手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
芹沢げ陲亮甓狃渋臘鏤丗坐展

昔、厳冬期の青森酸ヶ湯温泉に行き八甲田山へ登り(もちろんロープウェイで)
マイナス30度を経験し下山してから棟方志功記念館へ行ったことがありました。
若かったんですね。
棟方という人のことも良く知らずに二菩薩釈迦十大弟子を始めて見ましたが、
感動というか異様な衝撃を受けました。

現在、仙台の東北福祉大学芹沢げ霍芸館では<芹沢げ陲亮甓狃渋臘鏤丗坐展>
が開催中です。
宮城県美術館でのアイヌの展示を見た後にたずねました。
image001.jpg 
全国フォーラムが仙台で開催された時には車に分乗して東北福祉大まで行きましたが、
その後、仙台駅前に開館。行ってみたいと思いつつもタイミングがありませんでした。
以前に比べれば展示スペースは狭めですが、
作品一点一点とじっくりと向き合うなら十分だと思いました。

<釈迦十大弟子尊像>87歳の時の作ということは亡くなる前年ということになります。
最晩年に至るまで衰えることのない創作意欲を持ち続けていたことにただただ驚きます。

この作品にはいくつかのバージョンがありますが、インドへ渡ったものは、
紙は八尾の桂樹舎へ特注し、つなぎ目なく作られた縦180センチの強製紙で
強い“しぼ”(襞)があります。
墨は大変きめが細かい墨汁です。展示解説によれば、艶のある黒色を出すために
あえて腕力の劣る女性の弟子たちに墨を磨らせたそうです。
さて、黒漆を使って染めることを当初企画したそうですが、
インドの気候風土に合わないため、漆染は日本に残り墨染がインドに渡ったそです。
なお、日本に残った漆染めの釈迦十大弟子尊像10図フルセットは
その後、砂川七郎氏のコレクションとなり、現在は千葉県柏市に寄贈されています。
P3141779.JPG

P3141780.JPG
*上2枚の写真:旧「砂川美術工芸館」にて/2003年撮影(大橋正芳提供)

今回の展示では、インドに渡った墨型染絵と全く同じ作品1枚とその型紙。
頒布目的に制作られた縮小版の様々なバリエーションが同時に展示されています。
頒布用のバリエーションは以下のものです。
なお、使われてる紙は八尾のものではなく表面はなめらかな仕上がりです。
・墨一色
・濃い灰色「薄墨/ねずみ」
・黄土、薄墨、赤で彩色が施されたもの
型紙は同一でも随分と印象は違い、比べて見ればやはり黒一色が最も力強く、
その中でもとりわけ等身大の1枚に強く惹きつけられます。
物にはふさわしい大きさというものがあるのでしょう。

宮城県美術館の図録ではありますが、白鳥誠一郎氏は以下のように書いています。
「芹沢の型紙はそれ自身で鑑賞に耐えるもので、これが型染の骨格となるが
芹沢の型染において、型と並んで重要なのが配色である。同じ型紙を使いながら、
配色によって全く異なる作品に見えるほどの印象の差を生みだしたものも多い。
このことを踏まえると、芹沢の型染は色で作られているといえよう。」(242ページより)
型染の可能性を極限まで追求し続け新たな可能性を拓き続けた芹沢の真骨頂であり、
誰にも追いつけない境地だということです。

それにしても型紙用下絵は美しいというよりも何やら凄まじさを感じました。
彫り出された生々しさが残っており、せめぎあうような緊張感に満ち満ちていて、
ある意味グロテスクで凝視し続けることが困難でした。
それは洗練された完成品からは想像もつかないもので、
完成品と型紙を同時に見ることが出来ることは今回の展示の
大きな見どころでしょう。
その他、四季曼荼羅二曲屏風や心偈など盛りだくさんでした。

さて、Googleで検索していたところ以下のような以下のような論文がヒットしました。
とても詳細な内容です。

「芹沢げ雕遏崋甓狃渋臘鏤丗坐」―型絵染への挑戦―」門脇 佳代子、
東北福祉大学芹沢げ霹術工芸館年報、Vol.6(2014)
Permalink : http://id.nii.ac.jp/1330/00000465/

(H・N)

| 管理人 | みる | 11:00 | - | - |
「美しきアイヌの手仕事」展
2月中旬、
宮城県美術館で開催中の<美しきアイヌの手仕事−柳宗悦と芹沢げ陲離灰譽ションから−>展
に行ってきました。
image001.jpg
質量ともに素晴らしい展示内容でした。会期もあとわずかですがこれはお勧めです。
見終わった後、いつもは買うか否か逡巡する図録ですが(重いし…)、
今回は躊躇なく購入。
図録に掲載された高精細画像、細部のズームアップなどを見て、
なんでここをもっと良く見てこなかったのかと悔やまれるような、
そんな内容でした。

会場に入ると開催趣旨が日本語、英語、アイヌの言葉で表記されています。
日本列島には独自の言語と文化を育み暮らした多くの民族がいたことが理解できます。

展示は美術館ならでは広々とした展示スペースを二つ使い展開されています。
その広さが普段見慣れている日本民藝館の展示とはまた違った迫力を生み出しています。
これでもか!!と展示されている切伏刺繍衣裳(切伏木綿衣)は一つ一つが大きいため、
広々とした会場でなければ難しいでしょう。

一つ目の部屋は主に日本民芸館所蔵品を展示。
次が静岡市立芹沢げ霹術館の所蔵品を展示しています。
私はそのような構成であることを知りませんでしたので、
一つ目の部屋にかなりの時間を費やしてしまい(充実していたこともあり)、
芹沢の蒐集品を十分に見る時間がなく、かなり残念な思いで帰路につきました。
芹沢の展示は学芸員の白鳥誠一郎氏によるものでしょうか。
天井が高く広々としたスペースをフル活用して切伏木綿衣を三段に並べて、
覆いかぶさってくるような迫力の空間演出で、
民藝の展示としてはかなり画期的なんじゃないでしょうか。

さて、今回の展示では1941年(昭和16)に日本民藝館で開催された<アイヌ工藝文化展>
の一部が再現されていて、そこだけ撮影OK。
<アイヌ工藝文化展>はアイヌコレクションで圧倒的な数と質を誇った
杉山寿栄男の蒐集品を、柳から任された芹沢が厳選して展示を担当したものです。
芹沢にとって杉山は東京高等工業学校工業図案科の先輩にあたり、
柳は芹沢を介して杉山と知り合ったとのこと。
その後、杉山コレクションは1945年の空襲で焼失し、今となっては『アイヌ藝術』(全3冊、1941)や
雑誌『工藝』106号、107号などからその品々を知ることが出来るのみです。
image002.jpg
再現された<アイヌ工藝文化展>
image003.jpg
木綿紺地切伏刺繍衣裳
image004.jpg

image005.jpg 
オヒョウ地切伏刺繍衣裳
image006.jpg 
さて、図録も大きく二部構成となっており、
前半は主に日本民藝館の杉山氏が担当、後半は芹沢げ霹術館の白鳥氏が担当。
その他、豪華執筆陣のコラム多数。
白鳥氏は「いったん、『人間国宝の染色家』あるいは『民藝派の工藝家』というフィルターを外して、
芹沢という人を改めて見つめなおす必要があるように感じる。」としたうえで、
「画家」、「デザイナー」、「染色家」、「蒐集家」という4つの側面について
それぞれ興味深い解説をしています。
しかして結論としては、「芹沢という人は知れば知るほど、結局何と表現したらいいか
わからなくなるばかりだが、あえて例えるなら「富士」に最もよく例えられると思っている。」
と結んでいます。
この引用だけでは意味不明だと思いますが、興味深いでしょう?
内容が気になる方は是非図録を読んでください。

さて、かなり疲れて帰りがけに美術館のカフェを覗いたところお客さんが大勢入っており、
美術館のカフェなんてどうせたしたことないだろうと思っていましたが、
みなさんが食べているものが何だかとても美味しそうで、
ついつい私も入ってしまった。
ここのランチメニューは(も)かなりお勧めです。
宮城県美術館を訪れた際には絶対に外せないと思います。
店の人と話したところ仙台市内に数店舗あるそうで、人気店のようです。
image007.jpg 
少し食べて、かなりの美味しさに食べかけながら撮った一枚

(H・N)
| 管理人 | みる | 11:11 | - | - |
雛祭り
3月3日は雛祭り。
ちらし寿司の添えものは赤かぶの酢漬け、飾りは菜の花です。

DSC_2290.jpg

藤岡 葵
| 管理人 | いろいろ | 10:59 | - | - |
世界の宝物!!

世界の宝物・・・静岡市立芹沢げ霹術館のことです。

開催中の企画は「芹沢げ陲愛した “椅子と木箱”」展。
IMG_5713.jpg
https://www.seribi.jp/exhibition.html#

スペインの椅子、イギリス、アフガニスタン、オーストリア、フィンランド、イタリア、そしてコートジボアールの椅子。
IMG_5728.jpg
*写真は絵葉書集「椅子」(2005年に「芹沢が集めた椅子」展開催 https://www.seribi.jp/past-exhibition-070.html)より。

展示室最後のガラスケースに、アフリカ・モシ族の仮面を中心にコートジボアールの椅子がたくさん展示されていたのですが、その展示が素晴らしい・・・ケース全体があたかも一つの作品であるかのように、椅子をテーマにした作品として構成されていて、惹きつけられました。
IMG_5731.jpg
会場の展示を写真で紹介できませんので、簡単なスケッチと図録『芹沢げ陲亮集5 家具』のコートジボアールの椅子のページを・・・伝わらないなー、、ぜひお出かけください!!
芹沢の「展示も作品」という態度を踏襲した美術館の展示もまた鑑賞の対象というべきだと思います。

沖縄、メキシコ、韓国、スペイン、日本、台湾など世界各国の箱。
IMG_5729.jpg
*写真は絵葉書集「箱百態」(1992年に「箱百態」展開催 https://www.seribi.jp/past-exhibition-032.html)より。

芹沢が直感で集めたという椅子や箱は一つ一つ存在感があり、そしてどれも美しい。
箱の、たとえば「富士見西行文漆絵重箱」の絵に見入ってしまったのですが、シンプルで小さな椅子も見ていて飽きません。座りたいというよりも、ずっと見ていたい。

芹沢げ陲出身地静岡に寄贈した自身の作品と収集品を納めたこの美術館は、世界の宝物です。
作品はもちろん、膨大な収集品はまさに世界の宝物・・・椅子でも箱でも、仮面でも人形でも、もちろん染織や陶磁器でも、世界の工芸の分野を網羅していて、しかもそれぞれ質の高い展覧会ができるほどの量、そして偏ることのない周到な収集は比類のない世界の工芸の宝庫です・・・と、学芸員の白鳥誠一郎さんは力説していますよ!!
その価値を、静岡市民に、静岡県民に、そして日本中に知ってほしい。世界に発信してほしい!!

IMG_5709.jpg

| 大橋正芳 | いろいろ | 18:19 | - | - |
薩摩の白もん初お披露目ギャラリートーク

先日26日で終了した今回の福屋デパートの展示会では、沈壽官窯さんと手仕事フォーラムがタッグを組んで長年制作に取り組んできた『薩摩の白もん』の初お披露目の場でもありました。

お披露目を記念して、223()14時から沈壽官窯の平嶺健二郎さんと手仕事フォーラム代表の久野民樹さんのギャラリートークが行われました。

薩摩焼と沈壽官窯についての説明や誕生秘話を伺いました。

豊臣秀吉の朝鮮出兵軍が引き上げる時に、陶工を連行し、彼らが日本で並大抵の苦労ではなく作り上げてきたものが、今日の日本の陶磁器の源となっています。

沈壽官窯を作った祖先の方たちも、朝鮮から来られた人々です。

そこで作られる焼き物のうち、『黒もん』と呼ばれる黒いうつわは、庶民の日用雑器として使われてきました。

対する『白もん』は、お殿様への献上品として作られていたことから、現代では伝統工芸品として高い技術の彫刻や絵付けが施され、高級品として私たちは目にしています。

沈壽官窯の十五代ご当主と、初代手仕事フォーラム代表の久野恵一さんは、私たちが普段から使える、手仕事のものとして新しい薩摩の白もんを作りたいという考えで意気投合し、このプロジェクトは始まりました。

沈壽官窯からは、ろくろを担当していた平嶺健二郎さんが代表して制作にあたられることになり、久野恵一さんとの試行錯誤が始まりました。2013年夏のことでした。

その後、久野恵一さんは志半ばで亡くなられ、息子さんで現在の手仕事フォーラムの代表の久野民樹さんがこのプロジェクトも引き継いでくださり、準備を進めてきました。

久野恵一さんは、病が見つかってから、短い時間で急逝されたため、このプロジェクトについてもすべてを引き継ぐことはできず、恵一さんが目指していたものが100%はわからなかったため、平嶺さんと民樹さんは一から考え直すところもあり、とても苦労されました。

二人で山陰や島根の窯元を回ったり、各地の作り手の方に話を伺ったりしながら、40種類以上の形が生まれ、その中から今回お披露目された十数種類の形に絞られました。

生まれたのは、薩摩焼の白もんが高級品として存在していたことを感じさせる何とも上品なうつわたち。美しい白い色合い、確かな技術で作られた形、盛るものを選ばない親しみやすさ。

これまで見てきた手仕事のうつわのどれにも似ていない魅力のあるものです。

今後も新たな形を模索し、また土についても2年後には薩摩の土だけで作ることを目指しているそうです。

一旦は完成となり、お披露目をした『薩摩の白もん』ですが、進化を続けますので、目が離せません。

お披露目の会は、これから日本全国の手仕事フォーラム関連のお店で行われ、白もんが販売されます。

ぜひ、お近くのお店で手に取ってご覧ください。

| 瀬部和美 | 報告 | 19:54 | - | - |
初めての福屋デパート

広島市の福屋デパートで毎年開かれている「日本の手仕事展」に、初めて伺いました。

毎年、魅力ある手仕事の逸品が販売されていて、行ってみたいと思いながら十数年・・・。

今年は、「新作・ふだん使いの薩摩の白もん」として、鹿児島県の沈壽官窯で作られた新しいうつわのお披露目がされる会であり、これまで取り組んでこられた沈壽官窯の平嶺健二郎さんと手仕事フォーラム代表の久野民樹さんのギャラリートークも開催されるため、これはぜひと思い、参加してきました。

到着すると、普段なかなか目にすることのできない手仕事の数々が、圧倒的な量で展示されていました。

中でも、編組品の類は、これだけの種類と数が揃っている場所を見たことがありません。

素晴らしかったです。

そして、ギャラリートークは、三連休の真ん中、世間ではコロナウィルスの流行で外出を控えている方もいらっしゃることから、人数が集まるのか心配していましたが、準備していた椅子が足りず、後から後から係の方に椅子を出してきてもらわなければいけないほど盛況で、皆さん熱心に耳を傾けておられました。

トークの内容については、長くなりますのでまた別の機会にさせていただきます。

トーク終了後、トークの中で触れられたハンドルのついたマグカップなどを購入される方が続出し、新作の周りは人だかりができていました。

新作以外の手仕事も皆さん手に取られ、じっくりと眺め、褒め、買って行かれる方がたくさんいらっしゃいました。

その様子を見ていて感じたのは、「良いものを大切にする気持ち、日常生活を美しいもので満たそうとする気持ちが強い人が広島には多い。」ということでした。

ともすれば、「安ければよい。」というような風潮の土地柄もありますが、広島の福屋デパートに集う方たちにはそれがありません。

後刻、平和記念公園を訪れ、改めて原爆が落ちたところであることを実感しました。

福屋デパートの建物も被爆建物だそうです。

大切なもの、価値のあるもの、素晴らしいもの、すべてを失くした広島に暮らす人々だからこそ、良いものを大切にしておられるのではないかとと感じました。(簡単には説明できませんが)

初めての福屋デパートは、良いものを求めて、目を輝かせる人の集う、とても素敵な場所でした。

 

 

| 瀬部和美 | お知らせ | 20:34 | - | - |
福屋の展示搬入

IMG_8564.jpg
2月20日(水)から広島福屋で始まる
日本の手仕事展の搬入お手伝いに
行ってきました。

鹿児島 沈壽官窯と手仕事フォーラムとのコラボレーション企画ふだん使いの“薩摩の白もん”。
白薩摩の柔らかな風合いが、これから
待ちわびる季節にぴったりだなと
思いました。

やちむんや小鹿田焼と組み合わせたり、
型染めのテーブルクロスや裂織りの
コースターとの組み合わせを楽しんだり。
暮らしにまたひとつ楽しみが増えそうな
うつわです。

IMG_8567.jpg

IMG_8568.jpg


IMG_8570.jpg

IMG_8576.jpg

渋くて素敵な色の組み合わせの
ノッティングや、たくさんの
あけびかご!いろいろな手仕事が
並べられていくのを見ていると、
搬入しながらも気持ちが弾みます。

| 門田真記子 | お知らせ | 11:22 | - | - |
朝夫さんの猪鍋
DSCN9169.JPG

1/10に他界した小鹿田の名工柳瀬朝夫さん。
朝夫さんの写真を探してパソコンの中を巡っていますが、なかなか見つかりません。

そんな中で、朝夫さん特製の猪鍋が目にとまりました。
2012年の秋に行われた秋月フォーラムの懇親会会場に朝夫さんが“持参”した猪鍋です。
前日に仕留められたというイノシシの肉をあらかじめ煮ておいたものが会場に運ばれて、野菜を加え、朝夫さんが一升瓶の醤油と袋の砂糖を豪快に投入して味を整えた特製。

DSCN9167.JPG

臨時のカマドに落ち葉を炊き、参加したフォーラム会員の“婦人会”が仕上げをしました。
寒風の中、朝夫さんのあったかい気持ちが染み込んだ美味しい猪鍋でした。

DSCN9165.JPG

朝夫さん、ごちそうさまでした。
| 大橋正芳 | いろいろ | 16:55 | - | - |
休日の昼ごはん
焼きたてのパンを買って来て、前夜の残りものや、持ち寄った手料理をいただきながら
ゆっくりと過ごす休日も幸せのひとつです。
DSC_2137.jpg

珈琲、ヨーグルトも添えて。
美しい手仕事の品々に囲まれて、心も身体も栄養で満たされます。
DSC_2139.jpg

藤岡 葵
| 管理人 | つかう | 13:29 | - | - |
オープン!!オンラインショップ “手しごと”
スクリーンショット 2020-02-05 13.09.23.png

“手しごと” のオンライショップが2/2からはじまりました。

https://teshigoto.shop-pro.jp/
スクリーンショット 2020-02-05 13.10.27.png


陶磁器やカゴ・ザルなどのアイテムや手仕事の産地から、特集や用途など様々な角度から商品を検索できます。

特集「小鹿田の焼きもの」
スクリーンショット 2020-02-06 9.18.48.png

尾山台のショップを丸ごとご自宅からご利用いただけます。
会員登録をするとポイントも・・・
*ご利用ガイド:
https://teshigoto.shop-pro.jp/?mode=f4
*会員登録
https://members.shop-pro.jp/?mode=members_regi&shop_id=PA01437242&tid=3

ネットショップ・手しごとへの“ご来店”をお待ちいたします。
| 管理人 | お知らせ | 09:40 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック