手仕事フォーラムblog

手仕事フォーラムのメンバーが、日々発見した事や物をお届けします
太田潤さんの硝子展
尾山台の手しごとで開催中の「太田潤 手吹き硝子展」は明日までです!!

→ 手しごとブログ「潤さんのこと」

初日に行きましたが、昨日も・・・雨の夕暮れで、ランプシェードの灯りが素敵でした。

IMG_3043.jpg

IMG_3046.jpg

今日明日は好天気。
ぜひお出かけください。
| 大橋正芳 | お知らせ | 13:38 | - | - |
小田中耕一さん型染〜『御座候』の春の「晴つぶあん」〜

以前にご紹介した、兵庫県姫路市が本拠地の今川焼のお店『御座候』さんでは、現在、春のお彼岸用に「晴つぶあん」を販売されています。

お彼岸におはぎが作りやすいように硬めに仕上げられたつぶあんです。

春らしい淡い色合いの可憐なパッケージは、もちろん小田中耕一さんの型染です。

春の「晴つぶあん」のテーマは、「祈りの赤」。

お彼岸の祈りを連想させる蓮の花、桜の花、五穀、おはぎ、そして裾模様には春爛漫の山々。

「日本昔ばなし」に出てきそうな、日本人の心の原風景とでも言いましょうか。

心が和むパッケージです。

こちらの「晴つぶあん」は、全国の販売店、またはオンラインショップでも販売されていますので、ぜひご覧になってみてください。

期間限定商品のため、オンラインショップの販売は319()1000まで、店舗での販売は321()までとなっておりますので、お買い求めはお早めに。

甘さ控えめで、小豆の味を感じられる美味しい餡ですよ!

我が家ではさっそくおぜんざいを炊きます!

 

御座候ホームページ・オンラインショップ

http://www.gozasoro.co.jp/

 

| 瀬部和美 | お知らせ | 06:00 | - | - |
太田潤さんをお迎えして

尾山台「手しごと」で本日から「太田潤 手吹き硝子展」が始まりました。

詳細→http://oyamadai-teshigoto.com/con/blog

 

3/10(土)14:00〜15:00  ギャラリートークがあります。
参加ご希望の方は、「手しごと」電話(03-6432-3867)にお問い合わせください。

 

と、いうわけで、前日の今宵ははるばる小石原からいらしてくださった

潤さんを囲む会を開催。(写真右端が潤さん)

 

仕事帰りに駆けつけたメンバーもちらほら。

作り手としてのお話を色々とたくさん聞かせていただき、フォーラムの活動上も大いに参考になりました。

ガラスについてのお話は、ギャラリートークにて大いに聞かせていただけることでしょう。

 

 

| 指出有子 | お知らせ | 23:45 | - | - |
手仕事フォーラムHP「いただきます」を更新しました

手仕事フォーラムホームページ「いただきます」を更新しました。

今回は「鳥取和牛たたき」です。

ぜひご覧下さい。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/itadaki/070.html

| 管理人 | お知らせ | 08:06 | - | - |
尾山台・手しごとで太田潤さんの個展

尾山台・手しごとで、太田潤さんの個展を催します。

http://oyamadai-teshigoto.com/archives/6999

 

潤さんならではの感覚と再生ガラスから生まれる仕事。

ぜひご覧ください。

3/10(土)にはギャラリートークもあります。

詳細はリンク先をご覧ください。

 

福岡県・小石原にある太田潤さんの工房にお邪魔した時の様子です。

工房は、お父さんである太田哲三さんの窯のすぐ近くにあります。

2月の上旬でしたが、九州とは思えない雪景色が広がっていました。

 

窯を温めているところでした。

製作は夜されているということで、準備作業をされている横でしばし雑談。

 

酒の空瓶がたくさん。

もちろん潤さんが全部飲んだわけではなく、

ガラスの原料にするものです。

 

ギャラリートークでは色々とお話を伺いたいと思います。

どうぞお楽しみに。

| 久野民樹 | お知らせ | 19:42 | - | - |
手仕事フォーラムHP「昔の物 今の物」アップしました

手仕事フォーラムホームページ連載手仕事レポート

「昔の物 今の物」vol.105 甘酒半胴(はんず)をアップしました。

ぜひご覧ください。

 

http://teshigoto.jp/serial_report/mukashi/vol105.html

| 管理人 | お知らせ | 17:05 | - | - |
広島にて「日本の手仕事展」始まります
今年も広島での「日本の手仕事展」が22日(木)より始まります。

IMG_1623.jpg

日本中の手仕事が今年もたくさん並んでいます。
あけびかごもやちむんも小鹿田焼もホームスパンも、、欲しいものがたくさんありました。
毎年搬入の日が百貨店の棚卸し日と重なるので、私語厳禁でひたすら黙々と展示していきます。
ゆっくり見ずに帰るのが心残りでしたが、くたくたになったあとのビールが美味しかったです。
ぜひ会期中にお立ち寄りください!

IMG_1622.jpg
IMG_1635.jpg
IMG_1630.jpg
IMG_1621.jpg

「日本の手仕事展」
2月22日(木)-2月28日(水)
広島市福屋八丁堀本店7階美術画廊
http://www.fukuya-dept.co.jp/honten/garo/
| 門田真記子 | お知らせ | 10:12 | - | - |
太田潤さんの展示会を開催
尾山台・手しごとで「太田潤 手吹き硝子 展」を開催します。

2018年 3月9日(金)〜 3月19日(月)※火曜定休
http://oyamadai-teshigoto.com/archives/6999

junDM_omote.jpg

3/10(土) 14:00〜15:00 太田潤さんのギャラリートークを開きます。
お問い合わせ、お申し込みは手しごとへどうぞ。
 
| 管理人 | お知らせ | 18:59 | - | - |
2月の運営会議

​手仕事フォーラムを運営するために、月毎に運営会議を開催しています。
2月の会議は17日に鎌倉で行いました。

主な内容は、
会報誌「SILTA」について、次号35号は予定通り3月10日発行予定で進行中。
36号は9月開催予定の倉敷での全国フォーラムに向けて、その予習的な内容とする。
37号は今後のスタディツアー報告など。38号は倉敷フォーラム報告の予定。
今年度の全国フォーラムを倉敷で開催する。期間は17日からの連休または22日からの連休のいずれか。
内容について、工房などでの学習会、地元を中心としたつくり手のトークイベント、倉敷と民藝についてのお話会などを検討。
その他、伊賀スタディツアーの計画などについて検討。
以上です。

運営会議は、久野民樹さんを議長に、主にフォーラムの活動について話し合い、計画を立て、実行するための方法を考えます。
メンバーは手仕事フォーラムの活動に熱心に関わってくださる有志の皆さんです。
計画が具体的になり次第皆様にお知らせいたしますので、どうぞご参加くださいますように。

(大橋正芳)

 

| 大橋正芳 | お知らせ | 23:59 | - | - |
「いのちをまとう 自然布展」

 

連休中、静岡県島田市「石畳茶屋meguru」にて開催中の「いのちをまとう自然布展」。

 

トークイベントでは、木綿が容易に手に入るようになるまで、

「布」というものがいかに命を守る上で重要で貴重なものであったか、

100年も経たぬ過去には、着るものがないから失われた命があった。

なればこそ「衣食住」と「衣」が一番先にくるのだ、、、

といった、なかなか現代の生活では想像しにくい話が語られました。

 

展示は主に葛布、苧麻、大麻の、古い時代に実際に着用された衣服が見られます。

特に江戸時代よりこの付近の掛川周辺で盛んに生産され「遠州葛布」として名を馳せた葛布は、

古い時代の装束から、装束として用いられなくなって矛先を変えて大当たりした「壁紙」の輸出用見本帖、

そして現在生産されている「大井川葛布」の葛布製品まで、その変遷を見るのも興味深いです。

同じ葛布でも、武士などの上流階級が着用した袴や雨合羽と壁紙では、繊維の太さが全く異なりまるで別物です。

ご興味ある方は、ぜひお出かけになって見比べて見てください。

 

会場から「大井川葛布」さんの工房は、車なら遠くありませんので、

事前にご連絡すれば見学できるかもしれません。

 

 

 

| 指出有子 | お知らせ | 08:18 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク集
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
バックナンバー
最近のトラックバック
ライタープロフィール