、布志名焼の船木研児によるものだそうです。こうしたさりげない情報が得られるのも、フォーラム参加の嬉しいところです。


鳥取民藝美術館では現在に至るまでの経緯について、河井寛次郎記念館の許可を得て今回特別に資料を見せていただけるなど、写真で歴史を振り返ることで大変わかりやすく学ぶことができました。驚いたのは、鳥取大火の経験から、鉄筋コンクリートで造られていることでした。美術館の雰囲気を決定づけている太い梁などは、鉄筋コンクリートの上から木材をかぶせているそうです。年月と共に浮いてきているのか、良く見ると確かに形跡が見られます。しかしここでも吉田医院でも見られた面取りが見られ(1階展示室のみ)、鉄筋コンクリート造でありながら巧みに空間を演出しているところに感嘆します。(写真を撮り忘れました)

通常では見られない場所や知ることのできない情報、自分では発見できない視点をいただけることがフォーラムの醍醐味だと感じる初日でした。鳥取民藝美術館はじめ、関係する皆様には感謝しかありません。ありがとうございました。

 


山田宗平

| 管理人 | 報告 | 18:38 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック