手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
小田原の桶屋

年が明けてまだ寒さ厳しい折、

ついでがあって小田原の桶屋を訪ねました。

忙しそうにしていたら邪魔になるので黙って帰りますが、

幸い少し話が出来ました。

 

作業場を見ると一抱えもある楕円形の飯台が二つありました。

聞けば市内の菓子店からの依頼だそうです。

力が均等に加わらなければ爆ぜてしまうでしょうから、

素人見にも楕円というのは技術がいる仕事だと思います。

80歳を超えて、まだまだ町の職人から頼りにされています。

 

 

板目で作られて桶は味噌桶でしょうか。

木取りによる使い道の違い程度であれば分かるようになりました。

 

加工する時期として、冬場は適しているのでしょうか。

木材が乾燥して締まっているため狂いの少ない仕事は出来るそうですが、

寒くって手がかじかんじまっていけませんよ、とのこと。

いずれにしても使い始めたら湿ったり乾燥させたり極端なことはせずに、

使い続けることが狂いのない状態に保つコツだそうです。

少し歩いて報徳二宮神社に詣り、咲き始めたばかりの白梅を見た後、

小田原城を抜けて帰路につきました。

今となっては実に呑気な春の初めでした。

 

(H・N)

| 管理人 | いろいろ | 10:42 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック