手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
寳来飾紙

愛媛民藝館の二階に展示してあった切り紙。

「寳来飾紙」といい、あらゆる祈願を込めて和紙を切り抜きした紙で、

古来、高野山で注連飾りの代わりに飾られたものが旅人によって各地に

伝播されたものだそうです。

 

愛媛県忽那諸島の中島には、おみどり神事と呼ばれる祈願神事があり、

この切り紙が祀られるそうです。

出雲地方から伝わったとされ、愛知ではざぜち祭りというお祭りで祀られるそう。

 

氏子さんらが小刀で切り抜いて作ったそうで、なんとなく素朴な味わいです。

下の朱色の和紙が効いているなと思ったら愛媛県丹原にある周桑和紙でした。

このように色和紙を下に敷いて、額にいれて飾るととても素敵だなと思いました。

一年の変わり目に切り紙を新調し、

一年間飾った切り紙はどんど焼きで供養します。

とても興味深い展示でした。

詳しくは愛媛民藝館でご覧ください。

 

| 管理人 | みる | 18:48 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック