手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
外村吉之介の漆器

倉敷民藝館の館内ショップには、伊予桜井漆器の品々が適当な数、ほどよい種類で揃っています。

近県の商店ではあまり見かけたことがなく、
なぜ倉敷民藝館で桜井漆器が取り扱われているのか、以前からの疑問でした。

そして昨年、全国フォーラムの地 倉敷で訪れた瀧山さんの工房。
整然と飾られたフライヤーたち。
何気なく見ていたら目に留まるものが。
▽「山陽民藝260号 平成27年6月号」

山陽民藝260号 平成27年6月号.jpg
偶然ですが、例の疑問が解けそうな感触です。
目を走らせると
“外村が創意し、四国の漆器屋で試作を重ねて完成した、高台がやや高めの朱塗りの椀”
とあります。なるほどしかり。倉敷と桜井はそういうわけで繋がっていたんですね。

山陽民藝260号の内容.jpg
後日、知人とこの話をしていると、知人はその漆器屋を知っているということに!
贈答用としてこの汁椀を贈ったこともあるそうです。
灯台もと暗し…早速取材に出かけました。


お店は愛媛県今治市桜井の戸倉屋漆器店。
創業は大正4年。

▽戸倉屋 正面
戸倉屋玄関.jpg 

▽店のお隣 外村先生が好んだという米蔵の建物

米蔵た?った民家.jpg
建築にも造詣が深かった先生らしい一面です。

戸倉屋漆器の代表は3代目は渡辺和則さんで、渡辺さんの義理のお父様である、2代目 渡辺利恩(わたなべとしおき)さんが製造と卸をされていたそうです。
当時は現在のような小売りをしていませんでした。

この時期に外村先生が訪ねてきては滞在し、漆器の試作に挑んでいたそうです。
​外村先生の考えを漆器に表現することに協力したのが戸倉屋。
周囲の漆器屋は利益が高い製品作りを追い求める中、利恩さんは商売の傍ら外村先生の活動に協力していたそうです。
二人が意気投合したのか、外村先生の熱意に触発されたのか、利恩さんの懐の深さを感じます。

▽外村型民芸汁椀
 汁椀3のコヒ?ー.jpg
汁椀2のコヒ?ー.jpg 
朱一色で塗られたのかと思いきや、高台の内側は黒塗り。
外と内が完全に塗り分けられています。
通常の汁椀に比べて高台がやや高めになっていて、持ち易さを考え抜いて行き着いたかたち。
外村先生の求めた美と実用の完成形です。
 

 

▽鈴木繁男氏による絵付け
 鈴木繁男か?考案した絵付け3種(左から鱗、千鳥、桔梗).jpg
鈴木繁男先生も戸倉屋を訪れ、絵付けの指導をされました。
右端より桔梗、千鳥、梅?
私見ですが左は砥部焼 中田窯の「旗」の絵付けに重なりを感じます。
同時期に鈴木先生の指導を受けた漆器屋と窯元というところでしょうか。

 ▽漆を塗る職人の絵
芹沢?介か?描いた型染めのコヒ?ー.jpg
こちらは芹沢先生が描いた型染と伺いました。
芹沢先生が戸倉屋を訪れ、絵付けをしている作業風景を描いたそうです。
たくさんの指導者が戸倉屋を出入りしていたのですね。

▽その昔町内にあった商店
 町内の店.jpg
以前は桜井地域で50店舗あった店も現在は4軒ほどになったそうです。

| 管理人 | 調べる | 19:26 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック