手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
名物と手仕事〜鳥取「生姜せんべい」〜

先日の鳥取フォーラムで買ってきた鳥取の名物、宝月堂さんの生姜せんべいをご紹介します。

生姜せんべいそのものは、江戸時代後期からこの地方で作られ、食べられてきたそうです。

長らく、駄菓子として愛されてきたこの味を、鳥取の銘菓として生まれ変わらせたのが、先日のフォーラムで学んだ鳥取における「民藝のプロデューサー」吉田璋也です。

横から見ると波型になっていまして、これは鳥取砂丘をイメージして作られています。

こちらの宝月堂さんでは、吉田璋也がプロデュースした時代と変わらず、いまも手作業でこの生姜せんべいを作っておられるとのことです。

おせんべいの部分は、他の地方のお菓子にも似ているものがあるのですが、そこにピリッとした生姜の味が加わることで個性が生まれています。

日本茶にも、珈琲や紅茶にも合う美味しいお菓子です。

鳥取フォーラムの2日目に、山根窯さんに伺った時にも冷たい美味しいお茶とこの生姜せんべいをいただきました。

その時に山根窯さんのスリップウェアと生姜せんべいがとてもよく合っていたので、家に帰って真似してみました。

手仕事フォーラム初心者のころは、薄い色や無地のうつわから比べると、スリップウェアのうつわは使うのが難しく感じていましたが、使ってみると意外に洋食だけではなく、和食や、果物、お菓子、何にでも合わせることができます。

私は、スリップウェアの、模様を見ていると何だか楽しくなるところが大好きです。

楽しかった鳥取を思い出しながら、いただきます。

 

| 瀬部和美 | 食べる | 09:16 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック