手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
秋月での「ふだん使いの”薩摩の白もん”」始まりました

広島・ 福屋、鎌倉・もやい工藝での展示会を経て、秋月にて「ふだん使いの”薩摩の白もん“」の会が始まりました。



このような状況の中、開催をかなり迷いましたが、店頭の扉も開放し通気性をよくして営業しております。

ぜひお越しくださいとは言えない状況ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふだん使いの”薩摩の白もん”

会期:2020年4月4日(土)〜13日(月)

時間:10:00〜17:00 ※火曜定休

 

草木が正気を取り戻す春、秋月に新たな白もんのうつわが並びます。

「白薩摩(白もん)」というと、豪華絢爛な絵付の高級陶器を思い浮かべるかもしれません。沈壽官窯は、美山(鹿児島県日置市)の地で400年に渡りその高度な技術を受け継ぎ、茶器や花器などを製作、国内外から高い注目を集めます。今回紹介する白もんは、その美しさを普段使いに取り入れようと考えた手仕事 フォーラム創設者・久野恵一の提案に十五代沈壽官氏が応じ、久野自らの眼で選んだ古作などを見本に製作がはじまりました。志半ばで久野恵一は急逝しましたが、取り組みは引き継がれ、この度新たな白もんが誕生しました。

シンプルで柔らかな白色のうつわは温かみを感じ、料理を引き立ててくれます。

暮らしに寄り添う美しい白もんを是非ご覧ください。

| 副島秀雄 | お知らせ | 15:11 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック