手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
全国フォーラム2018 in 倉敷

倉敷にて開催の「全国フォーラム 2018 in 倉敷」が無事に終了しました。

昨日は公開フォーラムとして、倉敷市立美術館にて
「倉敷の手仕事のいま」をテーマにしたトークセッションが行われました。
倉敷ガラスの小谷真三さんと小谷栄次さん、
倉敷本染手織研究所の石上梨影子さん、
倉敷緞通の瀧山雄一さんに登壇していただきました。
倉敷ガラス 小谷真三さん、小谷栄次さん
倉敷本染手織研究所 石上梨影子さん
左:倉敷緞通 瀧山雄一さん
倉敷に本染手織研究所を立ち上げ、街並みの保存に尽力し、
民藝運動最後の実践者と呼ばれた外村吉之介に始まる倉敷の民藝の流れ。
壇上の現代の実践者たちが仕事をする様子を実際に見せていただき、
大いに学ばせていただくと同時に、何かやらなくてはという気持ちになります。
毎年開催する全国フォーラムで、参加者の気持ちがひとつになります。
この流れが止まらないよう、私たちも担い手として、
この素晴らしい世界をより多くの方に知ってもらうために
できることを実践していきたいと思います。
| 指出有子 | お知らせ | 12:37 | - | - |
手仕事フォーラムHP「昔の物 今の物」アップしました

手仕事フォーラムホームページ連載手仕事レポート

「昔の物 今の物」vol.106 失われし物 をアップしました。

ぜひご覧ください。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol106.html

| 管理人 | お知らせ | 17:20 | - | - |
朝日新聞 愛媛版 連載 「手仕事さんぽ第4回目」
8月の記事は「内子座文楽と自在鋼房」です。
 
img045.jpg

内子座文学ホームページ
https://www.town.uchiko.ehime.jp/site/uchikoza/

内子スタディツアー時の写真がありました。
現在はお芝居、劇、コンサート、講座など多種多様な催しに使われている内子座。
その昔は取り壊し・駐車場への転用計画もあったようですが、
保存運動の末、今日に至るようです。
SANY1149.JPG

さて、この“燭台”は、手仕事フォーラム2018年の壁掛けカレンダー12月にも登場していますね。 
8_000000001234.jpg
moyais 手仕事・民藝のうつわ より

鍛冶屋 自在鋼房 の手仕事の品といえば、まずは燭台からと思い、私も数年前より手元に置いています。
黒鉄の重厚な出で立ちはかっこいいです。頑丈でどっしりとした存在感がありますが、
ゆったりとした曲線は、美しく優雅な香りが漂います。

朝日新聞 愛媛版 
連載期間:平成30年4月〜平成31年3月の毎月第3木曜日

藤岡葵
| 管理人 | お知らせ | 09:22 | - | - |
夏のうつわと型染め/手しごと

728305e31eb608b29e902778dc7bdd71.jpg

 

尾山台・手しごとで開催中の「夏のうつわと型染め」展(7/21-8/20)が、会期を延長します。

8/26まで!!

週末に、ぜひお越しください。

 

http://oyamadai-teshigoto.com/con/blog

| 管理人 | お知らせ | 10:34 | - | - |
葛布の表紙

日本民藝館で「書物工芸」展を見てきました。

 

IMG_1686.jpg

IMG_1874.jpg

 

所蔵の古典籍(主に江戸時代までの書物)の中から柳宗悦蒐集の挿絵本や仏教関係の書物の表紙や挿絵の数々。

私版本造本においては、和紙の選定、余白、文字の大きさ、糊付けまでも、
徹底して「工芸」にこだわった装丁、そしてその細やかさ、美しさに圧倒されます。

それらの中には、倉敷本染手織り研究所元館長の外村吉之介氏が織られた葛布が表紙になっている「工藝の美」(経糸は絹)や「私の念願」も展示されていました。

 

IMG_1685.jpg


倉敷での全国フォーラムまであと3週間ほどです。
予習の一つとして是非こちらでも外村吉之介氏の遺した仕事を見られてはいかがでしょう。

 

日本民藝館
書物工芸−柳宗悦の蒐集と創造  
2018年7月3日(火)〜9月2日(日)

| 山崎綾 | お知らせ | 17:15 | - | - |
手仕事フォーラムHP「いただきます」を更新しました

手仕事フォーラムホームページ「いただきます」を更新しました。

今回は「紋カレイの煮付け」です。

ぜひご覧下さい。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/itadaki/072.html

| 管理人 | お知らせ | 11:00 | - | - |
倉敷にエールを!

先日の豪雨災害による被害について、まだまだ報道されていないこともたくさんあり、新しい情報を聞く度に胸が痛みます。

 

当blogに7月20日に掲載させていただいている久野民樹さんのblog(倉敷へ行ってきました (07/20))にもありますように、倉敷への観光の足が遠のいているようです。

そんな中、倉敷の大原美術館が来月8月4日(土)に無料開館を行うことを発表しました。

倉敷の街に活気が戻るきっかけとなりますように。

 

手仕事フォーラムでは、9月7日()〜9月9日()の日程で、倉敷にて全国フォーラムを行います。

会員の皆さまには、会報誌『SILTA』とともに案内が送付されていますので、ぜひご確認ください。

本染手織・いかご・花筵・倉敷緞通・倉敷ガラスの工房見学を予定しているほか、美観地区の街歩きや、作り手の皆さんの貴重なお話を伺うトークイベントも予定されています。

災害に対して、義援金やボランティアなど様々な支援の方法がありますが、倉敷のような観光地については、他所の土地から観光に訪れることも倉敷へのエールの1つかと思います。

ぜひ、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

写真は、倉敷ガラス・小谷眞三さんの小鉢と桃です。

残念ながら岡山の桃ではありませんが、早く岡山の桃が食べられるようになりますよう心からお祈りしております。

倉敷にエールを!

| 瀬部和美 | お知らせ | 22:07 | - | - |
『SILTA』36号

会員の皆様には、お手元に『SILTA』36号が届いたことと思います。

9月開催の「全国フォーラム in 倉敷」の予習号です。

西日本豪雨の影響で倉敷へ訪れる人が少ないそうです。

全国フォーラムを起爆剤に・・・申し込みもお忘れなく!!

 

IMG_5858.jpg

 

お詫びと訂正:『SILTA』36号 5頁 下段 前から10行目

       「平敏子さん」「平さん」は「平良敏子さん」「平良さん」の誤りでした。

お詫びして訂正いたします。

| 管理人 | お知らせ | 22:22 | - | - |
芹沢げ陲離ぅ薀好肇譟璽轡腑
静岡市立芹沢げ霹術館で「芹沢げ陲離ぅ薀好肇譟璽轡腑鵝彭犬開催中です。
7/15-11.25
http://www.seribi.jp/exhibition.html

20180720芹美.jpg
リーフレットに掲載されているイラストは、柳宗悦『手仕事の日本』の“小間絵”(挿絵)の一部です。
それぞれの手仕事が端的に、しかし生き生きと表されていて見事です。

リーフレットには、
“芹沢げ陲魯ぅ薀好肇譟璽轡腑鵑量昭蠅任發△蠅泙后もともと優れた画才があった芹沢ですが、デザインを学び、20代後半から染色を手掛けたことで、表現の幅が広がり、独自のスタイルを築いていきました。その成果は、雑誌や単行本の小間絵、連載小説の挿絵といった、イラストレーションに凝縮されています”
とあり、さまざまな場で、肉筆や型染めなどさまざまな方法で表現された芹沢のイラスト150点が展示されています。

名称未設定 1.jpg

20180720芹美 1.jpg

登呂公園の一角で木立に囲まれた芹沢美術館は、今はきっと蝉時雨に包まれていることでしょう。
どうぞおでかけください。
| 大橋正芳 | お知らせ | 09:22 | - | - |
倉敷ガラス・小谷栄次さんの展示会

この度の平成307月豪雨災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また被災された方に謹んでお見舞いを申し上げます。

先の週末は大変な暑さとなり、被災地を初め、日本全国で記録的な暑さとなり、多くの方の健康が心配されます。

その暑さの中、倉敷ガラスの小谷栄次さんが、『やまと民芸店』さんの展示会のために京都にいらしてくださったので、倉敷の被害の様子など伺いたく、お邪魔してきました。

豪雨の時、栄次さんの工房と眞三さんのご自宅・工房のある地域も避難勧告が出ていたこと、大変な被害のあった真備町は車で20分くらいの距離であること、工場の爆発火災の音と振動がご自宅まで届いたこと、またあまり報道されませんが、真備町の周辺の町にも大きな被害が出ていること、などを話していただきました。

栄次さんのご自宅も工房もあまり被害はなかったそうですが、実は工房の裏山は竹が生えており、竹というものは縦に深くは根を張らないため、崩れやすく、過去の大雨で崩れたこともあるとのことでした。

ここ数年、雨による災害が後を絶たず、どんな地域も安全ということはなく、常に災害への危険があるのだと思いました。

小谷栄次さんの在廊は週末で終わってしまいましたが、『やまと民芸店』さんでの展示会は730日までが会期となっています。

祇園祭などで京都に行かれるご予定のある方は、倉敷へのエールの意味でも倉敷ガラスをご覧になってみてください。

 

会場:やまと民芸店

604-8033

京都市中京区河原町通蛸薬師上ル

tel/fax:075-221-2641

営業時間11:0019:00

火曜定休日

 

| 瀬部和美 | お知らせ | 18:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール