手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
美しい染織品に囲まれた、学習会〈染め・織り〉

11月30日(土)、手仕事フォーラム恒例の学習会「昔の物 今の物」、第6回〈染め・織り〉に参加しました。焼きもののテーマが続いたので、楽しみにしていた染織品の回。さすがに目利きの横山さんのコレクションだけあって、品揃えがすごい。しかも、元東京造形大教授で、染色家の大橋先生によるレクチャー付きという充実の1時間半でした。これこそ、手仕事フォーラムの学習会ならでは!

写真1.jpg 写真2.JPG

紹介された染織品は、独特の文様が際立つアイヌの祭事用衣装から、麻などの自然布、沖縄の芭蕉布や紅型、りんず地に金糸などによる手刺繍が見事な江戸時代の布(衣装裂=きれ?)、そして「片野絞り」で知られる片野元彦さんの娘、かおりさんの力強い絞り作品まで、目の前に広がる多彩な素材と確かな技の結晶の数々。日本の染め・織りの豊かさ、奥深さをひしひしと感じました。

写真3.JPG 写真4.jpg

現代ではもう作れないほど手間暇かけた、過去の染織品には、その当時の人々の暮らしぶりや衣類などに対する気持ちがうかがえるほど、いろいろなものがあふれている……そして、伝統技術を受け継いた手仕事による、現代の暮らしを彩る布たちも、実に美しく、これを無くしてはならない、という思いが募ります。

 

 

こうした貴重な染織品を愛でる、幸せな時間……次の機会を期待します!

| 石原恵子 | 報告 | 21:45 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック